2013年11月26日

防空識別圏の狙い、尖閣主権の主張…中国認める

防空識別圏の狙い、尖閣主権の主張…中国認める
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131125-OYT1T01242.htm?from=top

【北京=五十嵐文】中国外務省の秦剛(チンガン)報道局長は25日の記者会見で、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことについて、「国連憲章など国際慣例に合致しており、目的は中国の国家主権と領土領空の安全を守ることだ」と述べ、正当性を主張した。

 その上で、尖閣諸島について「中国固有の領土で、中国は断固として領土主権を守る」と述べ、防空識別圏の設定の狙いが尖閣諸島の主権の主張を強めることにあることを認めた。

 米政府が「強い懸念」を表明したことについても、「米国は釣魚島(尖閣諸島の中国名)の主権問題で(日中)どちらの肩も持つべきではない」と批判。中国外務、国防両省がそれぞれ米側に抗議したと述べた。
(2013年11月26日07時07分 読売新聞)




国外務省の秦剛(チンガン)報道局長は記者会見で、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことについて、「国連憲章など国際慣例に合致しており、目的は中国の国家主権と領土領空の安全を守ることだ」と述べ、正当性を主張し、尖閣諸島について「中国固有の領土で、中国は断固として領土主権を守る」と述べ、防空識別圏の設定の狙いが尖閣諸島の主権の主張を強めることにあることを認めた。
シナめ、調子に乗っているな。
尖閣諸島は、日本の領土です。
シナが領有権を主張し始めたのは、1970年頃からです。



尖閣諸島に関する動画
ラベル:尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック