2021年07月29日

竹中直人が開会式をドタキャンしていた!36年前の障害者コントを問題視

竹中直人が開会式をドタキャンしていた!36年前の障害者コントを問題視
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/292595


2021年7月29日の日刊ゲンダイより転載

 東京五輪開会式の辞任ドミノはまだ続いていた。俳優の竹中直人(65)が、開会式の本番前日の7月22日に出演を辞退していたことが明らかになった。週刊文春が報じたもので、竹中のマネジャーも同誌に辞退の事実を認めた。

 竹中は85年に発売した「竹中直人の放送禁止テレビ」というオリジナルビデオで障害者や女性をやゆするようなコントを演じており、これが辞退の理由となった。

 五輪の開会式を巡っては中高時代のいじめ発言が問題視され、作曲担当だった小山田圭吾氏が19日に辞任。さらに22日にはショーディレクターだった小林賢太郎氏が過去にホロコーストをやゆするようなコントを演じていたとして解任されていた。竹中は開会式冒頭で真矢ミキとともに深川の大工の棟梁を演じるはずだったがドタキャンとなった。

「恐ろしく人見知りでナイーブな性格」

「映画やコントは台本があるからどんな弾けた演出や役柄でも役者として振る舞えますが、普段の竹中さんは恐ろしく人見知りでナイーブな性格です。小山田氏に続いて小林氏のコントまでもが問題になり、自身の過去作品についても許されないと判断したのでしょう」(映画関係者)

 辞任ドミノはどこまで続くのか。


竹中直人.PNG



東京五輪開会式の辞任ドミノはまだ続いていた。
俳優の竹中直人(65)が、開会式の本番前日の7月22日に出演を辞退していたことが明らかになった。
週刊文春が報じたもので、竹中のマネジャーも同誌に辞退の事実を認めた。

竹中直人が「五輪開会式」出演を前日に辞退  理由は「放送禁止テレビ」
https://bunshun.jp/articles/-/47423

2021年7月28日の週刊文春の報道です。
「俳優の竹中直人(65)が、本番前日の7月22日に、過去に障がい者や女性を揶揄するようなコントを演じていたことを理由に、自ら申し出て出演を辞退していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。
(省略)
「小山田氏の問題が発覚してから、組織委員会は慌てて開会式スタッフの“身体検査”を行いました。それに引っかかったのではないか。実際、竹中は1985年に『竹中直人の放送禁止テレビ』というオリジナルビデオを発表していますが、障がい者を揶揄するようなコントを演じているのです」
(省略)
映像には、信号機のメロディを頼りに横断歩道を渡る視覚障がい者を揶揄するように、竹中をはじめとした一行がリズミカルに白杖を振り回し、笑いを取る場面が収められている。また、屍姦四十八手として、竹中が死体を模したセーラー服姿のマネキンに様々な性的いたずらをするコントもあった。」

視覚障がい者を揶揄するように、竹中をはじめとした一行がリズミカルに白杖を振り回し、笑いを取る場面が「放送禁止テレビ」で放送された。
これはアウトですね。

竹中直人が開会式直前に出演辞退、過去の出演作で障害者を揶揄 組織委「今の状況の中で避けられない判断」
https://hochi.news/articles/20210729-OHT1T51164.html

2021年7月29日のスポーツ報知の報道です。
私はスポーツ報知の報道で竹中直人のことが問題になっていることに気が付きました。
「放送禁止テレビ」は見たことがありません。
「竹中直人」で検索して文春の報道に辿り着きました。
posted by hazuki at 22:53| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする