2013年01月25日

小宮山元厚労相が引退 「視力半分に、体力の限界」 ホームページで

小宮山元厚労相が引退 「視力半分に、体力の限界」 ホームページで
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130125/elc13012511560000-n1.htm
2013.1.25 11:54 [民主党]

昨年の衆院選で落選した民主党の小宮山洋子元厚生労働相は25日までに、自らのホームページで政界引退を表明した。「視力が半分になるなど体力からしても限界。政治家として一区切りにさせていただく」と説明した。
 小宮山氏はNHK解説委員を経て1998年参院選で初当選。2003年の衆院東京6区補欠選挙で転身して連続4回当選し、野田内閣で厚労相と少子化担当相を務めた。


小宮山洋子.PNG


子ども手当の生みの親、小宮山洋子が引退することになりました。
小宮山洋子の落選運動をした甲斐がありましたね。
帰化人で特亜の為の政治しかやらなかった小宮山洋子の引退万歳!



参考

小宮山洋子落選運動
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/285454685.html
ラベル:小宮山洋子
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック