2012年07月22日

わが国には日本の挑発に対抗する資源と手段と手段が十分ある

わが国には日本の挑発に対抗する資源と手段と手段が十分ある(1)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0722&f=politics_0722_004.shtml
2012/07/22(日) 15:13

新華社世界問題研究センターの張煥利研究員はこのほど、中国には日本の挑発に対抗する資源と手段が十分あると論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。
■「尖閣諸島」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  日本は最近、釣魚島(中国側呼称、日本名:尖閣諸島)問題を頻繁に持ち出して中国を挑発しているが、成功の見込みはまったくない。中国には、日本と釣魚島問題において対決する十分な資源と手段があり、政府と民間にも十分な決意がある。釣魚島をめぐる衝突は中国に面倒をもたらすが、日本も心地よい状況にはならない。
  日本政府が断続的に行う故意の挑発に対し、中国は釣魚島海域における存在感を高めるべきである。長期にわたって、日本の海上自衛隊のP−3C哨戒機などは、日本が東シナ海で一方的に定めたいわゆる「中間線」を毎日のように飛び越え、中国側を偵察したり妨害したりしている。中国は同海域における法執行パトロールや軍事演習などを強化すべきである。釣魚島は中国の固有領土であるため、その周辺の12海里内の水域に堂々と入らなければならない。
  日本側が釣魚島で一歩前に出れば、中国は一歩半から二歩進む必要がある。挑発は必ず悪い結果につながり、大きな代償を支払わなくてはならないことを日本にわからせ、軽率な行動に出ないように促すべきである。経済・貿易面の対抗措置も考えられる手段の一つだ。
  2009年の漁船衝突事件により、中国側は日本側との東シナ海ガス田共同開発をめぐる交渉をやむなく取りやめた。これは非常に正しい決断だった。日本は交渉再開を促しているが、中国側は、東シナ海ガス田問題をめぐる交渉を釣魚島問題と同時に進めるべきだ。(続)(編集担当:米原裕子)



わが国には日本の挑発に対抗する資源と手段が十分ある(2)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0722&f=politics_0722_005.shtml
2012/07/22(日) 15:14

新華社世界問題研究センターの張煥利研究員はこのほど、中国には日本の挑発に対抗する資源と手段が十分あると論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。
■「尖閣諸島」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  長年来の事実が示すように、中国・台湾・香港・マカオの「共同で釣魚島を守る」取り組みは、日本及び世界に向けて釣魚島が古来中国の固有領土であることを効果的にアピールしたほか、世界すべての華人の自信を高め、日本政府を行き詰らせる。
  ロシアのプーチン大統領が言うように、ロシアによる南千島群島(日本名:北方四島)の占領は第二次世界大戦の結果であり、日本の返還要求はそれを否定することになる。釣魚島は南千島群島と違い、中国の固有領土だが、第二次世界大戦前に日本が窃取した。
  戦後に出された「カイロ宣言」及び「ポツダム宣言」によると、日本が戦前に窃取した中国の領土は無条件的に中国に返還されるべきであり、釣魚島も対象となっている。ロシアの南千島群島に対する立場に賛同すれば、日本が続ける釣魚島の窃取をけん制することができる。
  中国は琉球(沖縄)全体の主権問題を真剣に考える必要がある。琉球群島の中南部はこれまでずっと日本が信託統治してきたが、主権は日本に属さない。「ポツダム宣言」第8項の補足条項には、「カイロ宣言の条項は履行されなければならず、また、日本国の主権は本州、北海道、九州、および四国ならびにわれらの決定する諸小島に限られなければならない」と記されている。琉球の主権の帰属は、琉球の人びとが自ら決めるべきである。
  目下の釣魚島の情勢は、中国が日本との友好を一方的に求めても無駄で、いわゆる日中友好の実現は日本の間違った言動と戦い、中国が実力をふるって日本に気づかせるしかないことを再び証明している。(終)(編集担当:米原裕子)



本気で戦争をするつもりのようですね。
日本は、核武装が必要でしょう。
資源が余っているならば、尖閣諸島は要らないでしょ。
尖閣問題で文句があるなら、また正当性が有ると主張するなら「ハーグ」に訴えれば良かろう。
また、出たよ、沖縄は、わが領土とな。


中国は、「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告を出しています。

沖縄県民を勝手に「中華民族」にして、琉球自治区の設立を援助するとのことです。


「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告
中華民族琉球自治.PNG

中国が中華民族琉球特別自治区委員会を発足


JSNのWebサイト(沖縄対策本部)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka

JSN■【重大情報】「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/b0f5d29e55f755a158ded2baaae70952


中国共産党の発表(琉球群岛之千年国家战略)が、2011年2月9日のことです。
http://grass.chinaiiss.com/html/20112/9/wa446b.html


ラベル:尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック