2012年12月14日

美代子被告「自殺」使用Tシャツ、引き継ぎなし

美代子被告「自殺」使用Tシャツ、引き継ぎなし
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121213-OYT1T00653.htm?from=ylist

兵庫県尼崎市の連続変死事件を巡り、殺人容疑などで再逮捕された角田(すみだ)美代子被告(64)が県警本部の留置場で自殺したとみられる問題で、留置管理課員が美代子被告の死亡前夜、首を絞めるのに使われたとされる長袖Tシャツがいつも置かれている枕元にないのに気付きながら、交代時に引き継いでいなかったことが県警への取材でわかった。
 同課は美代子被告を監視強化対象の「特別要注意者」とし、ささいな変化も記録するよう課員に求めており、県警が経緯を調べている。
 県警によると、美代子被告は、担当の課員が留置場を見張る監視台から2〜3メートルの3人部屋に留置。毎日午後9時の消灯時には、長袖Tシャツを脱いで折りたたみ枕元に置いていた。
(2012年12月13日12時14分 読売新聞)




私、昨日は、角田美代子は、自殺をして卑怯だと書きましたが、これは本当に自殺なのでしょうか?
長袖Tシャツが首を絞めるのに使われています。
簡単に死ねないと思うのです。
せと弘幸さんのブログを訪問しましたら、「自分で首を絞めて死んだなど、誰が信じるの?」と記事がありました。



せと弘幸BLOG「日本よ何処へ」より一部転載
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

角田美代子容疑者の不審死
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52924471.html

角田美代子容疑者が自殺なわけない!大物容疑者を留置する場合、通常カメラ付きの独居房で留置監視すし自殺出来るあらゆる私物は房には入れないはず。角田の背後には保険金を、せしめた大物カルト宗教団体がいて裁判所で言われては困ることが沢山あったと想像すると自然と納得できる。なるほどソウカw
ラベル:事件
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック