2012年09月14日

中国監視船6隻、尖閣領海に次々侵入…過去最多

中国監視船6隻、尖閣領海に次々侵入…過去最多
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120914-OYT1T00249.htm?from=main1

14日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内に、中国国家海洋局所属の監視船「海監」6隻が相次いで侵入した。
 同諸島の領海では過去にも中国当局の船舶が侵入を繰り返しているが、海上保安庁によると、6隻が同時に領海に侵入するのは過去に例がないという。政府が11日に同諸島の魚釣島など3島を国有化したことに対する対抗措置とみられる。
 同庁などによると、同諸島の大正島周辺では、午前6時18〜20分頃、監視船の「海監51」「海監66」が北北東約22キロの地点から領海に侵入。
 さらに、大正島から西に約85キロ離れた同諸島の久場島周辺では、同7時6〜15分頃、「海監50」「海監26」「海監27」「海監15」の4隻が領海に侵入した。
 大正島周辺の2隻はいったん、同7時48分頃に領海を出た。午前11時現在、久場島周辺の4隻は領海外に出たが、大正島周辺の2隻が再び、魚釣島沖の領海内に侵入したという。

(2012年9月14日14時31分 読売新聞)




「尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内に、中国国家海洋局所属の監視船「海監」6隻が相次いで侵入した。」とは、大問題ですね。
尖閣諸島を日本固有の領土と知ってのことか?
シナが尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1968年(昭和43年)に尖閣諸島付近海底調査で石油や天然ガスなどの大量地下資源埋蔵の可能性が確認されて以降です。
尖閣諸島領域に領有権問題は存在しないのです。
自衛隊を派遣することは、出来ないものか。
シナの動きは、酷いもんだぞ。
ラベル:尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック