2012年10月28日

沖縄県知事・仲井眞弘多の正体は、日本国籍を持った中国人・蔡弘多  彼は日本を憎み、中国の利権拡大に日々邁進している。

沖縄県知事・仲井眞弘多の正体は、日本国籍を持った中国人・蔡弘多  彼は日本を憎み、中国の利権拡大に日々邁進している。
http://kanchigai.blog.shinobi.jp/Entry/4856/

帰化とは、野蛮人が文明の徳に服する事である。

当然、日本に帰化すると云う事は、
それまで身に付けていた蛮習を改めなくてはならなし、
文明化の努力を行わない者は、偽装帰化として国籍を剥奪しなくてはならない。




沖縄県知事・仲井眞弘多は日本国籍を持った中国人である。

仲井眞弘多こと蔡弘多の一族が日本に渡来したのは700年以上前の事であるが、

19代を経ても、遂に日本の徳に服す事はなかった。

日本のインフラを誰よりも享受しながらである。




仲井眞 弘多(なかいま ひろかず、1939年8月19日 ‐ )は、現沖縄県知事。
報道などでは新字体を用い仲井真 弘多とも表記される。
14世紀の終わりに琉球王国に渡来した福建人の子孫(久米村人(くにんだんちゅ:久米(閩人36姓)]蔡氏、19代目。



【久米村人とは?】

久米三十六姓

久米三十六姓は、1392年に明の洪武帝より琉球王国に下賜されたとされる閩人(福建省付近の中国人)の職能集団のこと。
後に彼らの末裔たちは那覇の久米村(現・那覇市久米、唐栄とも)に定住したことから久米三十六姓と呼ばれるようになった。閩人三十六姓ともいう。

『李朝実録』の成化25(1470)年の朝鮮人琉球漂流記に「(那覇には)唐人商販に来たりて、因りて居する者あり」との記述があり、15世紀には商売目的で琉球に渡来居住していた中国人がいたことが分かる。そ

れゆえ、久米三十六姓とは、貿易、商売目的の中国人達が14世紀末以降、随時琉球へ渡来移住し、後に彼らの子孫によって、自分たちの先祖は洪武帝によって下賜されたという「物語」が作られたのではないかと考える説が近年有力である。


蔡さん、
あなたは、何故、沖縄を護るため(建前だが)に駐留している米軍を攻撃して、
沖縄県の土地・海を侵犯している中国には文句を言わないの?

貴方は日本国籍にしがみ付いてる中国人だからですよ。
日本人じゃない。

貴方は日本の官僚制度と自由経済と民主主義制度の全てのインフラを享受しながら、
それらを何一つ持たない中共を日本に引き入れようとしている。

許す訳にはいかないですよ。
貴方だけは。

世界中で言われている事だが、
中国人は絶対に移住先に同化せずに、
反国家的な同胞コミュニティーを作る。

顕著な例が、
中華人民共和国そのもので
彼らは、「中華人民共和国」と云う異郷に全く同化せず、
反国家的な親族コミュニティーのみに義理立てして生きている。

国家に、中国人を絶対に入れてはならない。
彼らには「公」が存在しないからだ。
そして、国家や共同体を「敵」として捉え、
寄生する事しか考えない。

中国本土に住んでいる人が、この文章を読んでいるかもしれないので、
念の為に書き記しておく。

貴方の政府が、世界で最も腐敗して圧政を敷いているのは、
貴方達の国民性の中に「公徳心」の概念が存在しないからである。

(貴方達は『存在する』と仰るかも知れないが、日本の基準からすれば無いも同然である)

貴方達一人一人が「公徳心」を持たない限り、
貴方の不幸は続くであろう。

言っておくが、日本には来ないように、
貴方の政府は我々の政府と敵対している上に、
貴方達個々の生活姿勢も、日本人の価値観の対極にある。

日本の若い世代は貴方達に寛容ではないし、
貴方達は特徴的過ぎて、見分けるのも実に容易い。




沖縄県知事・仲井眞弘多の正体です。
沖縄県知事・仲井眞弘多は日本国籍を持った中国人である。
何故、オスプレイに反対なのか理解できますよね?


ラベル:仲井眞弘多
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック