2022年07月20日

共産 小池書記局長 “議員は旧統一教会と関わるべきではない”(NHKニュース2022年7月19日)

共産 小池書記局長 “議員は旧統一教会と関わるべきではない”(NHKニュース2022年7月19日)

共産 小池書記局長 “議員は旧統一教会と関わるべきではない”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220719/k10013726851000.html


2022年7月19日のNHKニュースより転載

安倍元総理大臣の銃撃事件で逮捕された容疑者の母親が入信している「世界平和統一家庭連合」=旧統一教会について、共産党の小池書記局長は、社会的に多くの問題を起こしていると指摘し、国会議員は選挙で応援を受けるなどの関わりを持つべきではないという考えを示しました。

共産党の小池書記局長は記者会見で「世界平和統一家庭連合」=旧統一教会について「霊感商法や集団結婚など、社会的に多くの問題を起こし多数の被害者を生んできた。高額な献金の強要や正体を隠して行う伝道は裁判でも違法性が指摘されてきた問題だ」と述べました。

そのうえで「自民党などの多くの国会議員が関連団体の集会に参加したりメッセージを送ったりしてきたことが明らかになっているが、このような集団とは金銭的なつながりや選挙で応援を受けることなども含め、一切の関わりを持つべきではない」と述べました。


小池晃・旧統一教会に言及.PNG
共産党の小池晃書記局長



安倍元総理大臣の銃撃事件で逮捕された容疑者の母親が入信している「世界平和統一家庭連合」=旧統一教会について、共産党の小池書記局長は、社会的に多くの問題を起こしていると指摘し、国会議員は選挙で応援を受けるなどの関わりを持つべきではないという考えを示した。

自民党は統一教会に関わりを持つ議員がいますね。
私は8年程前に、統一教会が配っていた本を家に持ち帰ったことがあります。
安倍元首相が統一教会と関わりが深いということを知っていたので、どんな宗教なのだろうと興味があったからです。
今から5年程前に主人(2019年2月3日に永眠)が私が統一教会が配っていた本を持っていることを知って、子供に影響があるので捨てるように言われて捨てました。
殆ど、読んでなかったので、洗脳されなくて良かったと思います。
国会議員は統一教会と関わりを持つべきではないですね。

旧統一協会系集会にメッセージ 安倍前首相「総裁に敬意」 宣伝利用で霊感商法被害拡大の恐れ(赤旗2021年9月18日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/489652623.html

2021年9月18日に赤旗が報道した内容は、こちらです。




関連

旧統一協会系集会にメッセージ 安倍前首相「総裁に敬意」 宣伝利用で霊感商法被害拡大の恐れ(赤旗2021年9月18日)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/489652623.html
ラベル:小池晃
posted by hazuki at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田首相 IMF専務理事と会談“物価高騰に機動的な財政運営を”(NHKニュース2022年7月19日)

岸田首相 IMF専務理事と会談“物価高騰に機動的な財政運営を”(NHKニュース2022年7月19日)

岸田首相 IMF専務理事と会談“物価高騰に機動的な財政運営を”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220719/k10013725431000.html


2022年7月19日のNHKニュースより転載

岸田総理大臣はIMF=国際通貨基金のゲオルギエワ専務理事と会談し、ロシアのウクライナ侵攻による世界的な物価高騰に、G7=主要7か国をはじめとする国際社会とともに対応し、国内でも機動的な経済財政運営を行っていく考えを示しました。

会談は、19日午前、総理大臣官邸でおよそ20分間、行われました。

この中で岸田総理大臣は、ロシアのウクライナ侵攻による世界的な物価高騰をめぐり「G7をはじめとする国際社会とともに対応すると同時に、国内でも景気や物価の状況に応じ機動的な経済財政運営を行っていく」と述べました。

そのうえで「『新しい資本主義』のもとで、官民が連携して格差や気候変動といった社会課題を成長のエンジンとして、持続可能な経済社会をつくっていく。来年、G7サミット=主要7か国首脳会議を広島で開催する予定にしており、IMFとともに有意義な議論を行いたい」と協力を求めました。

これに対し、ゲオルギエワ専務理事は、参議院選挙の応援演説中に銃で撃たれて亡くなった安倍元総理大臣への弔意を示したうえで「われわれは現下、世界経済の未来について真剣に検討している。岸田総理大臣が掲げる『新しい資本主義』にも期待しており、大きな力になると思う」と述べました。


IMFのゲオルギエワ専務理事と岸田文雄.PNG
IMFのゲオルギエワ専務理事と岸田文雄首相



岸田総理大臣はIMFのゲオルギエワ専務理事と会談し、ロシアのウクライナ侵攻による世界的な物価高騰に、G7をはじめとする国際社会とともに対応し、国内でも機動的な経済財政運営を行っていく考えを示した。
会談は、19日午前、総理大臣官邸でおよそ20分間、行われた。

ゲオルギエヴァIMF専務理事による表敬(総理の一日)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202207/19hyoukei.html

更新日:令和4年(2022年)7月19日

「令和4年7月19日、岸田総理は、総理大臣官邸でIMF(国際通貨基金)のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ専務理事による表敬を受けました。」




参考リンク

ゲオルギエヴァIMF専務理事による表敬(総理の一日)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202207/19hyoukei.html
ラベル:岸田文雄
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸田首相 サウジアラビア外相と面会 原油市場安定へ協力要請(NHKニュース2022年7月19日)

岸田首相 サウジアラビア外相と面会 原油市場安定へ協力要請(NHKニュース2022年7月19日)

岸田首相 サウジアラビア外相と面会 原油市場安定へ協力要請
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220719/k10013725501000.html


2022年7月19日のNHKニュースより転載

ウクライナ情勢の影響で原油価格が高止まりする中、岸田総理大臣はサウジアラビアのファイサル外相と面会し、原油市場の安定化に協力を求めたのに対し、ファイサル外相も応じる意向を示しました。

岸田総理大臣は、19日午前、総理大臣官邸で日本を訪れているサウジアラビアのファイサル外相とおよそ15分間、面会しました。

この中でファイサル外相は、参議院選挙の応援演説中に銃で撃たれて亡くなった安倍元総理大臣に哀悼の意を示したうえで「サウジアラビアは常に日本とともにあり、日本との関係を一層強化していきたい」と述べました。

これに対し、岸田総理大臣は、サルマン国王やムハンマド皇太子からの弔電も含めて謝意を伝え、サウジアラビアとの友好関係をさらに発展させたいという考えを伝えました。

そして、ウクライナ情勢の影響で原油価格が高止まりする中、原油市場の安定化に協力を求めたのに対し、ファイサル外相も応じる意向を示しました。

ファイサル外相「増産する余地はある」

岸田総理大臣と面会したサウジアラビアのファイサル外相は、19日午後、都内で報道陣の質問に答え「今回の訪問の理由の一つは、パンデミック以前のような両国関係の勢いを維持し、未来へ向けた協力を確認するためだ」と述べ、日本とのさらなる関係強化に意欲を示しました。

また、原油価格が高騰する中、サウジアラビアなどの産油国に増産を求める声が強まっていることについては「サウジアラビアとOPECプラスは、必要があると判断すれば、現在、増産する余地はある。OPECプラスは今、短期的に対応すべき供給不足が原油市場で起きていないか、見極めている」と述べるとともに「エネルギー安全保障はサウジアラビアが日本を含むパートナーと常に取り組んできたことだ」と強調しました。


サウジアラビアのファイサル外相と岸田文雄.PNG
サウジアラビアのファイサル外相と岸田文雄首相



ウクライナ情勢の影響で原油価格が高止まりする中、岸田総理大臣はサウジアラビアのファイサル外相と面会し、原油市場の安定化に協力を求めたのに対し、ファイサル外相も応じる意向を示した。
岸田総理大臣は、19日午前、総理大臣官邸で日本を訪れているサウジアラビアのファイサル外相とおよそ15分間、面会した。

ファイサル・サウジアラビア外務大臣による表敬(総理の一日)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202207/19saudiarabia.html

更新日:令和4年(2022年)7月19日

「令和4年7月19日、岸田総理は、総理大臣官邸でサウジアラビア王国のファイサル・ビン・ファルハーン・アール・サウード外務大臣による表敬を受けました。」

ファイサル・サウジアラビア外相による岸田総理大臣表敬(外務省)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page3_003377.html

「7月19日、午前10時25分から約15分間、岸田文雄内閣総理大臣は、訪日中のファイサル・ビン・ファルハーン・アール・サウード・サウジアラビア外相(H.H. Prince Faisal bin Farhan Al-Saud, Minister of Foreign Affairs, the Kingdom of Saudi Arabia)の表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

冒頭、ファイサル大臣から、今般の安倍元総理大臣の逝去に対して、サウジアラビア国民を代表して心から哀悼の意を表するとの言葉がありました。その上で、サウジアラビアは常に日本と共にあり、日本との関係を一層強化していきたい旨述べました。
これに対し、岸田総理大臣から、ファイサル大臣の訪日や、安倍元総理大臣の逝去に対するサルマン国王及びムハンマド皇太子からの弔電に深い謝意を述べました。また、「日・サウジ・ビジョン2030」の下、戦略的パートナーであるサウジアラビアとの友好関係を更に発展させていきたい旨述べました。
更に、岸田総理大臣から、サウジアラビアからの原油の安定供給に対し謝意を表明するとともに、国際原油市場の安定化に向けた引き続きの協力を要請し、ファイサル大臣から、日本とサウジアラビアの戦略的パートナー関係は強固であり、国際原油市場の安定化を含め、日本と引き続き協力していきたいとの意向が示されました。」

[サウジ国王来日] 日・サウジが「日・サウジ・ビジョン2030」で合意 中東市場開拓へ規制緩和促す 脱石油依存を後押し 経済特区創設で日本進出促進
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/447887299.html

「日・サウジ・ビジョン2030」については、こちらです。




参考リンク

ファイサル・サウジアラビア外務大臣による表敬(総理の一日)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202207/19saudiarabia.html

ファイサル・サウジアラビア外相による岸田総理大臣表敬(外務省)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page3_003377.html
ラベル:岸田文雄
posted by hazuki at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする