2012年12月05日

維新公約、最低賃金廃止を撤回 「改革」に変更

維新公約、最低賃金廃止を撤回 「改革」に変更
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120401001926.html

日本維新の会が、衆院選公約に掲げた「最低賃金制の廃止」を撤回し「市場メカニズムを重視した最低賃金制度への改革」との文言に変更していたことが4日分かった。民主、公明など他党からの「格差拡大の政策」(野田佳彦首相)との批判をかわすためとみられる。日本維新の会はこの変更に関し、正式な広報や公的な説明の機会は設けていない。
 日本維新の会政調会長の浅田均大阪府議会議長は4日、記者団の質問に答え「見直しではない。誤解がないよう表現を変えただけ」と強調。現在の最低賃金制度については「高止まりしており、なんとかしないといけない」と抜本的改革が必要との認識をあらためて示した。
2012/12/04 20:57 【共同通信】




公示日に公約に掲げた、「最低賃金制の廃止」を撤回しました。
「市場メカニズムを重視した最低賃金制度への改革」との文言に変更しました。
日替わりで、公約を変えるのでしょうか?
もう、驚かなくなって来ましたが、これでは、維新の会に投票する方々が気の毒です。



日本維新の会HP
http://j-ishin.jp/



また、政権公約に添付した「政策実例」に「既設の原発は2030年代までにフェードアウト(次第に消える)」と明記したことに関し、「『政策実例』は議論のたたき台。公約ではない」と述べています。


橋下氏「ボロボロだ」…未来の「卒原発」方針に
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121202-OYT1T00604.htm

日本維新の会の橋下代表代行は2日、テレビ朝日の番組で、政権公約に添付した「政策実例」に「既設の原発は2030年代までにフェードアウト(次第に消える)」と明記したことに関し、「『政策実例』は議論のたたき台。公約ではない」と述べた。
 原発政策を巡っては、必要性を主張する同党の石原代表が反発し、見直す考えを示していた。「政策実例」は公約ではないとすることで「党内不一致」との批判をかわす狙いがあるとみられる。
 橋下氏は同日、福井県敦賀市での街頭演説で、日本未来の党が主張する「卒原発」方針について、「飯田哲也氏(代表代行)の考えたもので、ボロボロだ。原発立地のことを全く考えていない」と批判した。飯田氏は橋下氏のブレーンとして原発政策などを支えていた。
(2012年12月3日10時04分 読売新聞)



衆院選期間中の立候補者による「ツイッター」への書き込みを禁止した公職選挙法について、橋下のツイッターで、「ネットでの政策の主張を認めず、バカみたいなルールで前近代的な作業をやらせる」「選挙の本質は、有権者に政策を訴えることだ」と書き込み、批判しています。


橋下氏、ツイッター禁止「バカみたいなルール」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121204-OYT1T01175.htm

日本維新の会の橋下代表代行は4日、衆院選期間中の立候補者による「ツイッター」への書き込みを禁止した公職選挙法について、自身のツイッターで、「ネットでの政策の主張を認めず、バカみたいなルールで前近代的な作業をやらせる」「選挙の本質は、有権者に政策を訴えることだ」と書き込み、批判した。
 また、10年以内に全ての原発を廃炉にするとした日本未来の党の政権公約についても、「実行力のない公約だ」と記した。
 橋下氏は公示前の先月29日、記者団に「一般的な政党の考え方を表明するのはいいのでは」と述べ、選挙期間中も書き込みを続ける考えを表明していた。
 総務省によると、比例選で候補者を擁立している政党の幹部が、ツイッターで政党の公約を主張したり、他党の政策を批判したりすれば、公選法違反となるおそれがあるという。
(2012年12月4日21時21分 読売新聞)


橋下徹ツイッター
https://jp.twitter.com/t_ishin






橋下徹 @t_ishin
公示後の僕のツイッターが、公選法違反かどうか議論されている。結構なことだ。官僚組織がいかに硬直的か、社会的妥当性(常識)より、一度作ったルールを死に物狂いで守る習性がよく現れる論点だ。まず公選法で文書配布に制限があるのは、無制限だと金のある者が無制限に文書をばらまくだろうと。



【政権公約】日本維新の会、その国家解体的政治志向[桜H24/11/30]


三橋貴明さんが、産経新聞に掲載されている「日本維新の会」の政権公約要旨を見ながら、その「新自由主義的政策」と「革命志向」についてチェックしています。


「日本維新の会」公約骨子
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121129/elc12112901160001-n1.htm
2012.11.29 01:15 [衆院選]

・自主憲法の制定

 ・環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加、ただし国益に反する場合は反対

 ・集団的自衛権の行使や領海統治などを定める国家安全保障基本法の整備

 ・海上保安庁の警備力強化、自衛隊の武器使用基準見直し

 ・原発政策のメカニズム、ルールの変更。既設の原子炉による原子力発電は2030年代までにフェードアウト

 ・日銀法の改正

 ・地方共有税の創設

 ・教育委員会制度の廃止を含む教育制度改革



参考

橋下市長、竹島を「日韓の共同管理に持ち込め」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/293963558.html

橋下・大阪市長:「特別永住者に地方選挙権を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/295005250.html

【速報】橋下から人権擁護法案キタ━ヽ(; ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298247933.html

橋下「尖閣は中国と共同管理するべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298540473.html

橋下徹 「 官僚潰すッ! 原発潰すッ! 農協潰すッ! 米軍潰すッ! 医者潰すッ! 老人潰すッ! 野田佳彦潰ッ! …でもパチンコ・同和・在日は聖域(ニヤリ) 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299514026.html

維新八策がオープンになりました
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299905967.html

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html

橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284394290.html

橋下徹の過去
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/283893752.html
ラベル:日本維新の会
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック