2012年12月06日

オスプレイの安全性説明=防衛省が自治体と地権者に−キャンプ富士飛行備え・静岡県

オスプレイの安全性説明=防衛省が自治体と地権者に−キャンプ富士飛行備え・静岡県
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012120600050

米軍キャンプ富士(静岡県御殿場市)での飛行訓練が計画されている、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて防衛省は6日、キャンプ富士に関係する御殿場市などに対し、オスプレイの安全性に関する説明会を開いた。静岡県と御殿場市、裾野市、小山町の首長らと地権者団体「東富士演習場地域農民再建連盟」の約100人が参加した。
 冒頭で防衛省南関東防衛局の山本達夫局長が「情報提供が不十分で多くの方に不安と懸念を与えたことをおわび申し上げる」と謝罪。担当者がオスプレイの普天間配備までの経緯などについて説明し、「安全性は政府として十分確認している」と話した。 
 行政、地権者側はキャンプ富士でのオスプレイ運用に関する詳細な計画や訓練実施に伴う環境への影響などについて質問した。14日に開かれる次回の説明会で防衛省側が文書で回答する。
 御殿場市の若林洋平市長は「安全と言うなら国は責任の所在を明確にしなければならない。信頼回復のためにも大臣との会談は重要」と述べ、同連盟の勝又幸作委員長は「まずは質問への誠意ある回答を求めたい」と話した。(2012/12/06-13:49)




防衛省は6日、キャンプ富士に関係する御殿場市などに対し、オスプレイの安全性に関する説明会を開きました。
オスプレイの反対デモばかりが取り上げられますが、オスプレイの歓迎のデモも行われているようです。
マスコミは、歓迎デモの報道はしません。
シナから日本を守る為には、オスプレイの配備は必要です。
沖縄では、米兵問題とごっちゃにして報道されますが、米兵問題とオスプレイの配備の問題は別問題です。



オスプレイ反対報道が流れる中、歓迎している地元の声も
http://matome.naver.jp/odai/2134274278054133801



日本人が知らないオスプレイの魅力


MV22オスプレイについて

オスプレイ1.PNG
オスプレイ2.PNG

オスプレイを歓迎している沖縄県民の様子です。

オスプレイ歓迎・沖縄.PNG

オスプレイ配備は必要 尖閣・沖縄を守るヒマワリの会


オスプレイ反対派の方々は、シナの格好の餌食になりたくなければ、オスプレイを認めるべきです。

中国は、「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告を出しています。

沖縄県民を勝手に「中華民族」にして、琉球自治区の設立を援助するとのことです。


中華民族琉球自治.PNG

中国が中華民族琉球特別自治区委員会を発足



参考

中国画策、沖縄を「琉球自治区」に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/274202495.html

日本の森買い漁る中国 水資源確保が中国の異民族支配の手法
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/276094432.html

尖閣諸島、「日本が盗んだ」=国連演説で領有権主張−中国外相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/294606639.html
ラベル:オスプレイ
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック