2012年09月27日

「お友達」側近政治から脱却できるか

【自民総裁選】
「お友達」側近政治から脱却できるか
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092700440006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092700440006-n2.htm
2012.9.27 00:43

自民党総裁のイスを再びたぐり寄せた安倍晋三元首相だが、「お友達内閣」と批判された首相当時の側近政治から脱却し、挙党態勢を構築できるかが課題となる。
 「きょう5人は戦いを終えた。ラクビーでいえばノーサイドでしょう。これからはそういう垣根はまったく外して人材を開かれた形で活用していきたい」
 26日の就任会見で、安倍氏は役員人事に着手するにあたり、こう強調した。
 しかし、党内からは早くも「当選直後から『お友達』たちがわが世の春のようにテレビに出ている。挙党一致というより敵をつくる連中ばかりだ」、「『お友達内閣』アゲインだ。とても支えられない」との声が出ている。
 実際、陣営を取り仕切った菅義偉元総務相や甘利明元経済産業相らはかつて安倍内閣を支えた面々だ。その中の一人、塩崎恭久元官房長官は「派閥にとらわれた人事をやってはいけない。若い人を登用してほしい」と訴えた。
 決選投票で争った石破茂氏について、安倍氏は幹事長など党要職に起用する方針だが、各派からは派閥攻撃を繰り返す石破氏について「党内を取りまとめる幹事長には不向きだ」などと、拒否反応が出ている。
外交・安全保障分野などでは共通点も多い両氏だが、路線の違いがネックとなる可能性もある。安倍氏は橋下徹大阪市長が率いる「日本維新の会」について一定の評価をしている。これに対し石破氏は連携が「議論になること自体に違和感がある」と慎重だ。
 5氏乱立となった総裁選では各派閥内にも亀裂が生じており、修復は容易ではない。
 安倍氏自身、出身派閥の町村派(43人)の制止を振り切る形で出馬し、同派は会長の町村信孝元官房長官との分裂選挙になった。決選投票では「脱派閥」を唱える石破氏への反発から安倍氏にまとまって投票した同派だが、感情的なしこりは残る。
 安倍氏としては、1回目の投票から支援してくれた麻生派(12人)、高村派(7人)に加え、決選投票で一致して支持に回った額賀派(28人)への配慮も必要になる。
 安倍氏の党運営に対する党内の懸念を意識し、谷垣禎一前総裁は総裁選後、党本部の総裁室で、安倍氏に「衆院解散を勝ち取り、そこで勝利するためにも、みんなが気持ちを一つにしていける態勢をつくってもらいたい」と注文をつけた。(赤地真志帆)




> 自民党総裁のイスを再びたぐり寄せた安倍晋三元首相だが、「お友達内閣」と批判された首相当時の側近政治から脱却し、挙党態勢を構築できるかが課題となる。

産経新聞も安倍さんを叩き始めたのか?
もう、マスコミは、何処も我ら国民の敵だな。
我々、国民が安倍さんを守ろう。
偏向報道マスコミに負けるな!
民意が勝つ!



安倍さんの実績

若者からの投票が日本を救う!!より転載
http://ainippon.blog.fc2.com/

安倍晋三の実績
http://ainippon.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

就任わずか3カ月で、教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、
就任早々から各国との外交を精力的にこなし、
経団連の圧力に負けずにWCエグゼンプションの対象者を
目標だった年収1000万円以上の近くで踏みとどめ、
それでいて企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせ、
児童福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、
国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、
北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、
パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、
「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも重要な選挙に連勝し、
「女系天皇容認」を白紙に戻し、
「日本海」を「平和の海」に改名しようと提案した盧武鉉大統領の
アホな要求を見事に拒否し、
人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、
国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。
これが、在任1年での功績。しかし、報道されなかった。


安倍晋三2.PNG
ラベル:産経新聞
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック