2012年06月13日

仙谷氏のセクハラ発言と認定 週刊誌記事の訴訟

仙谷氏のセクハラ発言と認定 週刊誌記事の訴訟
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061201002041.html

セクハラ発言があったとする週刊文春と週刊新潮の記事は名誉毀損として、民主党の仙谷由人政調会長代行が文芸春秋と新潮社にそれぞれ1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は12日、「自身の男性機能についてあからさまな表現で発言した」と認め、請求をいずれも棄却した。

 問題となったのは、両誌の2011年1月13日号の記事。10年末に首相官邸で開かれた記者との懇談会で、当時官房長官の仙谷氏が女性記者にセクハラ発言を繰り返したなどとする内容だった。

 宮坂昌利裁判長は、記事の細部の真実性は否定したが「セクハラと受け取られかねない言動があったという根幹部分は真実だ」と指摘した。

2012/06/12 18:11 【共同通信】



もうね、セクハラはするわ、「自衛隊は暴力装置」発言するわ、中国の船長を日本の法律で裁くことなく釈放するわ、消費税を15%にする発言するわ、「農協はTPP反対でわめいている」発言をするわ、他にも色々とあり過ぎるでしょ。
本当に弁護士だったの?
議員を辞めた方が良いと思いますよ。


仙石由人part1.PNG
ラベル:仙石由人
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック