2012年09月06日

地権者の負債が売却の原因か

【尖閣国有化】
地権者の負債が売却の原因か
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120906/plc12090601300000-n1.htm
2012.9.6 01:29 [尖閣諸島問題]

「地権者には親族が失敗したりして、借財もあるんでしょうが、どういう財政事情か知りませんが、石原さんになら売ってよいとおっしゃっていただいた」
 石原慎太郎知事はこれまでの定例会見でこう語っていた。5日には「(地権者が)ちょっと変なことを言い出した」と話し、数日前に電話で話した内容を説明。「『前の地権者から、(尖閣諸島には)何もしないでくれと言われた』ということだった。これまでは漁民のために役に立てばいい、と言っていたのだが」といぶかしんだ。
 関係者や登記簿によると、ある金融機関は地権者の不動産に極度額20億円以上の根抵当を設定。負債が売却の原因になった可能性もうかがえる。
 関係者は「必要な金があり、議会を通すという都の手続きは待てないということか。政府は地権者が必要な金額を調べ、その額を提示したのだろう。20億円ではなく、20億5千万円という額が物語っている」と推測した。



> 関係者や登記簿によると、ある金融機関は地権者の不動産に極度額20億円以上の根抵当を設定。負債が売却の原因になった可能性もうかがえる。
> 関係者は「必要な金があり、議会を通すという都の手続きは待てないということか。
> 政府は地権者が必要な金額を調べ、その額を提示したのだろう。
> 20億円ではなく、20億5千万円という額が物語っている」と推測した。


尖閣諸島問題で振り回されていますが、地権者の負債の問題が浮上していますね。
この問題を追って行かないと、国有化になるのか、東京都が購入するのか、分からない状況になっています。
国有化しても、民主党政権では、尖閣諸島に手を加えないことは、確かなようです。
尖閣諸島を開発する意思がある石原さんが購入して欲しいものです。


ラベル:尖閣諸島
posted by hazuki at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 石原慎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック