2012年07月08日

渋谷にアノニマス 仮面つけ無言の“抗議”

渋谷にアノニマス 仮面つけ無言の“抗議”
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120707/trd12070711230016-n1.htm
2012.7.7 11:22 [ネット犯罪]

違法ダウンロードを刑事罰化した改正著作権法に抗議して、政府機関などへのサイバー攻撃を表明した国際的ハッカー集団「アノニマス」の集会が7日、東京都渋谷区神宮前で行なわれた。アノニマスのシンボルとなっている仮面をつけた賛同者らが多数集まり、無言の“抗議活動”を行なった。
 集会はアノニマスがインターネット上で「清掃活動」と称して呼びかけた。漫画や映画「Vフォー・ヴェンデッタ」のキャラクター「ガイ・フォークス」の仮面をつけ、黒服を着た賛同者ら50人近くが集結。改正著作権法を「ゴミ」と見立てゴミ拾いを行なう一方で、プラカードなどは持たず、無言で周囲を歩いた。
 アノニマスは「匿名」を意味し、言論の自由などを掲げて抗議活動をする一方でサイバー攻撃などを展開。固定的な組織などはないとされるが、英語圏にメンバーが多いといわれ、欧米ではメンバーとみられる男らが逮捕されるなどしている。



日本にやって来ました。
産経新聞は、「ネット犯罪」扱いしないで下さい。
アノニマスは、正論を言っているのですよ。
10月1日からのDVDリッピング違法化&違法DL刑罰化、改正著作権法が可決・成立がおかしいのですよ。
国民を愚弄しています。
インターネットでダウンロードしたら、犯罪者扱いですよ。
拙ブログは、YouTubeとニコニコ動画のプラグインをしていますから、幇助の罪になるかも知れないのですよ。
どれだけ罰金刑に科せられるか判らないですし、お金がなければ、刑務所にぶち込まれて、不味いメシでも食べてなければいけないのでしょうか?
そもそも、違法かどうかが判らない状態で違法だという法案が成立したのですよ。
アノニマスのメンバーが提案していたように、「現実の世界で、日本の人々は抗議するべきです!サイト攻撃ではなくデモで!チラシで!座り込み抗議でも!何もしないなら、何もが変わらない!今すぐインターネットを保護しないと、すべてを失う!」とのことですから、本来ならば、国民が抗議すべきなのです。
ありがとう、アノニマスの皆さん、感謝します。
ラベル:アノニマス
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック