2012年08月08日

民主「近い将来、信を問う」 自公に回答 3党党首会談も要請

【政治混迷】
民主「近い将来、信を問う」 自公に回答 3党党首会談も要請
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120808/stt12080810090005-n1.htm
2012.8.8 10:08 [野田首相]

民主党の城島光力国対委員長は8日午前、自民党の岸田文雄、公明党の漆原良夫両国対委員長と国会内で会談した。野田佳彦首相から衆院解散の確約がなければ内閣不信任案と首相問責決議案を提出するという自民党方針に対し、城島氏は「消費税増税法案が成立した暁には、近い将来、信を問う」と回答。3党の党首会談の開催も要請した。
 城島氏の回答に対し、岸田氏は「『近い将来』だけでは分からない」と応じ、より具体的な確約を求めた。党首会談については自公両党は持ち帰った。
 城島氏はまた消費税法案の成立阻止を目指す新党「国民の生活が第一」など自公を除く野党各党が7日に提出した不信任案と問責決議案の否決に協力を求めた。



昨夜、内閣不信任案と問責決議案の提出のニュースがありましたね。

> 城島氏はまた消費税法案の成立阻止を目指す新党「国民の生活が第一」など自公を除く野党各党が7日に提出した不信任案と問責決議案の否決に協力を求めた。

無理、無理!
否決どころか可決に回って欲しいものです。



中小野党、内閣不信任・問責決議案を提出
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0702C_X00C12A8000000/?dg=1
2012/8/7 17:43 (2012/8/7 18:28更新)

国民の生活が第一、共産、社民、みんなの党、新党きづな、新党日本の野党6党は7日夕、社会保障と税の一体改革関連法案の成立を阻止するため、衆院に内閣不信任決議案を提出した。また、国民の生活が第一、みんなの党、共産、社民など自民、公明を除く中小野党は7日夕、野田佳彦首相への問責決議案を参院に提出した。



自民党、不信任・問責提出へ
http://www.sanspo.com/geino/news/20120808/pol12080805030000-n1.html
2012.8.8 05:01

自民党は7日夜、党本部で幹部会合を開き、8日昼までに野田佳彦首相(55)が衆院解散を確約しない限り、同日中に独自の内閣不信任決議案と首相に対する問責決議案を単独提出する方針を確認した。
 これに先立ち、「国民の生活が第一」など中小野党は7日夕、増税法案の成立を阻止するため、不信任決議案を衆院に問責決議案を参院にそれぞれ提出した。
 首相は、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案成立に協力を得るため、自民党の谷垣禎一総裁(67)との党首会談を呼び掛ける方向で調整を続けた。
 自民党は当初、解散確約がなければ、7日にも問責決議案を提出する方針だったが、公明党の慎重姿勢が強く、提出を見送った。
 また、法案を審議する参院特別委員会は8日の採決日程を決めたが、不信任決議案などの提出により行われないことになった。
中小野党提出の不信任決議案採決の衆院本会議は9日夕方以降に、問責決議案の処理はその後になる見通し。自民党が不信任決議案を提出、公明党が最終的に同調しても、民主党から最低でも15人が造反しなければ可決しない。ただ、参院での問責決議案は可決され一体改革法案の審議は空転する可能性が高い。
(紙面から)
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック