2013年06月23日

自公、過半数超す勢い 民主・第三極は苦しい戦い

自公、過半数超す勢い 民主・第三極は苦しい戦い
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130623/elc13062321100006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130623/elc13062321100006-n2.htm
2013.6.23 21:10 [東京都政]

参院選の前哨戦として各党が国政選挙並みの態勢で臨んだ東京都議選(定数127)が23日、投開票された。前回選(平成21年)で大敗した自民党が現有の39議席から伸ばし、都議会第一党と、公明党と合わせて過半数(64議席)を超える勢いとなった。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非が争点化したため、選挙結果が一定の評価を与えたことになり、参院選に向けた各党の戦略に影響しそうだ。
 都議選には計42選挙区に前回(221人)を上回る253人が立候補、10党派が乱立した。しかし、参院選が控える中で、アベノミクスなど国政の課題は持ち込まれたものの、都民にとって身近な都政上の争点には乏しく、有権者の関心は高まらなかった。
 各党は党首クラスを街頭に投入。参院選の立候補予定者も都議選に便乗し、自身のアピールにつなげようと躍起になった。
前回選で40年にわたって維持してきた第一党の座から転落した自民は、安倍政権への高支持率を背景に安定した選挙戦を展開。現職23人を全員公認した公明も堅調な戦いぶりを見せた。
 民主党は前回複数当選を果たした選挙区で候補者を一本化するなど、公認を絞り込んだが、逆風の中で守勢の戦いを強いられた。
 第三極の日本維新の会とみんなの党は、候補者を調整するなど、当初、選挙協力していたが、維新の橋下徹共同代表(大阪市長)の慰安婦をめぐる言動を契機に協力を解消し、苦しい戦いとなった。

橋下氏「都議選敗北なら共同代表辞任」 石原氏との関係に亀裂?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130620/stt13062000040000-n1.htm




都議選は、自民と公明で過半数を超す勢いです。
参院選の前哨戦ですから、結果が気になります。
橋下がお詫びのメールとか共同代表を辞めるとか維新は、一体どうなるのでしょうね。



参考

橋下氏「都議選敗北なら共同代表辞任」 石原氏との関係に亀裂!?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/366920800.html




忠告

未だに、この記事ばかり見ている皆さん、葉月のタブーのトップページ(http://hazukinoblog.seesaa.net/ )では、今、大切な話をしている。
最近は、更新が早いので、20件しか表示されない為、もっと重要な話は次のページ、そのまた次のページ、あるいは9〜10ページ目まで切り替わっている。
ビットコインが何故、危険なのか、Torを使っている方がI2Pに移るともっと危険だと記事を書いている。
何故、そういった大切な話に興味を示さない愚鈍なの?
先ずは、トップページから見なさいよ。
馬鹿じゃないの。


ラベル:都議選
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック