2013年04月03日

中国・死者の15%、大気汚染が原因

中国・死者の15%、大気汚染が原因
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130403/chn13040300480000-n1.htm
2013.4.3 00:47 [公害・汚染]

2日付の中国紙、21世紀経済報道によると、中国で2010年に大気汚染が原因で健康を損ない死亡した人は123万4千人で、中国全体の死者の約15%を占めた。清華大で先月31日に開催された研究会で明らかにされた。
 専門家によると、呼吸するたびに微小粒子状物質「PM2・5」などの汚染物質が血液に流入するため、呼吸器系にとどまらず、脳や心臓の疾患も増加するという。
 有害物質を含んだ濃霧が最大で中国全土の4分の1を包み、全人口の5割弱の約6億人が影響を受けた昨年末から今年初めにかけては、大気汚染に関わる発病率が例年と比較して20〜30%増加した。
 北京大医学部の公共衛生学院の郭新彪教授は「持続的な発展のためには、大気汚染とそれがもたらす健康被害にしっかりと対処していく必要がある」と強調した。(共同)


中国大気汚染1.PNG



2日付の中国紙、21世紀経済報道によると、中国で2010年に大気汚染が原因で健康を損ない死亡した人は123万4千人で、中国全体の死者の約15%を占めたそうです。
中国には、癌症村が存在すると聞いています。
PM2.5などによる大気汚染が深刻なようです。



中国に存在する“癌症村”のあまりに深刻な実態
http://matome.naver.jp/odai/2136175418093346201


中国 再び癌村の発生か――化学工場密集地の悲劇


ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック