2013年11月22日

中韓に対抗、領土発信の新たなHP新設へ 山本担当相、動画活用

中韓に対抗、領土発信の新たなHP新設へ 山本担当相、動画活用
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131122/plc13112213060011-n1.htm
2013.11.22 13:05

山本一太領土問題担当相は22日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島に関する日本の主張を対外的に発信するため、年内にも動画を活用したホームページ(HP)を新設すると発表した。山本氏は「中国と韓国が積極的に情報発信していることを踏まえ、対外発信を強めなければいけない」と述べた。

 尖閣諸島や竹島をめぐっては、外務省がHPに広報動画を掲載して中韓両国が反発した経緯がある。新たなHP開設に再び反発する可能性もある。

 HPは内閣官房の「領土・主権対策企画調整室」が開設し、山本氏のメッセージなどを動画で掲載するほか、日本の立場を英語で訴える。

 山本氏は領土に関する発信策を練るため、外務省や防衛省などの担当者を集めた総合調整会議を設置し、今月29日に初会合を開くことも明らかにした。7月に領土問題に関する発信強化策をまとめた政府の有識者懇談会も、12月から再開する。




山本一太領土問題担当相は22日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島に関する日本の主張を対外的に発信するため、年内にも動画を活用したホームページ(HP)を新設すると発表した。
中国に対して、尖閣諸島は日本の領土、韓国に対して、竹島は日本の領土と主張するのは、歓迎しますが、北方領土は、ロシアが不法占拠しているのが現実で、北方領土も日本の領土です。
こちらの動画やHPの作成もお願いします。



竹島に関する動画


尖閣諸島に関する動画
ラベル:山本一太
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック