2013年02月15日

河野洋平氏「歴史的事実を真摯に受け止め反省を」

河野洋平氏「歴史的事実を真摯に受け止め反省を」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/15/2013021500434.html
記事入力 : 2013/02/15 08:06

ソウルで国際フォーラムに出席

日本の河野洋平・元衆議院議長(76)=写真=は14日、ロッテホテル(ソウル市中区小公洞)で行われた国際フォーラムの席上「日本は韓国との関係において、『対等な立場』ではなく軍事力を背景に韓国を植民地化し、日本の価値観を強要してきた歴史的な事実を真摯(しんし)に受け止め、反省することを信頼関係構築の前提としなければならない」と述べた。
 河野氏はまた「かつて、小泉純一郎元首相が金大中(キム・デジュン)元大統領に対し『靖国神社に代わり、誰もが参拝できる新たな国立戦没者追悼施設を設置する』と約束したことを、日本政府がいまだに守っていないことは仁義に反する。これを早く実行すべきだ」と主張した。さらに「日本が歴史問題に真摯に向き合い、反省すべきことを反省するならば、両国は互いに信頼関係を構築し、ほかの国に比べ大変有利な関係になれる。両国の若者たちはそのための答えを出す責務がある」と述べた。
朴瑛錫(パク・ヨンソク)記者


河野洋平.PNG



河野洋平は、ロッテホテルで行われた国際フォーラムの席上「日本は韓国との関係において、『対等な立場』ではなく軍事力を背景に韓国を植民地化し、日本の価値観を強要してきた歴史的な事実を真摯(しんし)に受け止め、反省することを信頼関係構築の前提としなければならない」と述べたようです。
「かつて、小泉純一郎元首相が金大中(キム・デジュン)元大統領に対し『靖国神社に代わり、誰もが参拝できる新たな国立戦没者追悼施設を設置する』と約束したことを、日本政府がいまだに守っていないことは仁義に反する。これを早く実行すべきだ」と主張したとのこと。
相変わらずの売国奴ぶりです。
河野洋平のせいで、韓国のゆすり・たかりが酷くなりますわ。
ラベル:河野洋平
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック