2013年02月16日

韓国メチャクチャ釈明、受け入れるIOC 竹島プラカード問題大甘決着≠ノ思わず「はぁ?」

【北川信行のサッカーなんでやねん】
韓国メチャクチャ釈明、受け入れるIOC 竹島プラカード問題大甘決着≠ノ思わず「はぁ?」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130216/wsp13021607010000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130216/wsp13021607010000-n2.htm
2013.2.16 07:00[コラム]

ロンドン五輪男子サッカーで竹島領有を主張するプラカードを掲げた韓国選手に銅メダルを授与することが、国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で決まった。国際サッカー連盟(FIFA)の選手個人に対する処分が甘かったことから、ある程度予測できた事態ではあるが、調査に当たったIOCの規律委員会が理事会に提出した報告書を読むと、首をかしげたくなるような韓国オリンピック委員会(KOC)の言い分が目につく。
 KOCが2月8日にIOCに提出した文書の内容からいくつか挙げると、(1)韓国旗ではなくプラカードをファンから受け取ったのは偶然(2)「独島(竹島の韓国名)はわが領土」とのフレーズは、政治的な意味合いよりも国のプライドを示す表現として定着している(3)プラカードの文字はハングルで書かれており、韓国の観客向けだった(4)プラカードを掲げる場面はテレビ放映されていないと認識しており、その時点ではごく少数しか目にしていない−など。
 さらに、同月11日にはKOCの代表団や選手本人が口頭で規律委に釈明。その中で、KOCは選手がプラカードを掲げていたのは20秒から30秒しかなく、韓国サッカー協会の幹部が注意してすぐに降ろしたことや、60年以上にわたる竹島の係争の歴史についても説明したという。
中でも、腑に落ちないのは、(2)の部分。竹島の歴史を口頭で説明したくだりでも、韓国の学校教育の中ですべての子供が「独島はわが領土」との言い回しを教え込まれており、今日では政治的な言葉というよりも、国のプライドを示す表現となっていると繰り返している。
 その一方的な主張をうのみにしたIOCの体たらくもひどいが、KOCも臆面もなく釈明したものだ。
 IOCは銅メダル授与を決めた処分の中で、KOCに厳重な警告を与えるとともに、五輪憲章尊重などを徹底する教育プログラムの策定を求めた。
 KOCも選手の行為が誤りであったことは認めている。であるならば、KOCは銅メダル授与で浮かれる前に、「独島はわが領土」との言い回しそのものを廃止するよう韓国社会に提言してみたらどうだろう。間違った学校教育が五輪憲章違反を引き起こした根幹だからだ。まぁ、できはしないだろうけど…。
(北川信行)


朴鍾佑サッカー.PNG


ロンドン五輪で政治パフォーマンスをした朴鍾佑に、銅メダルを授与したIOCの報告書を読むと、首をかしげたくなるような韓国オリンピック委員会(KOC)の言い分が目につくとのこと。
KOCが2月8日にIOCに提出した文書の内容からいくつか挙げると、(1)韓国旗ではなくプラカードをファンから受け取ったのは偶然(2)「独島(竹島の韓国名)はわが領土」とのフレーズは、政治的な意味合いよりも国のプライドを示す表現として定着している(3)プラカードの文字はハングルで書かれており、韓国の観客向けだった(4)プラカードを掲げる場面はテレビ放映されていないと認識しており、その時点ではごく少数しか目にしていない−など。
問題は、(2)の部分で、竹島の歴史を口頭で説明したくだりでも、韓国の学校教育の中ですべての子供が「独島はわが領土」との言い回しを教え込まれており、今日では政治的な言葉というよりも、国のプライドを示す表現となっていると繰り返しているようです。
北川信行氏の「KOCは銅メダル授与で浮かれる前に、「独島はわが領土」との言い回しそのものを廃止するよう韓国社会に提言してみたらどうだろう。間違った学校教育が五輪憲章違反を引き起こした根幹だからだ。まぁ、できはしないだろうけど…。」に賛成です。
独島ではなく、竹島であり、韓国が実効支配しているのです。



韓国人とは、こういう民族です。
クローゼ選手負けて下さい.PNG


おまけ

韓国の青年が「日本人の皆さん地震で死んで下さい」とメッセージ
(Korean said 「All Japanese be killed in an earthquake.)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/292180020.html



韓国の反日教育 小学生の独島は我が領土
ラベル:スポーツ
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック