2012年07月20日

中川翔子オフィシャルブログより いじめについて

ここ2日間程、ストーカー(ハッカー?)による嫌がらせで、ストーカーが外部から投稿したと思われる記事を削除する為に、睡眠不足の日が続いています。
睡眠時間が2〜3時間の日が続き、その内、倒れそうで御座います。
しかし、ニュースをお届けするのが、私の役目です。


しょこたんこと中川翔子さんのオフィシャルブログに「いじめ」の記事がありますので、転載致します。

中川翔子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/

いじめ
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-11304756272.html

いじめ事件について野田首相がコメントしたんですね、異例の事態、報道、追及どんどんしてほしい。
腐りきった隠蔽、言い訳、そんなものがどんどんなくなっていく世の中になるように…
生徒の声を聞かずにいじめはなかっただの遊びだっただの、恥を知ってほしい

あらゆることで
死人にくちなし
加害者の人権ばかりが優先されるけど被害者は人権を踏みにじられて、命までなくしてしまった、


された側は一生忘れないこと。
いじめなんて言葉におさまりきらない事柄がたくさん隠されようとした問題、徹底的に追及し、ありのままの真実をとにかく明らかにしてほしい

加害児童たちの、遊びのつもりだった、そんなことがまかりとおるなら暴行恐喝など世の中の犯罪も遊びですまされることになる、
命を追い詰めた、失ったこと、一生背負っても足りない。
遊びだったというなら同じ目にあってみろと言いたい
世論が騒がなかったら闇に葬られていた事件だったかもしれないし、まだまだ氷山の一角で、隠蔽されていたいじめ事件によって失われた命がたくさんある。

遅すぎる、すべてにおいて。命が失われてからじゃ遅すぎる。

教師が、学校が、
まともな対処をしないと生徒にとっては学校が世界のすべてになってしまうのだから。
学校が世界のすべてではないのに。

まだまだ現在も、言えなくて苦しみ続けている人たちもたくさんいると思う

そんなやつらのせいで死ぬという選択だけはしないでほしい
絶対に、生きる価値がいっぱいいっぱい未来にはある
いじめをする下らないやつの人生よりよっぽど幸せな未来が待っているから、、

隠蔽を許してはいけない
ありのままの真実を

そして命を追い詰めたことの重さを。


ラベル:事件
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック