2012年07月29日

備蓄タミフル31万人分廃棄へ

備蓄タミフル31万人分廃棄へ
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201207280020.html
'12/7/28

都道府県が備蓄している新型インフルエンザの治療薬タミフルの有効期限が2013年度から順次切れる。中国地方5県では13年度、計31万8千人分(約7億2千万円相当)が捨てられる見通し。広島県の担当者は「もったいないが、備蓄しないわけにはいかない」と複雑な表情を浮かべている。
 広島県は、総備蓄量の2割の11万9千人分(約2億7千万円相当)の期限が切れる。他県の廃棄見通しは、山口6万2千人分▽岡山8万1千人分▽島根3万1千人分▽鳥取2万5千人分―。
 国と都道府県は11年度までに、ほぼ6対4の割合で国民の45%分を備蓄した。有効期限を過ぎると、薬の副作用に補償ができなくなる。国や都道府県は、大流行時だけに使う約束で、メーカーから一般の7割程度の安価で購入。このため、期限間際のものを病院に回すことはできない。
各県は、東南アジアなどで相次ぐ鳥インフルエンザの発生に危機感を持ち、薬は「必要な備え」とする。09年の新型インフルエンザの流行時には薬の不足はほとんどなかった。
 広島県の新型インフルエンザ対策専門家委員会の委員長を務めた広島県医師会の堀江正憲常任理事は「薬に耐性があるウイルスが現れるなどの課題もある。随時、適切な薬と量を検討する必要がある」と指摘している。


 
何だか、勿体無い話ですね。
鳥インフルエンザの発生に危機感を持ち、備えは必要だった訳でしょ。
インフルエンザは、予防接種を受けていても、罹患するのですよ。
予防接種を受けている場合、症状が軽く済みます。
最近の医者は、タミフルを使いたがらない医者が多いようです。
タミフルとインフルエンザの異常行動の因果関係はないと証明されているのに、タミフルを使うのをためらう医者が増えて来ています。
タミフルは、インフルエンザに良く効く薬です。
しかし、使用期限が切れるならば、仕方ないです。



追記

ある方から、「破棄するのではなく、期限間際でも、途上国に支援できるのではないでしょうか?」というご意見がありました。
政府は、破棄するのではなく、途上国へ支援してみては、如何でしょうか?
ラベル:医療
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック