2012年07月19日

拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査

拉致問題の認知度96% 内閣府が初の世論調査
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071919440009-n1.htm
2012.7.19 19:44

 内閣府が19日に発表した北朝鮮による拉致問題に関する初の世論調査によると、拉致問題について「聞いたことがあり、内容も知っている」との回答が96・1%に上った。広報・啓発活動で取り上げてほしい内容は、「解決に向けた国の制度や取り組み」の79・2%がトップで、「首相や閣僚の考え」が48・0%で続き、問題解決への政府の強い対応が求められていることがうかがえた。
 拉致問題を知ったきっかけはテレビ99・3%、新聞83・3%の順で、本や雑誌などの出版物32・1%を大きく上回った。広報・啓発活動に「参加したい」は39・6%、「参加したくない」は55・9%。若い世代への啓発のため、「学校教育」(64・2%)、「インターネットなどを用いた広報」(54・7%)の充実を求める声が多かった。
 調査は全国20歳以上の3千人を対象に6月7〜17日に面接聴取方式で行った。



民主党になってから、拉致問題が取り上げれませんな。
それどころか、鳩ポッポが1000万円、菅が6250万円、拉致容疑者親族周辺団体へ献金しています。
菅は、よど号ハイジャック犯と近い関係があります。
辻元清美でよく耳にするのが、「ピースボート」、そして辻元が給与詐欺を働いたその金の行方が一部日本赤軍へ流れたとの報道もあります。
辻元は、国際交流団体ピースボート設立者です。
元日本赤軍メンバーで第三書館社長のテロリスト北川明と内縁関係にあるといわれ、辻元は第三書館の取締役に就任したこともあります。
色んな意味で、北朝鮮寄りなので、解決へ向かわないのです。
社民党(旧社会党)の土井たか子は、北朝鮮の拉致事件に対して 、「労働党からですね今にしてはっきりしたことは間違ったことを言われ続けてきたということでしょ? 拉致という事実はございませんといわれ続けてきたわけですからしたがってそれに対して社会党、社民党自身が更に追求を、十分な形でしてきたかというと率直にその辺は十分とは言えない」と発言したとか。
日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認めたことから、それまで北朝鮮擁護・日本人拉致は捏造と主張してきた社民党(旧社会党)は完全に国民からの支持を失っています。
北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者、約460人のうち、出身校が重なっている人が延べ 40人いることが明らかになりました。
また、特定失踪者問題調査会は、失踪者を中学や高校、大学など出身校別に分類したリストを公開しました。
リストによると、全失踪者、約460人のうち、中学、高校、大学など出身校が重なるケースが15件、延べ40人います。
うち8人は、当時、京都市内にあった立命館大学出身で、ほとんどが経済学部でした。
調査会は、失踪者全体の1割近くで出身校が重なっていることは偶然とは言えず、学校関係者や周辺に拉致にかかわった工作員や協力者がいた可能性が高いとみています。
この問題は、拉致に関わった工作員を捕まえる為に、「スパイ防止法」が必要なレベルです。


ラベル:拉致問題
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック