2013年02月18日

「隕石、尖閣に落ちてくれないかと…」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言

「隕石、尖閣に落ちてくれないかと…」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130217/ent13021720250016-n1.htm
2013.2.17 20:23 [TV・ラジオ番組]

日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」で17日、ロシアの隕石落下を伝えるニュースの中で、コメンテーターとして出演していた中国出身の経営コンサルタント、宋文洲氏(49)が「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」などと発言し、アナウンサーが謝罪する一幕があった。
 同番組内で、宋氏は、隕石落下の影響を伝える現地リポートに続いて意見を求められると、「地球って言うのは脆弱ですよね。巨大な地震もあれば、なんと予測もできない巨大な隕石も来て、人類は細かいことでもめている場合ではないんですね」と切り出し、「今日思ったのはですね、尖閣諸島に落ちてくれないかと思ったんですね。なくなればトラブルもなくなるから」などと笑いながら語った。宋氏の発言に、メーンキャスターの福沢朗氏は「ずいぶんと思い切ったご意見をいただきましたね」などと取りなしたが、約20分後に鈴江奈々アナウンサーが「スタジオで一部不適切な発言がありました。失礼いたしました」と謝罪した。
 宋氏は中国出身で、経営コンサルなどを行う「ソフトブレーン」創業者。経済評論家としてテレビ番組などでも活躍している。日本テレビによると、「真相報道 バンキシャ!」には平成18年4月から出演。最近は年3回程度のペースで、ゲストコメンテーターを務めていた。




バンキシャ!を見てなかったのですが、不適切な発言があったようですね。
中国出身の経営コンサルタント、宋文洲が、「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」などと発言し、アナウンサーが謝罪する一幕があったとのこと。
尖閣が消えれば日本の領土減りますし、堂々と中共が石油を掘り始めるでしょうね。



日テレ・宋氏 「尖閣に隕石が落ちて消滅すればいい」 」→アナ謝罪
ラベル:日本テレビ
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック