2012年11月10日

きょう人権救済法案提出を閣議決定

きょう人権救済法案提出を閣議決定
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121109/trl12110907140000-n1.htm
2012.11.9 07:13 [野田首相]

政府は8日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置する「人権委員会設置法案」(人権救済法案)について、9日に今国会への提出を閣議決定する方針を固めた。「人権侵害」の拡大解釈で憲法21条(表現の自由)が侵される恐れがあるため、民主党の一部や自民党に反対論が根強いが、公明党は法整備に前向きで、今国会で成立する可能性もある。
 人権委員会は政府から独立した権限を持つ「三条委員会」として設置される。調査で人権侵害が認められれば、勧告や告発などの措置を講じる。調停や仲裁の手続きに入ることもでき、委員長や委員は国会の同意を得て首相が任命する。
 ただ、人権侵害そのものの定義が「特定の者に対し、不当な差別、虐待その他の人権を違法に侵害する行為」などと曖昧で、人権委員会の恣(し)意(い)的な運用が可能になるとの懸念が強い。
 法案は、民主党の支持組織の一つである部落解放同盟などの人権団体が強く成立を求めており、同党は先の通常国会でも成立を目指した。しかし、松原仁国家公安委員長(当時)が法案提出に難色を示していたため、野田佳彦首相は松原氏が海外出張中の9月19日に法案内容のみを閣議決定するという異例の対応を取った。
 法案内容と提出の閣議決定を切り離したのは、9月21日の民主党代表選を前に「首相が支持固めを図るためだった」(同党関係者)とされる。




何じゃ、これは?
売国民主党は、人権救済法案を何としても通したいようですな。
民主党、人権救済法案閣議決定の方針固める!
今国会で成立の可能性も!
在日朝鮮人が日本を支配する!
2chもTwitterも日本も全部崩壊!
断固阻止!
断固反対!
絶対反対です!




人権侵害救済機関設置法案と名を変えている人権侵害救済法案を阻止しましょう。


抗議先及びお願い先


自民党本部
電話 03-3581-6211
FAX 03-5511-8855
https://ssl.jimin.jp/m/contact


たちあがれ日本 
電話: 03-3582-8111
FAX: 03-3582-8112
https://www.tachiagare.jp/contact.php

国民新党 
電話: 03-5275-2671
FAX: 03-5275-2675
http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us


首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha_ssl.html

各府省への政策に関する意見・要望(名前・メールアドレス不要)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
※一度に数ヵ所に送ることができます。 

民主党 
電話: 03-3595-9988
FAX: 03-3595-9961
https://form.dpj.or.jp/contact/


みんなの党 
電話: 03-5216-3710
FAX: 03-5216-3711
https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi

公明党 
電話: 03-3353-0111
FAX: 03-3225-0207
https://www.komei.or.jp/contact/

社民党
電話: 03-3580-1171
FAX: 03-3580-0691
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm

共産党
電話: 03-3403-6111
FAX: 03-5474-8358
メールアドレス info@jcp.or.jp
http://www.jcp.or.jp/





抗議文

タイトル: 人権侵害救済法案に断固反対します

抗議文例:

きょう(11月9日)人権救済法案提出を閣議決定というニュースを見ました。
人権救済機関設置法案と名を変えている人権救済法案に断固反対します。
裁判所の令状もなしに家宅捜索や押収を行う事ができる(警察を上回る権力を持つ)、人権侵害の定義が曖昧で恣意的な運用が可能である(特定の人物に因縁をつけて家宅捜査することが可能)、人権擁護委員の選定基準に国籍条項が無く、外国人を人権擁護委員に選任することが可能である(拉致国家、北朝鮮の工作員が選任される可能性もある)人権擁護委員が特定の団体によって構成される恐れがある、人権委員会が三条委員会に位置付けられ、強大な権限を有している、逆差別に繋がる危険性がある、大変危険な法案です。
今国会で、可決されることのないよう、阻止して下さいますようお願い致します。




ひめのブログで、人権侵害救済法案(人権擁護法案)を取り上げていますので、この法案に反対の方は、参考にして下さい。
抗議先、自民党用、その他の抗議先・抗議文を用意しています。


ひめのブログ
http://000hime.blog74.fc2.com/

■人権擁護法案20日閣議決定にむけて対策まとめ
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-515.html
ラベル:人権救済法案
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック