2021年05月18日

[ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案] 5月18日、改正ストーカー規制法が成立 GPS悪用、対象に追加 8月にも全面施行

[ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案] 5月18日、改正ストーカー規制法が成立 GPS悪用、対象に追加 8月にも全面施行

衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=52078&media_type=

2021年4月28日 (水)
内閣委員会 (3時間12分)

案件:
内閣の重要政策に関する件
公務員の制度及び給与並びに行政機構に関する件
栄典及び公式制度に関する件
男女共同参画社会の形成の促進に関する件
国民生活の安定及び向上に関する件
警察に関する件
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案(204国会閣41)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 木原誠二(内閣委員長)  9時 00分  01分
 今井雅人(立憲民主党・無所属)  9時 00分  30分
 後藤祐一(立憲民主党・無所属)  9時 30分  31分
 塩川鉄也(日本共産党)  10時 01分  21分
 柚木道義(立憲民主党・無所属)  10時 22分  32分
 高井崇志(国民民主党・無所属クラブ)  10時 54分  15分
 江田康幸(公明党)  11時 09分  16分
 長尾敬(自由民主党・無所属の会)  11時 25分  25分
 足立康史(日本維新の会・無所属の会)  11時 50分  17分
 小此木八郎(国家公安委員会委員長 国土強靭化担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(防災 海洋政策))  12時 07分  03分

答弁者等
大臣等(建制順):
 加藤勝信(内閣官房長官 沖縄基地負担軽減担当 拉致問題担当)
 河野太郎(行政改革担当 国家公務員制度担当 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策 規制改革))
 西村康稔(経済再生担当 全世代型社会保障改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策))
 山本博司(厚生労働副大臣兼内閣府副大臣)
 中山泰秀(防衛副大臣兼内閣府副大臣)
参考人等(発言順):
 尾身茂(参考人 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長)


小此木八郎・ストーカー規制法改正案・趣旨説明・参院内閣委員会.PNG


衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=52140&media_type=

2021年5月12日 (水)
内閣委員会 (3時間15分)

案件:
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案(204国会閣41

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 木原誠二(内閣委員長)  9時 01分  01分
 牧島かれん(自由民主党・無所属の会)  9時 02分  23分
 古屋範子(公明党)  9時 25分  16分
 西村智奈美(立憲民主党・無所属)  9時 41分  42分
 阿部知子(立憲民主党・無所属)  10時 23分  27分
 吉田統彦(立憲民主党・無所属)  10時 50分  26分
 塩川鉄也(日本共産党)  11時 16分  21分
 串田誠一(日本維新の会・無所属の会)  11時 37分  15分
 岸本周平(国民民主党・無所属クラブ)  11時 52分  16分
 吉田統彦(立憲民主党・無所属)  12時 08分  04分

答弁者等
大臣等(建制順):
 小此木八郎(国家公安委員会委員長 国土強靭化担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(防災 海洋政策))
 吉川赳(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官)
 大隈和英(厚生労働大臣政務官)



改正ストーカー規制法が成立 GPS悪用、対象に追加―8月にも全面施行
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051800656&g=pol


2021年5月18日の時事通信より転載

 改正ストーカー規制法が18日、衆院本会議で可決、成立した。全地球測位システム(GPS)機器を悪用して、相手の承諾なく位置情報を把握する行為などを規制対象に追加した。同法の改正は3回目。8月にも全面的に施行される。

 改正法は、相手の車などに無断でGPS機器を取り付ける行為自体を規制。アプリを悪用して相手のスマートフォンの位置情報を勝手に取得する行為も対象とした。
 警察庁によると、装置を使って位置情報を取得する行為を規制しており、今後、技術の進歩でGPS機器とは別の装置が出現して悪用されても、迅速に対応できるという。



衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=52196&media_type=

2021年5月18日 (火)
本会議 (24分)

案件:
情報監視審査会令和二年年次報告書についての発言
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案(204国会閣41)
原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国政府との間の協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件(204国会条8)
大西洋のまぐろ類の保存のための国際条約を改正する議定書の締結について承認を求めるの件(204国会条9)
国際航路標識機関条約の締結について承認を求めるの件(204国会条10)
著作権法の一部を改正する法律案(204国会閣57)
航空法等の一部を改正する法律案(204国会閣60)
消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律案(204国会閣54)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 大島理森(衆議院議長)  13時 12分  01分
 松野博一(情報監視審査会会長)  13時 12分  05分
 木原誠二(内閣委員長)  13時 17分  03分
 あべ俊子(外務委員長)  13時 20分  03分
 左藤章(文部科学委員長)  13時 23分  04分
 あかま二郎(国土交通委員長)  13時 27分  03分
 永岡桂子(消費者問題特別委員長)  13時 30分  03分


木原誠二(内閣委員長)・ストーカー規制法改正案.PNG



4月28日、衆院内閣委員会。
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案を議題とした。
小此木八郎国家公安委員会委員長より趣旨説明を聴取した。


第204回国会5月12日内閣委員会ニュース (PDF 278KB)
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/Honbun/naikaku20420210512023.pdf/$File/naikaku20420210512023.pdf

5月12日、衆院内閣委員会。
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案を議題とした。

自民党の牧島かれん氏、公明党の古屋範子氏、立憲民主党の西村智奈美氏、立憲民主党の阿部知子氏、立憲民主党の吉田統彦氏、共産党の塩川鉄也氏、日本維新の会の串田誠一氏、国民民主党の岸本周平氏が、小此木八郎国家公安委員会委員長、吉川赳(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官)、大隈和英(厚生労働大臣政務官)及び政府参考人に対して、それぞれ質疑を行った。

質疑を終局した。

採決を行ったところ、全会一致で可決した。

立憲民主党の吉田統彦氏が附帯決議の趣旨説明を行った。
附帯決議について採決を行ったところ、全会一致で可決した。
法案には附帯決議が付された。


5月18日、衆院本会議。
ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案(ストーカー規制法改正案)を議題とした。
木原誠二(内閣委員長)の報告は全会一致で可決。
採決を行ったところ、全会一致で可決した。

改正ストーカー規制法が成立した。

全地球測位システム(GPS)機器を悪用して、相手の承諾なく位置情報を把握する行為などを規制対象に追加した。




参考

[ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案] 4月9日、ストーカー規制法改正案が参院通過 全会一致 GPSストーカー規制 技術進歩に対応
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480938859.html

[ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案] 2月26日、ストーカー規制法改正案を閣議決定 GPSストーカー規制 技術進歩に対応
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480246884.html


posted by hazuki at 22:09| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[出入国管理法改正案] 5月18日、入管難民法改正案は廃案へ 政府与党が今国会での成立見送る方針

[出入国管理法改正案] 5月18日、入管難民法改正案は廃案へ 政府与党が今国会での成立見送る方針

入管難民法改正案は廃案へ 政府与党が今国会での成立見送る方針
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4271022.htm?1621337323809


2021年5月18日のTBSニュースより転載

 国会で審議が続いている入管難民法の改正案は、政府・与党が今の国会での成立を断念し、「廃案」となる見通しとなりました。

 18日に行われた与野党の幹事長会談で、自民党の二階幹事長は「入管法改正案については、これ以上、審議を進めない」と述べ、今国会での成立断念を表明しました。改正案は廃案となる見通しです。

 この法案をめぐっては、野党側が送還停止を難民申請2回までに限定する規定などを問題視。与野党の修正協議も行われましたが、今年3月に名古屋の入管施設で死亡したスリランカ人女性の映像開示を法務省が拒否し、協議そのものが決裂するなど異例の経過をたどりました。

 野党側は映像の開示がなければ全ての国会審議に応じない方針を固めるなど強硬姿勢を貫き、最終的には与党側が折れた形となりました。スリランカ人女性の映像開示については、引き続き協議することになっています。


出入国管理法改正案・成立を断念.PNG



国会で審議が続いている入管難民法の改正案は、政府・与党が今の国会での成立を断念し、「廃案」となる見通しとなった。
正式名称「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する法律案」です。

2021年5月12日(水)の衆院法務委員会でも、名古屋の入管施設で死亡したスリランカ人女性のことを質疑にしていました。

衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=52144&media_type=

2021年5月12日 (水)
法務委員会 (1時間15分)

案件:
出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する法律案(204国会閣36)

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 義家弘介(法務委員長)  13時 01分  01分
 稲田朋美(自由民主党・無所属の会)  13時 02分  14分
 稲富修二(立憲民主党・無所属)  13時 16分  08分
 池田真紀(立憲民主党・無所属)  13時 24分  11分
 寺田学(立憲民主党・無所属)  13時 35分  10分
 藤野保史(日本共産党)  13時 45分  09分
 串田誠一(日本維新の会・無所属の会)  13時 54分  06分
 高井崇志(国民民主党・無所属クラブ)  14時 00分  08分

答弁者等
大臣等(建制順):
 上川陽子(法務大臣)

入管難民法改正案は廃案にし、来年の通常国会で提出し直した方が良い。
私は移民や偽装難民に反対です。
例えば、ミャンマーからの難民。
ミャンマーに帰れないので日本が保護しなければならないのは理解出来るが、日本の入管は厳しいのです。
色々と見直す時期に来ていますね。




参考

[出入国管理法改正案] 4月16日、出入国管理法改正案が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/481062656.html

[出入国管理法改正案] 2月19日、入管法など改正案を閣議決定 国外退去処分の外国人に「監理措置」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/480114391.html
posted by hazuki at 20:49| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院選の後藤田正純氏の非公認を申し入れ、自民・徳島県連

衆院選の後藤田正純氏の非公認を申し入れ、自民・徳島県連

衆院選の後藤田氏の非公認を申し入れ、自民・徳島県連
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4270779.html


2021年5月17日のTBSニュースより転載

 次期衆院選をめぐり自民党・徳島県連は17日、徳島1区の後藤田正純議員を公認しないよう党本部に異例の申し入れを行いました。

 「徳島県連、自民党県議団としての意見を申し上げた。大変残念だし、自民党の県議全会一致というのも聞いたことないような稀有な事例。重く受けとめて申入れをした」(自民党徳島県連 山口俊一会長)

 自民党の徳島県連は17日、山口選対委員長らと会談し徳島1区の後藤田正純議員について「うそででたらめにまみれた言動」があるなどとして次期衆院選で公認しないよう申し入れました。これに対し後藤田氏は猛反発しています。

 「今回の申し入れの中身についても全く論拠がないし、全く説得力がない。手続きにおいても重大な瑕疵がある」(後藤田正純議員)

 公認については、県連からの推薦を受け、党本部が決定しますが、後藤田氏は「現職優先だ」としていて、今後、調整が難航することが予想されます。


後藤田正純.PNG



次期衆院選を巡り自民党・徳島県連は17日、徳島1区の後藤田正純議員を公認しないよう党本部に異例の申し入れを行った。
後藤田正純議員について「うそででたらめにまみれた言動」があるなどとして次期衆院選で公認しないよう申し入れた。
後藤田ピンチ。
自民党の公認でなければ当選出来ないだろう。
妻は女優の水野真紀。

自民・後藤田正純氏に徳島県連が「非公認」要求 頼みは妻・水野真紀の “内助の功” か
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3173490/

東スポの報道を参考までに。
ラベル:後藤田正純
posted by hazuki at 00:36| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする