2012年10月28日

橋下氏に対応を一任 「石原新党」及び都知事選 維新の会幹部会合

橋下氏に対応を一任 「石原新党」及び都知事選 維新の会幹部会合
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121027/stt12102722080012-n1.htm
2012.10.27 22:06

日本維新の会は27日、大阪市内の党本部で幹部会合を開き、次期衆院選での「石原新党」との連携問題や、石原慎太郎東京都知事の辞任に伴う都知事選の対応について、代表の橋下徹大阪市長に一任することを決めた。
 維新の会の内部では、石原新党との連携への慎重論も存在する。消費税増税などをめぐって政策面の隔たりがあるためだ。しかし、橋下氏が石原氏と会談を重ね、連携に向けた意見交換をしてきた経緯を踏まえ、橋下氏に対応を委ねることにした。
 また日本維新は同日、次期衆院選の公認候補を選ぶ選考委員会を開き、第1次公募の合格者155人を決定した。ただ、衆院選の時期が不透明だとして、実名の公表を見送った。11月中旬にも正式決定し、公表する見通しだ。第1次公募は「維新政治塾」の塾生や首長及び地方議員の現職、元職を対象に実施した。
 選考委員会には、橋下氏のほか、幹事長の松井一郎大阪府知事、選考委員の竹中平蔵慶応大教授、堺屋太一元経済企画庁長官、国会議員団代表の松野頼久衆院議員らが出席した。



日本維新の会.PNG



> 日本維新の会は27日、大阪市内の党本部で幹部会合を開き、次期衆院選での「石原新党」との連携問題や、石原慎太郎東京都知事の辞任に伴う都知事選の対応について、代表の橋下徹大阪市長に一任することを決めた。

橋下に一任して大丈夫なのか?

> 維新の会の内部では、石原新党との連携への慎重論も存在する。
> 消費税増税などをめぐって政策面の隔たりがあるためだ。
> しかし、橋下氏が石原氏と会談を重ね、連携に向けた意見交換をしてきた経緯を踏まえ、橋下氏に対応を委ねることにした。


じゃあ、石原新党と連携しないでくれ。
石原さんや平沼さんとは、国家観が違い過ぎるんだよ。



【平沼赳夫】橋下徹氏には国家観が見えない[桜H24/2/16]



> また日本維新は同日、次期衆院選の公認候補を選ぶ選考委員会を開き、第1次公募の合格者155人を決定した。
> ただ、衆院選の時期が不透明だとして、実名の公表を見送った。
> 11月中旬にも正式決定し、公表する見通しだ。
> 第1次公募は「維新政治塾」の塾生や首長及び地方議員の現職、元職を対象に実施した。


政治素人の「維新政治塾」の塾生が対象ですか。



維新の会の船中八策

1.霞が関の解体 =日本解体
霞が関を解体して中央集権から道州制に移行する「平成維新」構想。
2.道州制 =日本解体
道州制+地域主権で完全に日本解体
3.地域主権(=国家解体)=日本解体
4.大阪都構想 =日本解体
大阪都構想は道州制の延長にあり、地域主権(=国家解体)を目指す。目指すところは日本解体、特亜の奴隷国家である。
5.首相公選制 =日本解体
大統領制を目指す(天皇制廃止を目指す)
6.参院廃止 =日本解体
共産主義(全体主義)国家化を加速させる為。衆議院のみで売国法案通過を狙う。
7.TPP推進 =日本国家の弱体化
8.橋下徹の政策 =日本解体
外国人参政権付与(特亜の日本乗っ取り)
人権侵害救済法案推進(日本人狩り法案)



故に目指すところは、日本解体です。


参考

橋下市長、竹島を「日韓の共同管理に持ち込め」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/293963558.html

橋下・大阪市長:「特別永住者に地方選挙権を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/295005250.html

【速報】橋下から人権擁護法案キタ━ヽ(; ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298247933.html

橋下「尖閣は中国と共同管理するべき」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/298540473.html

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284090671.html

橋下徹は、大前研一の忠実な弟子だそうです
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/284394290.html

橋下徹の過去
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/283893752.html
ラベル:日本維新の会
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック