2013年12月25日

テキサス親父、慰安婦問題で漫画フェス100本出品の日本人社長と“同盟”

テキサス親父、慰安婦問題で漫画フェス100本出品の日本人社長と“同盟”

テキサス親父、慰安婦問題で漫画フェス100本出品の日本人社長と“同盟” (1/3ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131224/frn1312241810005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131224/frn1312241810005-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131224/frn1312241810005-n3.htm
2013.12.24

韓国政府の暴挙に“日米同盟”が立ち上がった。フランスで来月に開催される国際漫画フェスティバルに、韓国は慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して日本を貶める準備をしているが、これに対抗する日本の会社社長と、動画サイトで「テキサス親父」と呼ばれる米国人がタッグを組んだのだ。米国人は、真実を伝える日本の慰安婦漫画の出品を支持するとともに、具体的証拠を示して動画で「(韓国人は)嘘吐(つ)きだ!」と訴えている。

 民間レベルの日米同盟を結んだのは、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)と、米テキサス州在住の「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏(64)。

 藤井氏は、韓国の「慰安婦=性奴隷」といった卑劣な宣伝工作に対抗するため、自ら「論破プロジェクト」を立ち上げ、フランス・アングレーム市で開かれる世界最大級の国際漫画フェスティバルに、真実の慰安婦を伝える漫画100本を出品・展示するために奔走している。

 一方、マラーノ氏は、サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」で、日本に好意的な投稿(英語、日本語訳付き)を続けている。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領や、東シナ海に勝手に防空識別圏を設定した中国も批判しているが、圧巻は、今年7月にアップされた「慰安婦は売春婦! 証拠はこれだ! 親父ブチギレの巻!」だ。

ワシントンの国立公文書館から、太平洋戦争中の1944年、米軍が慰安婦から聞き取り調査した報告書を取り寄せ、《慰安婦は強制されたものではなく雇用されていた》《女性たちは大金を持って楽しんでいた》《洋服や化粧品など好きな物を買うことができた》《日本兵とスポーツやピクニック、宴会などをしていた》などと内容を紹介し、こう訴えている。

 「性奴隷がそんなことできるか? 性奴隷がそんな大金を稼げるか?」「韓国人は現在、米国を慰安婦に捧げる像や碑で汚染している。『日本軍に強制された性奴隷にされた』って主張して」「お前たちは『嘘吐き』だ! そんなことは起きていない!」

 藤井氏とマラーノ氏の接点は、夕刊フジが10月31日発行号で報じた「日韓漫画戦争」の1面記事がきっかけ。藤井氏の奮闘を紹介したものだが、これを日本の「テキサス親父」事務局メンバーが見つけ、マラーノ氏の「素晴らしい挑戦だ」との感想とともに、藤井氏に「手伝いたい」と打診。11月末に藤井氏が渡米し、劇的な“日米同盟締結”となった。

 テキサスにあるマラーノ家に泊まりながら、藤井氏は「テキサス親父」の誕生秘話を聞いたという。藤井氏はいう。

 「マラーノ氏は数年前、反捕鯨団体『シー・シェパード』(SS)を応援しようと調べ始めたそうです。するとSSの主張はウソで、日本が正しいことが分かった。マラーノ氏は『日本人の礼儀正しさはすごい。調べれば調べるほど、日本がまともな国だと分かった』と話していました」

 フランスの国際漫画フェスティバルに出品される日本の漫画にも、「テキサス親父」ことマラーノ氏は登場するという。

藤井氏とマラーノ氏は今月初め、韓国系団体による慰安婦の像設置要求を市議会決議で否決した、米カリフォルニア州ブエナパーク市のエリザベス・スウィフト市長(当時)にも会いに行った。

 スウィフト市長は「(慰安婦問題は)ブエナパーク市の問題ではない。70年も前の戦争中の話でしょ。国際的な合意で『お互いを訴えることもしない』と終わった話(1965年締結の日韓請求権協定で解決済み)じゃない。市議会の議決前にいろいろ調べて、設置に反対しました」と語ったという。

 米国は移民の国であり、国内で異なった移民グループがケンカを始めれば、内乱状態になってしまう。韓国系団体の運動は、米国社会の暗黙のルールを破るものでもあったようだ。

 韓国側は米国だけでなく、ヨーロッパでも日本と日本人の名誉を傷付ける宣伝工作を展開している。フランスの国際漫画フェスティバルはその1つ。オープニングイベントには、韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相や、元慰安婦など約500人が出席する。

 これに対し、日米同盟も負けてはいない。

 マラーノ氏は現在、米ホワイトハウスのホームぺージ(HP)の請願コーナーで、オバマ大統領に慰安婦の像撤去を求める請願活動を始めた。請願が正式受理されるには、来月10日までに10万件の署名が必要で、賛同者を求めている。

 藤井氏は「嘘で塗り固められた韓国の慰安婦漫画を放置できない。自分の4人の子供に嘘で貶められた日本を残したくない」と、国際漫画フェスティバルに向けた最終準備を進めている。

 ◇

 慰安婦像撤去を求める署名サイト(英語)はhttp://goo.gl/mnXO3Y、英語での署名方法が分からない場合はhttp://staff.texas−daddy.com/?eid=454に解説がある。


テキサス親父と藤井氏.PNG



フランスで来月に開催される国際漫画フェスティバルに、韓国は慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して日本を貶める準備をしているが、これに対抗する日本の会社社長(藤井実彦氏)と、テキサス親父がタッグを組んだ。
テキサス親父は、真実を伝える日本の慰安婦漫画の出品を支持するとともに、具体的証拠を示して動画で「(韓国人は)嘘吐(つ)きだ!」と訴えている。
韓国側は米国だけでなく、ヨーロッパでも日本と日本人の名誉を傷付ける宣伝工作を展開している。
フランス・アングレーム市の国際漫画フェスティバルはその1つ。
オープニングイベントには、韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相や、元慰安婦など約500人が出席する。
日米同盟も負けてはいない。
テキサス親父は、ホワイトハウスで、慰安婦像の撤去を求める請願活動をしています。
藤井氏は、韓国の「慰安婦=性奴隷」といった卑劣な宣伝工作に対抗するため、自ら「論破プロジェクト」を立ち上げ、フランス・アングレーム市で開かれる世界最大級の国際漫画フェスティバルに、真実の慰安婦を伝える漫画100本を出品・展示するために奔走している。



グレンデールの慰安婦像の撤去の署名がまだの方は、お願いします。
家族の代理署名も可です。



参考

米男性がホワイトハウスに「慰安婦像の撤去」求める請願書(テキサス親父)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/382654421.html

テキサス親父の慰安婦像撤去が産経新聞に掲載される
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/382898605.html

「テキサス親父」の慰安婦像撤去署名、片山さつき氏や産経新聞が「応援」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383155796.html


こちらは、2014年1月12日までに100,000署名必要です。
よろしくお願いします。


ニューヨーク州ナッソー郡アイゼンハワー公園の慰安婦記念碑撤去を求める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/382825528.html


ラベル:テキサス親父
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック