2012年06月24日

公海と深海の資源を確保せよ!専門家が提言する中国海洋戦略―中国紙

公海と深海の資源を確保せよ!専門家が提言する中国海洋戦略―中国紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=62369&type=
配信日時:2012年6月24日 15時2分

2012年6月22日、中国青年報は記事「海洋発展戦略を専門家が提言=公海と深海を目指せ」を掲載した。
先日、「深海を目指す=海洋エネルギーの中国戦略」をテーマにしたフォーラムが開催された。エネルギー資源をめぐる海洋権益競争が激化する中、深海を目指すのは中国にとっても必然の策になると専門家は提言している。
中国大洋境界の金建才(ジン・ジエンツァイ)事務局長は地球の表面積の49%は人類共有の財産である公海であり、公海の自由原則にのっとって中国は開発を進めるべきだと説いている。
今年5月、中国海洋石油は南シナ海に深海探査プラットフォームを設置した。南シナ海には中国の石油・天然ガス埋蔵量の3分の1が眠っているとみられるが、その70%は深海に眠っている。深海こそが海洋エネルギー資源開発のカギとなる。
中国工程院院士、元中国海洋石油総公司副総経理の周守(ジョウ・ショウ)氏は「深海の大慶油田」を作ることが目標だと明かした。20年までに南シナ海深海地域のエネルギー資源採掘量を原油換算で4000〜5000万トン、すなわち大慶油田クラスにまで向上させる計画だ。(翻訳・編集/KT)



国際法を無視しとるな。
公海(世界の海)は、俺様のものだと。
シナの海洋侵犯には、世界中で対応をしなければならない。
公海と深海の確保ではなく、略奪な。
ならず者国家め!
ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック