2012年06月30日

北の対日工作 スパイ防止の法整備急げ

北の対日工作 スパイ防止の法整備急げ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120623/plc12062303090001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120623/plc12062303090001-n2.htm
2012.6.23 03:08 [主張]

兵庫県の中小企業支援制度を悪用し、融資金をだまし取った容疑で、運送会社社長らが大阪府警に逮捕された。
 単なる詐欺事件ではない。容疑者の社長は元在日朝鮮人で、北朝鮮の工作機関からの指示で、さまざまな工作活動を行った疑いが持たれている。脱北者の情報を得るために潜入した民間団体の責任者を中国で拉致しようと企てた疑惑も浮上している。
 府警には、工作機関からの指示の中身や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係などについても、徹底解明を求めたい。
 日本での北朝鮮工作員によるとみられる事件は後を絶たない。工作船を使って海岸から密入国を企てたケースが多い。横田めぐみさんらの拉致も、これら工作員の犯行である。
 時々、工作員が外国人登録法違反などの容疑で逮捕されることがあるが、多くは微罪のため、短期間で北に帰っている。
 朝鮮総連も北の統一戦線部に直結する組織として、工作活動に関与してきた。関連組織の幹部や朝鮮学校の元校長が直接、日本人拉致にかかわったこともある。
 北朝鮮工作員に限らない。先月末には、在日中国大使館の1等書記官が外国人登録証明書を不正に使って銀行口座を開設した容疑で警視庁に出頭を求められたが、大使館が拒否し、書記官は帰国した。書記官は日本でスパイ活動を行った疑惑が否定できない。
20日には、プレス機械の図面データを中国企業に流出させたとする不正競争防止法違反容疑で、川崎市の機械メーカー元課長らが神奈川県警に逮捕された。別の容疑者の銀行口座に中国企業から金が振り込まれており、産業スパイの可能性が濃厚である。
 さらに深刻な問題は、防衛、外交機密など日本の国益や安全保障にかかわる重大な情報漏洩(ろうえい)を取り締まる法律が不備なことだ。
 自衛隊法や国家公務員法など個別の法律でそれぞれ守秘義務を求めているが、日米相互防衛援助協定(MDA)に伴う秘密保護法に比べ、罰則が極めて甘い。
 米国では戦時の国防情報を漏らした場合、最高刑は死刑だ。英国やフランス、ドイツでも、国家機密漏洩への罰則は総じて重い。
 日本も、北や中国の工作活動を取り締まり、機密漏洩を防ぐ抜本的な法整備が急務である。



横田めぐみさんの拉致に関わった工作員のことも書いています。
朝鮮総連も拉致に関わっていますね。
関連組織の幹部や朝鮮学校の元校長が直接、日本人拉致に関わっています。
北朝鮮の工作員の活動を取り締まる為に、日本も「スパイ防止法」の制定を急ぐべきです。
米国では戦時の国防情報を漏らした場合、最高刑は死刑だそうですよ。


【スパイ天国】スパイ防止法の制定を急げ![桜H24/6/1]


チャンネル桜より

李春光1等書記官によるスパイ疑惑が明らかになったが、一説によれば、日本国内に入り込んでいる中国スパイは3万人に昇るという。それもこれも日本にはスパイ防止法が無く、外国のスパイがリスク無く活動できる環境にあるからである。日本をまともな国にするたえにも、一刻も早いスパイ防止法の制定を求めます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/topix/538.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/
ラベル:スパイ防止法
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック