2012年11月04日

年内の衆院選困難=民主・輿石幹事長−自民・安倍氏は「22日までに解散を」

年内の衆院選困難=民主・輿石幹事長−自民・安倍氏は「22日までに解散を」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012110400027

民主党の輿石東幹事長は4日のNHKの番組で、自民、公明両党が年内の次期衆院選の期限は12月16日までと主張していることに関し、「日程的にも物理的にも難しいのではないか」と述べ、年内の衆院解散・総選挙に否定的な見解を表明した。これに対し、自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表は同じ番組で、年内解散を求める立場を改めて強調した。
 輿石氏は、11月30日までの今国会について「法案処理や、(経済対策などの)課題に取り組む期間だ」と指摘し、赤字国債発行に必要な特例公債法案や、衆院選の「1票の格差」是正と議員定数削減などに全力を挙げる考えを強調。「12月9日や16日に投開票が行われる前提でこの国会に臨んでいない」とも述べた。自公両党から再度の党首会談を求める声が上がっていることに関しては、「党首討論がある。堂々と議論したらいい」と語った。
 一方、安倍氏は、新政権が来年度の予算案を編成するためには12月16日までに衆院選を行う必要があるとの認識を示した上で、「11月22日までに解散しなければ準備が整わない。今週、それなりの意思を野田佳彦首相、民主党政権が示す必要がある」と述べ、首相に速やかな決断を迫った。
 山口氏は「この国会は(特例公債法案など)懸案を処理し、速やかに信を問うという位置付けだ」と述べるとともに、「年内解散が妥当だ。12月9日くらい(の衆院選)が常識的だ」と述べた。 (2012/11/04-12:55)



輿石東.PNG



> 民主党の輿石東幹事長は4日のNHKの番組で、自民、公明両党が年内の次期衆院選の期限は12月16日までと主張していることに関し、「日程的にも物理的にも難しいのではないか」と述べ、年内の衆院解散・総選挙に否定的な見解を表明した。

全く、この爺さんは、解散せずに、民主党の延命に必死だな。
もうイイから、民主党は、さっさと解散しろ!


> これに対し、自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表は同じ番組で、年内解散を求める立場を改めて強調した。

安倍さん、年内解散に追い込んで下さい。
もう国民は、待てません。
売国民主党は、民意を問うべきです。


山梨県民の方は、次の参議院選で、輿石東の落選をお願いします。
ラベル:輿石東
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック