2013年02月07日

観測値提供呼び掛け 環境副大臣が自治体に

観測値提供呼び掛け 環境副大臣が自治体に
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130207/bdy13020714170002-n1.htm
2013.2.7 14:14

田中和徳環境副大臣は7日の記者会見で、中国から飛来する大気汚染物質のモニタリングを強化するため、地方自治体に対し、汚染物質のうち微小粒子状物質「PM2・5」の観測データを提供するよう呼び掛けた。
 環境省は、ホームページ(HP)「そらまめ君」で各地の大気汚染物質の観測値を公表している。PM2・5の観測は全国の自治体が約550カ所で実施しているが、環境省のHPにデータを提供しているのは約220カ所にとどまる。
 田中氏は「自治体と連携し、詳細な状況分析をしたい」と強調した。




田中和徳環境副大臣は7日の記者会見で、中国から飛来する大気汚染物質のモニタリングを強化する為、地方自治体に対し、汚染物質のうち微小粒子状物質「PM2.5」の観測データを提供するよう呼び掛けました。


【まめちしき】
PM2・5って何?
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130206/bdy13020623480005-n1.htm
2013.2.6 23:47

Q 中国(ちゅうごく)の大気汚染物質(たいきおせんぶっしつ)が、風(かぜ)に乗って日本(にほん)にも流(なが)れてくる可能性(かのうせい)があるんだってね。「PM2・5」っていう物質らしいけど、どんなものなの?

 A 大気中を漂(ただよ)っているすごく小さな粒(つぶ)のことなんだ。工場(こうじょう)から出る煙(けむり)や自動車(じどうしゃ)の排(はい)ガスに含(ふく)まれていて、大きさは直径(ちょっけい)2・5マイクロメートル以下。1マイクロメートルは1ミリの1000分の1だから、目に見えないほど小さいことがわかるよね。

 Q 吸い込むと、健康(けんこう)に悪(わるい)いの?

 A 小さい粒なので肺(はい)の奥深(おくふか)くに入り込みやすく、大量(たいりょう)に吸い込むとぜんそくなどの健康被害(ひがい)を引き起こす可能性があるんだ。

 Q 実際(じっさい)に中国から流れてきているの?

 A 大気中のPM2・5の多さが、国内(こくない)の基準(きじゅん)を上回(うわまわ)っている地域(ちいき)が各地(かくち)で出ているね。専門家(せんもんか)は、気象条件(きしょうじょうけん)などから判断(はんだん)して、中国から流れてきた可能性が高(たか)いと見ているんだ。
ラベル:田中和徳
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック