2012年10月04日

テリー伊藤氏「安倍氏は成果が出なかったから辞めた」→青山繁晴氏「事実に反する嘘である!」

テリー伊藤氏「安倍氏は成果が出なかったから辞めた」→青山繁晴氏「事実に反する嘘である!」
http://jpn-news.com/p/1716
Posted on 2012年10月4日 in マスメディア | by 記者壱号

これまでも、6月20日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系列)の中で、テリー伊藤氏が「生活保護費でパチンコをして何が悪いのか? アダルトビデオを借りて何が悪いのか?」と、トンデモ発言をしたことでその言動に注目が集まっていたが、今度は、自民党への有り得ない批判発言が飛び出した。9月27日放送の「スッキリ!」内にて、「皆さん誤解しているんですが、あの人(安倍普三総裁)は病気で辞めたのではなくて、1年間やっていて成果が出なかったので辞めたんですよ。」などと、根拠不明の発言を行ったのである。さらには、「若いんだよね。カッコいいことばかり言っている。あんな感じで戦っていけるのかな。 これまで総理大臣が代わったなかで、今回が一番不安ですよ。」「国民は危機感なさすぎ。」と、国民の不安感情を煽り、安倍元首相があたかも「仮病を使って辞め逃げした」という印象操作とレッテル張りまで行った。キャスターとしての立場を利用し、テレビの公共電波を悪用したのである。


テリー伊藤VS青山氏.PNG

安倍総裁の患う病気は、潰瘍性大腸炎、政府指定の難病である。伊藤氏の発言は、言い掛かりであるとわかる。また、全国に10万人いると言われる潰瘍性大腸炎患者を、すべて敵に回したことにもなる。捉え方によっては、伊藤氏の発言は、安倍氏をはじめ潰瘍性大腸炎患者への人権侵害行為にもなりうる。そして、この一方的な安倍氏への批判に噛み付いたのは、関西テレビ「アンカー」でお馴染み、青山繁晴氏。10月3日放送「アンカー」内で、名指しこそはしなかったものの、「個性的なコメンテーターが」と伊藤氏を指し、「事実に反する嘘である!」と言い切ったのである。この青山氏の正論に対し、賞賛の声は多い。安倍氏は、5年前の第一次政権時、スローガンを「美しい国づくり内閣」と掲げ、歴代自民党政権が成し遂げられなかった、教育基本法の改正や防衛庁の省昇格、国民投票法などを掲げ、教育については、教育再生会議を立ち上げ、第166回国会には教育再生関連3法案を成立させた。伊藤氏の言う「1年間やっていて成果が出なかった」というのが嘘というのは、青山氏の意見が正しい。ここに来て、テレビ出演者の明暗がくっきり出た形だ。既存大手メディアは平気で嘘をつくと断ぜざるえないことが、またもや露呈してしまった。

(関連)
潰瘍性大腸炎(公費対象)(難病情報センター)
http://www.nanbyou.or.jp/entry/62
アンカー 関西テレビ
http://www.ktv.co.jp/anchor/




> 9月27日放送の「スッキリ!」内にて、「皆さん誤解しているんですが、あの人(安倍普三総裁)は病気で辞めたのではなくて、1年間やっていて成果が出なかったので辞めたんですよ。」などと、根拠不明の発言を行ったのである。
> さらには、「若いんだよね。カッコいいことばかり言っている。あんな感じで戦っていけるのかな。 これまで総理大臣が代わったなかで、今回が一番不安ですよ。」「国民は危機感なさすぎ。」と、国民の不安感情を煽り、安倍元首相があたかも「仮病を使って辞め逃げした」という印象操作とレッテル張りまで行った。
> キャスターとしての立場を利用し、テレビの公共電波を悪用したのである。


テリー伊藤公共電波を悪用して、安倍さん批判をして最低だな。
キャスターを辞めろよ。


> 安倍総裁の患う病気は、潰瘍性大腸炎、政府指定の難病である。
> 伊藤氏の発言は、言い掛かりであるとわかる。
> また、全国に10万人いると言われる潰瘍性大腸炎患者を、すべて敵に回したことにもなる。
> 捉え方によっては、伊藤氏の発言は、安倍氏をはじめ潰瘍性大腸炎患者への人権侵害行為にもなりうる。


本当に、潰瘍性大腸炎という難病を患っている人々への人権侵害もいいところだろう。

> そして、この一方的な安倍氏への批判に噛み付いたのは、関西テレビ「アンカー」でお馴染み、青山繁晴氏。
> 10月3日放送「アンカー」内で、名指しこそはしなかったものの、「個性的なコメンテーターが」と伊藤氏を指し、「事実に反する嘘である!」と言い切ったのである。
> この青山氏の正論に対し、賞賛の声は多い。


青山さん、テリー伊藤を斬って下さり、感謝します。
流石、青山繁晴さんです。


> 安倍氏は、5年前の第一次政権時、スローガンを「美しい国づくり内閣」と掲げ、歴代自民党政権が成し遂げられなかった、教育基本法の改正や防衛庁の省昇格、国民投票法などを掲げ、教育については、教育再生会議を立ち上げ、第166回国会には教育再生関連3法案を成立させた。
> 伊藤氏の言う「1年間やっていて成果が出なかった」というのが嘘というのは、青山氏の意見が正しい。
> ここに来て、テレビ出演者の明暗がくっきり出た形だ。
> 既存大手メディアは平気で嘘をつくと断ぜざるえないことが、またもや露呈してしまった。


本当に、大手マスコミの嘘が露呈していますね。
安部さんの実績は、凄かったのです。



安倍さんの実績

若者からの投票が日本を救う!!より転載
http://ainippon.blog.fc2.com/

安倍晋三の実績
http://ainippon.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

就任わずか3カ月で、教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、
就任早々から各国との外交を精力的にこなし、
経団連の圧力に負けずにWCエグゼンプションの対象者を
目標だった年収1000万円以上の近くで踏みとどめ、
それでいて企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせ、
児童福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、
国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、
北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、
パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、
「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも重要な選挙に連勝し、
「女系天皇容認」を白紙に戻し、
「日本海」を「平和の海」に改名しようと提案した盧武鉉大統領の
アホな要求を見事に拒否し、
人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、
国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。
これが、在任1年での功績。しかし、報道されなかった。
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック