2013年05月01日

4・28式典:「陛下万歳」尾を引く違和感

4・28式典:「陛下万歳」尾を引く違和感
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-05-01_48729
2013年5月1日 10時00分

「主権回復の日」政府式典であった「天皇陛下万歳」の三唱は、県民に強い違和感を残した。出席した高良倉吉副知事は「式典の趣旨がぶち壊しになった」と不快感を隠さない。一方、政府配信の動画は「天皇陛下」の音が消え、一部「なかったこと」になっている。
 28日、会場に用意された高良副知事の席は、他府県の知事を差し置いて筆頭の位置だった。次に小笠原諸島がある東京都の猪瀬直樹知事、その次に奄美群島を含む鹿児島県の伊藤祐一郎知事。高良副知事は「政府は相当に配慮していた。式典自体も厳粛でいい雰囲気だった」と振り返る。
 最後の万歳は、唱和しなかった。「なぜそうなるのか理解できない。アジアや沖縄への戦争責任に向き合えない、柔軟性を欠く日本社会を表している」
 沖縄国際大学の石原昌家名誉教授も、テレビで見て衝撃を受けた。「4・28は沖縄戦の結果を反映したもの。式典での『天皇陛下万歳』に、体験者や遺族は脳天を殴られた気持ちだったのではないか」と語る。

 「為政者は既成事実の積み重ねのパワーを熟知している。安倍晋三首相は自ら天皇・皇后の前で万歳し、戦争国家に向けて最初のくいを打ち込んだ」

 菅義偉官房長官は30日、首相らの唱和について「自然発生的であり、政府として論評すべきではない」と深入りを避けた。
 式典の模様を伝える「政府インターネットテレビ」。出席者の1人による「天皇陛下、万歳」の声は聞こえず、それに続く「万歳」の唱和から音が戻る。
 内閣府は「式典が終了したので、運営業者が会場のマイクのスイッチを切り、万歳に気付いて入れ直した。意図的な編集ではない」と説明する。ただ、テレビのニュースでは三唱の声が流れており、なぜ政府のカメラだけが音を拾えなかったのか、疑問も残る。(阿部岳)




「「主権回復の日」政府式典であった「天皇陛下万歳」の三唱は、県民に強い違和感を残した。」とは、本当に反日マスコミの沖縄タイムスです。
政府配信の動画は「天皇陛下」の音が消え、一部「なかったこと」になっているのは、沖縄県民に配慮してのことでしょう。
仲井眞弘多は欠席でしたよね。
この中国の帰化人は、中国の沖縄侵略から沖縄県民を守る気がないでしょう。



【主権回復記念日】政府主催式典と沖縄の反発を煽るメディア[桜H25/4/29]



参考

沖縄県知事・仲井眞弘多の正体は、日本国籍を持った中国人・蔡弘多  彼は日本を憎み、中国の利権拡大に日々邁進している。
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299384757.html

沖縄は「屈辱の日」 「主権回復」政府が式典
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/357805862.html



沖縄対策本部より転載
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka

「沖縄対策本部」 〜沖縄を左翼から取り返さなければ日本の未来は無い〜
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/55ac732a803559c65c0865560848bb22
ラベル:沖縄タイムス
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック