2012年11月01日

民主党の鹿野道彦・筒井信隆が農林水産省を私物化し、中国と結託して民間業者に詐欺を行って居た事が報道されない件に関して

民主党の鹿野道彦・筒井信隆が農林水産省を私物化し、中国と結託して民間業者に詐欺を行って居た事が報道されない件に関して
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4890/

民主党の犯罪は多過ぎて、
どれから糾弾していいのか見当もつきません。

調べれば調べる程、
次から次へと悪事が沸いてきて、
本当に把握しきれないのです。

底辺もたまには日本の役に立とうと思い、
拙い筆を執ります。

その前に一言!
韓ドラとか嘘の中国景気特番やる暇あったら、
マスコミはこれを掘り下げて報道しろよ!



本件は
鹿野道彦農林水産大臣 (民主党)
筒井信隆農林水産副大臣 (民主党)
樋口俊一議員  (民主党)
田中公男 (樋口の秘書・スパイ)

の元で発生したスパイ事件。

ちなみに、田中公男は鳩山由紀夫の元秘書でもある。

またオマエか!!!

と底辺も思った。





鹿野道彦派の代議士・樋口俊一代議士秘書の田中公男が、
農水省顧問に就任して農産物の中国輸出促進を目的とした社団法人
「農林水産物等中国輸出促進協議会(促進協議会)」の設立に尽力、
昨年7月に設立されると、代表理事に就任した経緯を、
自民党・西田昌司議員が批判した。


本来、農水省顧問は、事務次官経験者など高級官僚OBが就任するポストである。
無論、田中公男は農水省とは無縁であったが、鹿野大臣の命で就任する。

中国政府相手に「政府関係者」の立場で接触、目的を達すれば、
公設秘書も農水省顧問も辞めて、代表理事に就任、
展覧館販売(後述)の窓口を独占するに至った。


問題は、田中某が農水省と諮らず、農水省の経費・権威を利用して、
自分のビジネスを展開した事だ。


民主党政権の閣僚が、公設秘書を現役のまま農水省に顧問として送り込み、
国費を使って営利団体を組織。民間業者と位置づけて情報公開を拒みながら、
閣僚が公然と今も支援を続けている。

これは汚職なんて次元の話じゃないだろう。
これの不正者を処罰せずして、日本に未来は無い。

話は続く、
そして、日本国内の農産業者に対して大規模な詐欺を田中某が行う。

「ワタシの『農林水産物等中国輸出促進協議会』に加盟すれば、検疫が免除される」

と農産業者に騙り、高額な入会金を騙し取っていた事が判明する。


その後、鹿野道彦は、野田総理の訪中日程に強引に干渉。
外務省の困惑を押し切って、常設展示館(田中が責任者)に野田を訪問させる。
野田と鹿野の結託は今の所、未確認。
(だが、野田には鹿野の任命責任がある、このカラクリを知らなかったとしても)



鹿野道彦 (山形1区)

パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー
永住外国人に地方参政権を認めることについて賛成



筒井信隆 (新潟6区)

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
中国で起きた平頂山事件について日本政府に公式謝罪を求める議員団




民主党の鹿野道彦・筒井信隆が農林水産省を私物化し、中国と結託して民間業者に詐欺を行って居た事が報道されない件に関して、マスコミはこれを掘り下げて報道しろよ!
ラベル:民主党
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック