2013年02月07日

海江田代表は提訴寸前、幹事長は過去の女性問題の弱み… 政権批判もできない民主党の大惨状

海江田代表は提訴寸前、幹事長は過去の女性問題の弱み… 政権批判もできない民主党の大惨状
http://www.j-cast.com/2013/02/06164399.html
http://www.j-cast.com/2013/02/06164399.html?p=2
2013/2/ 6 19:29

夏の参院選が話題になり始めているが、民主党の存在感はますます希薄になっている。それもそのはず、トップの腰が引けているからだ。

「まったくどういう状況か分からない」「今の段階ではコメントしかねます」

民主党の細野豪志幹事長は、徳田毅前国交政務官の女性問題について2013年2月4日の会見で聞かれ、こんな発言を繰り返した。


女性問題を追及すると幹事長がヤブヘビ?

それも、記者4人に同様な質問をぶつけられたにもかかわらずだ。政務官の辞任発表から5時間経っており、政権批判のかっこうの材料でもあるはずなのに、こんな状況認識のままであることに記者も疑問を持ったようだ。
細野氏が口ごもる理由としては、過去にタレントと不倫して路上キスする場面が写真週刊誌に報じられたことがあるとみられている。つまり、女性問題を追及するとヤブヘビになるのでできない、ということだ。
また、民主党の海江田万里代表も、政権追及どころではない窮地に立たされている。経営破たんした「安愚楽牧場」を巡り、和牛オーナー制度の出資者が海江田氏を東京地裁に提訴する動きがあるからだ。
海江田氏は、経済評論家時代に、「リスクはゼロ」などと牧場への投資を推奨していたことへの責任を問われている。「20年以上も前のことで、評論の効力はない」と海江田氏側は責任を否定し、2月5日の民事調停でも和解しなかった。しかし、結果として、海江田氏がウソを言っていたことは否めない。そんな中では、アベノミクスの経済政策も批判できないはずだとされているのだ。
このところの民主党は、自民党の補正予算案や日銀総裁人事でも控えめな発言が目立ち、その存在感がなくなりつつある。
(続く)


このままでは参院選10議席の見通しもあるが…

政党支持率の低下も止まらず、毎日新聞が2013年2月2、3日に行った世論調査では、自民党32%、日本維新の会11%なのに対し、民主党は5%にまで落ち込んだ。3日にあった横浜市議の補欠選挙では、なんと民主候補が共産候補に票数で負けていたのだ。
夏の参院選についても、民主党の改選46議席について、夕刊紙などがかなり下回るとの予想を出している。民主党の前原誠司前経済財政相は、朝日新聞の4日のインタビューで、「このままでは10議席だ」と危機感を示したほどだ。
政治評論家の有馬晴海さんは、「労働組合の票があるので、最低10議席はいくと思います」としながらも、このままでは存続すら危なくなると指摘する。
「海江田さんは、政党トップの器ではないと永田町ではみられています。民主党幹部ら多数が落選した中では、選べる人材があまりなかったということです。細野さんは、41歳とまだ経験不足ですが、民主党はその人気に頼るしかありませんでした。スキャンダルは過去のことですが、それを置いておいても、相当頑張らないと未来はありません。代表質問で安倍首相が参ったというようなものを見つけないと、存在意義がないわけです。代案も考えないようでは、自分たちが不要だと認めているようなものですよ」


海江田万里.PNG細野豪志・山本モナ.PNG前原誠司part2.PNG



女性問題を追及すると幹事長の細野が不倫、海江田は安愚楽牧場で、出資者が東京地裁に提訴する動きがあり、前原は、参院選10議席の見通しもあると危機感を示しています。
民主党の崩壊ですね。



マスコミが報道しない、西田昌司が暴いた民主党と北朝鮮の邪悪な癒着


民主党は朝鮮進駐軍です
ラベル:民主党
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック