2013年01月24日

橋下市長、島倉千代子さんの曲を「変な音楽」 庁内放送使用中止

橋下市長、島倉千代子さんの曲を「変な音楽」 庁内放送使用中止
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130124/lcl13012411490000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130124/lcl13012411490000-n2.htm
2013.1.24 11:47

大阪市役所で半世紀近く、昼休みの合図として庁内放送で流れていた歌手の島倉千代子さんの曲などが、チャイムや職員の意識改革を促すスローガンに切り替えられた。ごみ収集車のメロディーとしても使われている曲で、大阪市民にとってもおなじみの曲だったが、橋下徹市長が「変な音楽」とかみつき、庁内放送から姿を消す事態に。新たな放送は女性職員が「前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」といったスローガンを唱える形に変更されている。

大御所が無償48年間…大阪市民なら“脊髄反射”曲

橋下市長から「変な音楽」と指摘されたのは、昭和39年に発売された島倉さんの「小鳥が来る街」など。市によると、「小鳥が〜」は市緑化100年運動の開始を記念して制作された曲だという。
 当時、島倉さんは美空ひばりさんと並び称される人気歌手。レコード会社の申し入れで、無償協力してくれたという経緯もあり、その後、約48年間、大阪市北区中之島の市役所本庁舎で、昼休み開始を告げる合図として使用されてきた。
 一方、ごみ収集をめぐって昭和41年、市民から「知らない間に収集車が行ってしまった」という不満が相次いだことを受け、「小鳥が〜」を普通ごみの収集車が巡回していることを知らせるメロディとしても活用。市民にとっては、むしろ「ごみ収集の音楽」として知られている。
 ちなみに、市環境局によると、資源ごみは「赤とんぼ」、容器包装プラスチックの収集時には「草競馬」の音楽を流し、区別して収集車の巡回を知らせているという。
庁内放送に使われていたこのメロディを橋下市長が“問題視”する指摘をしたのは昨年12月30日。自らのツイッター上で「(市役所は)サービス業であることの意識を来年から徹底していきます」と宣言した上で、「今、大阪市役所は、お昼になると変な音楽が庁舎内に流れます。それを止めて、来年から組織のスローガンを流していきます」と書き込んでいた。
 橋下市長は、この曲が、島倉さんが大阪市に無償協力してつくられた曲だった経緯などは、知らなかった様子。島倉さんの曲を「変な曲」と批判してしまったことに後から気付いたようで、その後の定例会見では、「『変な』は撤回します」と陳謝した。
 ただ、市長の指示を受けた、市の担当者は即座に庁内放送改革に着手し、今月21日からは新たな放送がスタート。午前9時の始業時と午後1時に45秒間、女性職員の声で「市民サービスの向上のために、前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」「職員ひとりひとりが『何をすべきか、何ができるか』自分自身で考えて行動する」といったスローガンが読み上げられる形式に変更された。
 職員のなかには、好意的に受け止める職員がいる一方、「そんな当たり前に心掛けているようなことを今更言われてもね…」と冷ややかな声も聞かれた。


橋下徹・市政刷新.PNG



橋下が、島倉千代子さんの「小鳥が来る街」を変な曲と噛み付き、庁内放送から姿を消す事態になったようです。
島倉さんが大阪市に無償協力して作られた曲だった経緯などは、知らなかった様子で、その後の定例会見では、「『変な』は撤回します」と陳謝したそうです。
島倉さんの曲から、チャイムや職員の意識改革を促すスローガンに切り替えられたとのこと。
橋下のツイッター発言の実現のようです。



日本維新の会HP
http://j-ishin.jp/



【政権公約】日本維新の会、その国家解体的政治志向[桜H24/11/30]


三橋貴明さんが、産経新聞に掲載されている「日本維新の会」の政権公約要旨を見ながら、その「新自由主義的政策」と「革命志向」についてチェックしています。


「日本維新の会」公約骨子
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121129/elc12112901160001-n1.htm
2012.11.29 01:15 [衆院選]

・自主憲法の制定

 ・環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加、ただし国益に反する場合は反対

 ・集団的自衛権の行使や領海統治などを定める国家安全保障基本法の整備

 ・海上保安庁の警備力強化、自衛隊の武器使用基準見直し

 ・原発政策のメカニズム、ルールの変更。既設の原子炉による原子力発電は2030年代までにフェードアウト

 ・日銀法の改正

 ・地方共有税の創設

 ・教育委員会制度の廃止を含む教育制度改革



藤井聡氏が語る 橋下維新の唱える地方分権とは日本人総不幸化計画だ



参考

橋下市長、竹島を「日韓の共同管理に持ち込め」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/293963558.html

橋下・大阪市長:「特別永住者に地方選挙権を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/295005250.html

【速報】橋下から人権擁護法案キタ━ヽ(; ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298247933.html

橋下「尖閣は中国と共同管理するべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298540473.html

橋下徹 「 官僚潰すッ! 原発潰すッ! 農協潰すッ! 米軍潰すッ! 医者潰すッ! 老人潰すッ! 野田佳彦潰ッ! …でもパチンコ・同和・在日は聖域(ニヤリ) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299514026.html

維新八策がオープンになりました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299905967.html

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html

橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284394290.html

橋下徹の過去
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/283893752.html
ラベル:橋下徹
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック