2012年09月21日

悲喜こもごも総裁選!伸晃は3位危機、安倍&麻生はアキバで大ウケ

悲喜こもごも総裁選!伸晃は3位危機、安倍&麻生はアキバで大ウケ
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120921/plt1209211132004-n1.htm
2012.09.21

自民党総裁選(26日投開票)は、当初は本命とみられた石原伸晃幹事長(55)が失速し、報道各社の中には「第1回投票で3位」と分析する社もある。父親である東京都の石原慎太郎知事らは必死のアドバイスを送っているが、再浮上できるのか。一方、石原氏と激しく競り合う安倍晋三元首相(58)は20日、東京・秋葉原で、盟友の麻生太郎元首相を応援弁士に招いて街頭演説を行い、大ウケだった。多少、悪ノリもあったようだ。
 石原氏は20日、都内の商店街を練り歩き、店頭で1個70円のいなりずしをほおばるなど“庶民派”を演出した。
 しかし、石原陣営関係者は「毎日夕方、陣営幹部がブリーフを行っているが、大したニュースもなく2、3分で終わってしまう。最近は、幹事長番記者が顔を見せないこともある。正直、ドヨ〜ンとした空気が流れている」と雰囲気を語る。
 石原陣営は当初、全国的な「石原ブランド」と派閥横断的な支持を受け、石原氏と党員票でリードする石破茂前政調会長(55)との事実上の一騎打ちに持ち込めるとみていた。
しかし、谷垣禎一総裁を出馬辞退に追い込み「平成の明智光秀」という評価が定着。長老グループに寵愛される立ち位置や、尖閣問題について「(中国は)攻めてこない。誰も住んでいないから」(11日、テレビ朝日系)と発言。漢字の読み間違いを連発して、評価は急落した。
 週刊誌各誌も「石原伸晃よ『軽くてパー』にもホドがある」(週刊文春)、「貫目が足りない『石原伸晃』のおバカ伝説」(週刊新潮)と厳しく報じた。日経新聞は21日朝刊の情勢分析で「石破、安倍、石原」の順に表記しており、石原氏は完全に3番手の扱いだ。
 前出の関係者は「陣営幹部が話し方や政策などいろいろアドバイスしている。慎太郎氏も『もっと堂々としろ。安倍に負けるぞ!』とハッパをかけている。まあ、結果はご覧の通りですよ」と肩を落とした。
 一方、安倍氏はJR秋葉原駅前で、アキバ人気が高い麻生氏とともに街頭演説を行い、約5000人を前に支持を訴えた。20日は麻生氏、21日は安倍氏の誕生日であることから、互いにハッピーバースデーを歌い合うと、聴衆も一緒に歌う大フィーバーぶりだった。
 ただ、麻生氏が「(安倍氏の)健康がどうとか言う人がいっぱいいたけれど、言っていた人の方が倒れた」といい、安倍氏に出馬自重を求めていた町村信孝元官房長官(67)を皮肉ったことは余計だったか。
安倍氏周辺も「安倍さんと町村さんは同じ派閥だし、決選投票では票をもらう必要があるので、刺激する必要はない。悪ノリが過ぎたかなぁ」ともらしていた。


石原伸晃1.PNG

安倍・麻生.PNG



伸晃は、苦戦しているようですな。
それで、いいんです。
安倍さんを応援します。
麻生さんが応援しているとは、頼もしい。
安倍さんが総裁になることを応援します。



ひめのブログで、安倍さんを応援しようと呼び掛けています。
応援メッセージをお願いします。


ひめのブログ
http://000hime.blog74.fc2.com/

■安倍さんを応援する(≧∇≦)
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-532.html
ラベル:総裁選
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック