2012年11月12日

韓国食材はやっぱり危険 今度は牛乳から黄色ブドウ球菌

韓国食材はやっぱり危険 今度は牛乳から黄色ブドウ球菌
http://jpn-news.com/p/2264
Posted on 2012年11月11日 | in 韓国 | by 記者壱号

中国メディアの環球時報(電子版)は、9日、韓国の牛乳業界大手の毎日乳業が中国へ輸出した牛乳から黄色ブドウ球菌が検出され、入国前にすべて廃棄されたと報じた。黄色ブドウ球菌は食中毒を引き起こす病原菌の一種である。


黄色ブドウ球菌.PNG

毎日乳業の関係者は「輸出された牛乳は殺菌処理されており、いかなる微生物も含まれているはずがなく、輸出前に自社で行った検査では何ら異常は見られなかった」と反論したという。韓国としては、中国側に責任を転嫁したかったのだろう。しかし、理論に無理があることを悟ったのか、それを撤回し、「輸送、積み下ろしの段階で牛乳の包装パックに破損が生じ、中身が汚染されたもの」との推測を述べ、「今後は中国へ輸出する商品の検査を強化し、同じような問題が生じないことを保証する」とコメントした。いや、できれば中国だけでなく、全世界に向けての輸出の管理の徹底をお願いしたいところなのだが・・・そもそも、本当に放送パックに亀裂が生じたことが原因だったのだろうか?韓国の出したコメントは、整合性がないため、嘘の可能性が十分にある。韓国食材の危険性は当日誠新聞でも度々触れてきたよう、幼虫・人糞などの混入、腐敗、賞味期限切れなど、後を絶たない。その危険性は、韓国人自身も認識しているというから、驚愕である。


韓国の海産物は汚物まみれであることが明らかに(日誠新聞)
http://jpn-news.com/p/583

中央日報「韓国の食材は安全性が過去最高水準」 安全“偽装”記事に注意(同上)
http://jpn-news.com/p/1038

韓国食材は、やはり危険である。

(関連)
中国向け輸出の韓国産牛乳、食中毒を引き起こす病原菌を検出(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1110&f=national_1110_005.shtml




> 韓国食材はやっぱり危険 今度は牛乳から黄色ブドウ球菌

韓国の食材が危険なことは、分かり切っていますよね。
今度は、牛乳から、黄色ブドウ球菌ですか。
日本では、韓国の牛乳が入った「フレンチカフェ」が売られる訳なんですけれど。
これって、「かえって免疫力がつく」と返せば良い訳?
汚染まみれの食材を売る酷い国です。




参考

韓国・南陽乳業 日本のコーヒー市場進出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/299297079.html

韓国の海産物は汚物まみれであることが明らかに
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/275702017.html

中央日報「韓国の食材は安全性が過去最高水準」 安全“偽装”記事に注意
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/282099859.html
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック