2021年07月08日

DAIGOが後継者か 竹下亘氏の不出馬で政界転身待望論高まる

DAIGOが後継者か 竹下亘氏の不出馬で政界転身待望論高まる

DAIGOが後継者か 竹下亘氏の不出馬で政界転身待望論高まる
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3394479/


2021年7月8日の東スポより転載

 時は来た――。自民党の竹下亘元総務会長(74)の次期衆院選への不出馬が発表され、ついにあの男の出番かと永田町がざわついている。タレントでミュージシャンのDAIGO(43)の待望論が巻き起こっているのだ。

 自民党島根県連は8日、竹下氏の次期衆院選不出馬、政界引退を発表した。竹下氏は2019年に食道がんの治療で、一時現場から退いたものの復帰していたが、その後も体調は万全でなく、今期限りで身を引くという。

 竹下氏は島根2区が地盤で、実兄は故・竹下登元首相になる。竹下王国≠誰が引き継ぐかで、永田町の話題は持ち切りだ。

 自民党関係者は「全国的には公募の流れがあるが、島根の土地に至っては、血筋を重んじる風潮がある。竹下ブランド≠ヘ別格。当然、本命候補はDAIGOになりますよ」と明かす。DAIGOの祖父は竹下元首相で、幼いころから溺愛されていた。「竹下登の孫」のキャラクターを前面に出したことで、ブレークした経緯もある。
 
 竹下氏の健康問題が取りざたされるたびにDAIGO出馬論は飛び出していたが、ついに正式に引退表明したことで、その機運は一気に高まっている。


DAIGO.PNG



「自民党の竹下亘元総務会長(74)の次期衆院選への不出馬が発表され、ついにあの男の出番かと永田町がざわついている。タレントでミュージシャンのDAIGO(43)の待望論が巻き起こっているのだ。」(東スポ)
竹下登、竹下亘、次はDAIGOか?
DAIGOが自民党の候補になったら、応援は出来ないと思います。




参考

自民 竹下亘 元総務会長 政界引退へ 次の衆院選は立候補せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482375497.html
ラベル:芸能人 DAIGO
posted by hazuki at 22:00| Comment(0) | インターネット全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民 竹下亘 元総務会長 政界引退へ 次の衆院選は立候補せず

自民 竹下亘 元総務会長 政界引退へ 次の衆院選は立候補せず

自民 竹下亘 元総務会長 政界引退へ 次の衆院選は立候補せず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210708/k10013126671000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013


2021年7月8日のNHKニュースより転載

自民党竹下派の会長を務める竹下亘 元総務会長はみずからの体調を理由に、次の衆議院選挙には立候補せず、政界を引退することになりました。

竹下元総務会長は、みずからの体調を理由に、秋までに行われる衆議院選挙に立候補せず、政界を引退する意向を固めました。

そして、8日、竹下派の幹部が記者会見して、竹下氏のメッセージを代読しました。

この中で竹下氏は「病魔におそわれ、体力・気力が衰え、自信を持って働くことができない状態だ。次の世代の若い人にしっかりとバトンを引き継ぎ、ふるさと日本を背負い続けていただきたい」としています。

また、今後の派閥の運営については「仲間たちとしっかり話し合い、引き続き政治のど真ん中で、汗をかく政策集団であり続けたいと切望する」としています。

竹下派の会長代行を務める茂木外務大臣は「極めて残念だが、体のことであり、判断を重く受け止めなければならない。竹下氏の功績や思いを、まとまって引き継いでいきたい」と述べました。

竹下氏は、衆議院島根2区選出の当選7回で74歳。

竹下登元総理大臣の弟で、平成12年の衆議院選挙で初当選し、これまでに復興大臣や、党の総務会長、国会対策委員長などを歴任しました。

平成30年からは、竹下派の会長を務め、おととし1月には食道がんであることを公表して治療にあたり、その後は政治活動を再開していました。

竹下派では、8日夕方臨時の総会を開いて対応を協議することにしています。

竹下亘元総務会長とは

自民党の竹下亘元総務会長は、およそ50人の議員が所属する竹下派の会長です。

NHKの記者を経て、兄の竹下登元総理大臣の政界引退に伴い、平成12年の衆議院選挙で初当選しました。

地元の島根県は「竹下王国」とも呼ばれ、保守地盤が強固なことで知られています。

現在当選7回でこれまで復興大臣のほか、党の総務会長や国会対策委員長など要職を歴任しました。

おととし1月には、食道がんであることを公表し、およそ10か月、入院するなどして治療にあたったあと、政治活動を再開していましたが、ことし春ごろから、国会審議や派閥の会合の欠席が続いていました。

愛煙家としても知られる竹下氏は、国会対策委員長当時、受動喫煙対策を強化する法案をめぐり「たばこ大好き人間としては、いかがなものかなという思いをずっと持ち続けている。すべてのエリアで禁煙にすると言われたら、私はどう生きていけばいいのか」と冗談交じりに話していました。

温厚で柔和な人柄で、病気の影響で以前のように声が出なくても、派閥の所属議員の選挙応援に駆けつけるなど、面倒見のよさで慕われていました。


竹下亘・政界引退へ.PNG



自民党竹下派の会長を務める竹下亘 元総務会長は自らの体調を理由に、次の衆議院選挙には立候補せず、政界を引退することになった。
8日、竹下派の幹部が記者会見して、竹下氏のメッセージを代読した。
竹下氏は、衆院島根2区選出の当選7回で74歳。
竹下登元総理大臣の弟。
島根県は「竹下王国」。
次は誰が衆院島根2区から出馬するか。

[種子法廃止] 竹下亘前総務会長が市民団体に懺悔 「種子法」復活に光か?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/462644024.html

竹下亘は種子法廃止の中身が分からず賛成に起立した1人です。

[北朝鮮ミサイル] 自民・竹下亘氏、ミサイル「島根に落ちても何の意味もない」 発言撤回せず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/453218460.html

「竹下亘総務会長は(2017年9月)4日、北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画を巡り「広島はまだ人口がいるが、島根に落ちても何の意味もない」とした自身の発言について「どこが不適切なのか」と述べ、撤回する考えがないことを改めて表明した。」

竹下ブランドで次はDAIGOか?
ラベル:竹下亘
posted by hazuki at 21:26| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[横浜市長選] 田中康夫氏が出馬表明 IR誘致に反対

[横浜市長選] 田中康夫氏が出馬表明 IR誘致に反対

田中康夫氏が横浜市長選出馬表明 IR誘致に反対
https://nordot.app/785768891459207168?c=39546741839462401


2021年7月8日の共同通信より転載

 作家の田中康夫氏は8日、8月の横浜市長選に立候補すると正式表明した。争点となるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に関しては、市民の賛同が得られていないとして反対する考えを示した。

田中康夫1.PNG



作家の田中康夫氏は8日、8月の横浜市長選に立候補すると正式表明した。
争点となるカジノを含むIR誘致に関しては、市民の賛同が得られていないとして反対する考えを示した。

[横浜市長選] 林文子市長が立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482372136.html

カジノを含むIR誘致に賛成なのは、林文子氏の他にいるだろうか?

[横浜市長選] 小此木国家公安委員長 立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482094661.html

小此木八郎氏は頑張らないと田中康夫氏と林文子氏に負けてしまう。




参考

[横浜市長選] 林文子市長が立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482372136.html

[横浜市長選] 小此木国家公安委員長 立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482094661.html
posted by hazuki at 17:26| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[横浜市長選] 林文子市長が立候補の意向固める

[横浜市長選] 林文子市長が立候補の意向固める

横浜市長選挙 林文子市長が立候補の意向固める
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210707/1000066951.html


2021年7月7日のNHKニュースより転載

ことし8月に行われる横浜市の市長選挙に現職の林文子市長がカジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致を推進する立場で4期目を目指して立候補する意向を固めました。

横浜市長選挙をめぐっては、これまで林氏を支援してきた自民党の地元組織が先月多選などを理由に支援しない方針を伝えた一方、経済界などからは林氏の立候補を求める声があり対応が注目されていました。
関係者によりますと、林氏はIR=統合型リゾート施設の誘致に加え、新型コロナウイルス対策など、重要な課題で安定的に市政運営を継続していく必要があるなどとして、立候補する意向を固めたということです。
林氏は75歳。
大手スーパーの会長や自動車販売会社の社長などを経て平成21年の市長選挙で初当選しこれまで3期務めています。

横浜市長選挙にはこれまでに
横浜市議会議員の太田正孝氏(75)
前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)
水産仲卸会社社長の坪倉良和氏(70)
元衆議院議員の福田峰之氏(57)
動物愛護団体代表理事の藤村晃子氏(48)
元横浜市立大学教授の山中竹春氏(48)
が立候補を表明しています。


林文子・横浜市長選・立候補..PNG



今年8月に行われる横浜市の市長選挙に現職の林文子市長がカジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致を推進する立場で4期目を目指して立候補する意向を固めた。
経済界などからは林氏の立候補を求める声があり対応が注目されていた。
林氏は75歳。

[横浜市長選] 小此木国家公安委員長 立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482094661.html

小此木八郎氏は頑張らないと林氏に負けてしまう。




参考

[横浜市長選] 小此木国家公安委員長 立候補の意向固める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/482094661.html
posted by hazuki at 16:54| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする