2021年01月31日

“コスプレ楽しめるよう著作権など法的課題を整理”井上信治万博相

“コスプレ楽しめるよう著作権など法的課題を整理”井上信治万博相

“コスプレ楽しめるよう著作権など法的課題を整理”井上万博相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012839261000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_032


2021年1月29日のNHKニュースより転載

アニメなどの衣装を身につけてキャラクターになりきる「コスプレ」について、クールジャパン戦略を担当する井上万博担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、著作権との関係で法的な問題を懸念する声があるとして、年度内をメドに課題を整理する考えを示しました。

この中で井上万博担当大臣は「コスプレ」について「国内外でファンが増加しておりクールジャパンの観点からも重要なポップカルチャーの一分野だ」と述べました。

一方で、楽しむ人が増加するのに伴い、著作権との関係で法的な問題が発生する可能性が高まることを懸念する声があると指摘しました。

そのうえで井上大臣は「『コスプレ』文化をさらに盛り上げるために、安心して楽しめる環境が重要だという問題意識を持っており、必要な方策を考えたい」と述べ、関係者からヒアリングを行うなどして現状の把握を進め、年度内をメドに課題を整理する考えを示しました。


井上信治・万博相.PNG



アニメなどの衣装を身につけてキャラクターになりきる「コスプレ」について、クールジャパン戦略を担当する井上万博担当大臣は、閣議後の記者会見で、著作権との関係で法的な問題を懸念する声があるとして、年度内をメドに課題を整理する考えを示した。
著作連法の改正はあるのだろうか?
気になるところです。

コスプレの著作権、年度内に整理 井上担当相
https://this.kiji.is/727736898033975296?c=39546741839462401

共同通信でも報道されていました。
ラベル:井上信治
posted by hazuki at 21:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅首相の“最終的に生活保護”発言に戦慄の声「政治に殺される」

菅首相の“最終的に生活保護”発言に戦慄の声「政治に殺される」
https://jisin.jp/domestic/1944169/
https://jisin.jp/domestic/1944169/2/


2021年1月28日の女性自身より転載

菅義偉首相(72)は1月27日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス対策として国民一律に現金を配る特別定額給付金について「再び支給することは考えていない」と述べた。

26日の衆院予算委員会でも「事業者にとって重要な資金繰り、人件費を重点的に支援している」と述べ、直接的な補償を一貫して否定している。そんななか、菅首相のある発言が物議を醸しているのだ。

それは27日の参院予算委員会で立憲民主党・石橋通宏議員(55)による「政治は誰のためにあると思いますか」という質問から始まった。この問いに、菅首相は「国民のためです」と答弁。続く「社会的に弱い立場の方々のためにあるとお思いになりますか」との質問にも、「そのように思います」と返答した。

さらに石橋議員は、新型コロナウィルスの影響を受けた生活困窮者への対策をめぐってこう追求した。

「収入を失って路頭に迷う方々が多数にのぼっています。命を落とされた方が多数にのぼっています。政府の政策は届いているのでしょうか」

すると菅首相は、「例えば大事なのは、私は雇用と暮らしだと思っていました。やはり雇用を守り、暮らしをしっかり支えていく」と回答。そして、「政府には最終的には生活保護という仕組みも、そうしたセーフティーネットを作っていくのが大事」と答えたのだ。

■新型コロナによる経済対策と生活保護は別物

そもそも生活保護は憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という理念に基づく、“最低限度の生活を保障する制度”だ。新型コロナによる経済対策とは、位置付けが異なるのではないだろうか。

「生活保護は原則として、不動産・自動車といった資産を処分しなければ受給することができません。もちろん例外もありますが、保護費を住宅ローンに充てるといったことなどは認められていません。ですがコロナの影響で失職し、住宅ローンの返済に悩んでいる人も多いでしょう。預貯金に関しても、最低生活費を上回ると申請は却下されてしまいます。つまり生活困窮者は、『最終的な状況にならなければ助けてもらえない』ということになります。

また利用したくても、福祉事務所が親族に援助できるかどうか確認する『扶養照会』がネックに。承諾の範囲を限定的にすればハードルも下がるでしょうが、菅首相は20日の衆院本会議で『扶養照会は必要な手続きだ』と答弁しています。確かに特別定額給付金は1度目とは異なり、今回は『限定的にすべき』といった指摘もあります。ですが生活保護を利用しなくても済むように政策を考えるのが、政府の役割ではないでしょうか」(全国紙記者)

厚生労働省は26日、1月22日時点で新型コロナによる解雇や雇い止めは8万3,713人だと発表した。困窮者が増加するなか、“最終手段”である生活保護を平然と提案した菅首相に批判の声が相次いでいる。

《特別定額給付金は緊急経済対策の一環だったはずだが。生活保護は福祉政策。趣旨が異なるものを同列に並べて論じるのはおかしい。これは、菅首相の説明がおかしいよ》
《この言葉に唖然とした。生活保護がすぐに困ってる人を救ってくれるなら賛成しますが。。本当の最終手段でしょ? その前に手を打たないと! その手前で救わないと!! 非常事態にこの発言。。》
《そこに行き着く前に、適切な方策を立案し、しっかり実行するのが為政者じゃねぇの?》
《「定額給付金の予定ない、最終的には生活保護ある」はぁ? まじで言ってんのか!! 政治に国民が殺される》

昨年9月、自民党総裁に選出された際、菅首相はこう決意表明していた。

「私が目指す社会像。それは自助、共助、公助、そして『絆』であります」

果たして、菅首相の言う“公助”とは一体何を指しているのだろうか――。



参議院インターネット審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2021年1月27日
予算委員会
約8時間1分

会議の経過
  予算委員会(第一回)
   理事の補欠選任を行った。
   予算の執行状況に関する調査を行うことを決定した。
   令和三年度一般会計予算(予)
   令和三年度特別会計予算(予)
   令和三年度政府関係機関予算(予)
   令和二年度一般会計補正予算(第3号)(衆議院送付)
   令和二年度特別会計補正予算(特第3号)(衆議院送付)
    右五案について麻生財務大臣から趣旨説明を聴いた。
   令和三年度総予算審査のため委員派遣を行うことを決定した。
   政府参考人の出席を求めることを決定した。
   参考人の出席を求めることを決定した。
   令和二年度一般会計補正予算(第3号)(衆議院送付)
   令和二年度特別会計補正予算(特第3号)(衆議院送付)
    右両案について菅内閣総理大臣、赤羽国土交通大臣、坂本内閣
    府特命担当大臣、田村厚生労働大臣、西村国務大臣、梶山経済
    産業大臣、橋本国務大臣、野上農林水産大臣、井上内閣府特命
    担当大臣、麻生財務大臣、岸防衛大臣、茂木外務大臣、小此木
    国務大臣、武田総務大臣、平井国務大臣、小泉環境大臣、河野
    国務大臣、萩生田文部科学大臣、岡村参議院事務総長、政府参
    考人、国立国会図書館当局、参考人独立行政法人地域医療機能
    推進機構理事長尾身茂君、認定NPO法人自立生活サポートセ
    ンター・もやい理事長大西連君及び日本銀行総裁黒田東彦君に
    対し質疑を行った。

発言者一覧

山本順三(予算委員長)
麻生太郎(国務大臣(副総理)、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、デフレ脱却担当)
徳永エリ(立憲民主・社民)
石橋通宏(立憲民主・社民)
白眞勲(立憲民主・社民)
山本順三(予算委員長)
白眞勲(立憲民主・社民)
蓮舫(立憲民主・社民)
藤川政人(自由民主党・国民の声)
高階恵美子(自由民主党・国民の声)


菅義偉・1月27日参院予算委.PNG



菅義偉首相(72)は1月27日の参院予算委員会で、立憲民主党・石橋通宏議員(55)による「収入を失って路頭に迷う方々が多数にのぼっています。命を落とされた方が多数にのぼっています。政府の政策は届いているのでしょうか」という質疑に対して、「例えば大事なのは、私は雇用と暮らしだと思っていました。やはり雇用を守り、暮らしをしっかり支えていく」と回答。
そして、「政府には最終的には生活保護という仕組みも、そうしたセーフティーネットを作っていくのが大事」と答えた。
総理が生活保護と答弁したことにがっかりした。
セーフティーネットで生活保護は論外です。
生活保護は誰でも受けられない。
ラベル:菅義偉 新型肺炎
posted by hazuki at 21:03| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月30日、新型コロナ特措法と感染症法の改正案の附帯決議が判明 野党、まん延防止要件の明示要求 コロナ、私権制限への一層配慮も

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月30日、新型コロナ特措法と感染症法の改正案の附帯決議が判明 野党、まん延防止要件の明示要求 コロナ、私権制限への一層配慮も

野党、まん延防止要件の明示要求 コロナ、私権制限への一層配慮も
https://this.kiji.is/728219183262842880?c=39546741839462401


2021年1月30日の共同通信より転載

 新型コロナ対策を強化するコロナ特別措置法と感染症法の改正案を巡り、与野党が検討している付帯決議案が判明した。特措法に新設する「まん延防止等重点措置」の実施要件に関し、客観的基準を事前に明示するよう政府に要求。私権制限が過剰に強まらないように「より一層配慮する」ことも求める。複数の与野党関係者が30日、明らかにした。

 与野党は文言を最終調整した上で、2月1日の改正案採決時に決議の採択を予定する。ただ、付帯決議に法的拘束力はない。

 決議案はまん延防止措置の判断基準について、感染者数や病床使用率など、感染状況を示す指標との関係を明確にする必要性を指摘した。




新型コロナ対策を強化するコロナ特別措置法と感染症法の改正案を巡り、与野党が検討している附帯決議案が判明した。
特措法に新設する「まん延防止等重点措置」の実施要件に関し、客観的基準を事前に明示するよう政府に要求。
私権制限が過剰に強まらないように「より一層配慮する」ことも求める。
与野党グルの茶番劇を止めろ。
附帯決議は参考意見であり法的拘束力はない。
修正協議は何をやっていたのか。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、新型コロナ特措法と感染症法の改正が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479793327.html

1月29日は衆院本会議で新型コロナ特措法と感染症の改正案が審議入りした。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法と感染症法の改正案を専門家招き参考人質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479795596.html

また、1月29日は衆院内閣委員会で審議入りし、参考人質疑が行われた。
法案成立に向けて急いでいる。
罰則を設けなくても現行法で対処出来る。

新型コロナの拡大抑え込みに必要なことは、罰則導入ではなく、「正当な補償」を明確にする法改正です。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月28日、入院拒否の懲役、罰金削除で合意 与野党、行政罰に変更
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479757166.html

新型コロナ特措法と感染症法の改正案は入院拒否の懲役、罰金削除、行政罰に変更することで与野党で合意している。
行政罰も必要ないですね。
与野党グルの茶番劇です。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月22日、新型コロナ特措法案と感染症法改正案を閣議決定 入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479659364.html

閣議決定した法案の概要には「入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する」とある。
感染者の入院拒否または逃走に1年以下の懲役または100万円以下の罰金。
これらの文言は修正協議を経て削除された。
懲役刑は人権侵害なので、削除は当然です。




参考

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法と感染症法の改正案を専門家招き参考人質疑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479795596.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、新型コロナ特措法と感染症法の改正が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479793327.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月28日、入院拒否の懲役、罰金削除で合意 与野党、行政罰に変更
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479757166.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月27日、コロナ法修正は与野党幹事長協議 懲役刑や罰則の削除折り合わず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479741032.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月25日、与党、懲役刑の削除を検討 過料減額も、コロナ法改正
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479709025.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月22日、新型コロナ特措法案と感染症法改正案を閣議決定 入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479659364.html




関連(2020年改正)

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月13日、新型コロナ特措法成立 首相が「緊急事態」判断
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474027552.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月13日、参院内閣委員会で新型コロナ対策特措法案を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474026048.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月12日、新型コロナ対策特措法が衆院通過 13日の参院本会議で成立へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474008574.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月11日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法案を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473992276.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案] 3月10日、新型コロナ特措法案を閣議決定 「緊急事態宣言」可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473976419.html

インフル等特措法改正、来週にも 「緊急宣言」で私権制限
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473878882.html
posted by hazuki at 16:13| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経団連会長、日本の賃金「OECDで相当下位」 春季交渉

経団連会長、日本の賃金「OECDで相当下位」 春季交渉

経団連会長、日本の賃金「OECDで相当下位」 春季交渉
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF276MJ0X20C21A1000000/


2021年1月27日の日経新聞より転載

経団連の中西宏明会長は27日、連合の神津里季生会長とオンラインで会談し「日本の賃金水準がいつの間にか経済協力開発機構(OECD)の中で相当下位になっている」と語った。26日に開いた労使フォーラムによって2021年の春季労使交渉が始まり、連日で労使トップが意見を表明した。経団連は新型コロナウイルスの影響で一律の賃上げ方針は見送ったが、業績の堅調な企業には積極的な対応を求める。

中西氏は賃上げについて「首相から賃上げのモメンタム(勢い)を維持してほしいと言われる前から、危機感を持っている」と強調した。菅義偉首相は20年12月の経済財政諮問会議で賃上げの継続を経済界に求めていた。古賀信行審議員会議長(野村ホールディングス特別顧問)は記者団に「従業員になるべく報いていく。こんなときこそ(賃金を)上げられるところは上げよう」と語った。

連合の神津会長は「平均賃金は先進諸国と1.5倍前後の開きがあり、国内総生産(GDP)でもかつて15%程度だった日本の比率は6%程度に下がった」と主張。デフレ脱却に向けても「14年からの政労使での賃上げの流れ」を継続するよう求めた。

観光や飲食業を中心に経営が厳しい企業も多いなか、今回は労使ともにメッセージの発信方法で苦心している。連合が求める2%程度の賃上げについて、経団連は業種横並びでの達成は「現実的でない」とみている。

経団連は「働きがいと働きやすさの実感」もテーマとして掲げる。コロナを機に広まったテレワークでの生産性向上や人事評価、労働側が求めるハラスメントの解消などを各産業や企業で話し合っていく。職務範囲を明確にして成果で評価する「ジョブ型雇用」については、労働市場の活性化に向けて経団連が普及をめざす。連合は、特定の職種で人件費の固定化につながらないよう慎重な議論を求める。今回の春季交渉は3月17日に集中回答日を迎える。


経団連の中西会長・オンライン.PNG



経団連の中西宏明会長は27日、連合の神津里季生会長とオンラインで会談し「日本の賃金水準がいつの間にか経済協力開発機構(OECD)の中で相当下位になっている」と語った。
26日に開いた労使フォーラムによって2021年の春季労使交渉が始まり、連日で労使トップが意見を表明した。
経団連は新型コロナウイルスの影響で一律の賃上げ方針は見送ったが、業績の堅調な企業には積極的な対応を求める。
ラベル:経団連
posted by hazuki at 15:26| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法と感染症法の改正案を専門家招き参考人質疑

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法と感染症法の改正案を専門家招き参考人質疑

新型コロナ 特措法改正案 衆院内閣委で専門家招き参考人質疑
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012840241000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_015


2021年1月29日のNHKニュースより転載

新型コロナウイルスの特別措置法などの改正案をめぐり、衆議院内閣委員会では、感染症の専門家らを招いて参考人質疑が行われました。

この中で、与党側が推薦した日本感染症学会の舘田一博理事長は、特別措置法の改正案について「緊急事態宣言の発令は伝家の宝刀であり、簡単に抜けない。宣言の前段階として、焦点や地域を絞った形で、一般市民にアラートを出すようなものはあってもいい」と述べ、新たに設けられる「まん延防止等重点措置」に一定の評価を示しました。

一方、野党側が推薦した東京大学大学院の橋本英樹教授は、感染症法の改正案で、入院を拒否した感染者に罰則を科すことについて「保健所からすると通告義務が発生し、反対や拒否の証拠を示さなければいけない。コロナ禍の膨大な業務量の中で、そのような業務が一気に発生したら、業務的にもたない。保健所にこれ以上の負荷をかけることについては、一定程度、配慮するほうがいいのではないか」と述べ、懸念を示しました。



衆議院インターネット審議中継
https://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=51313&media_type=

2021年1月29日 (金)
内閣委員会 (1時間51分)

案件:
国政調査承認要求に関する件
副大臣の就任挨拶
新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案(204国会閣6)
連合審査会開会に関する件

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 木原誠二(内閣委員長)  15時 21分  01分
 山本博司(厚生労働副大臣兼内閣府副大臣)  15時 22分  01分
 西村康稔(経済再生担当 全世代型社会保障改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策))  15時 23分  05分
 舘田一博(参考人 東邦大学医学部微生物感染症学講座教授)  15時 28分  16分
 橋本英樹(参考人 東京大学大学院医学系研究科教授)  15時 44分  11分
 藤原崇(自由民主党・無所属の会)  15時 55分  10分
 江田康幸(公明党)  16時 05分  10分
 吉田統彦(立憲民主党・無所属)  16時 15分  11分
 宮本徹(日本共産党)  16時 26分  10分
 足立康史(日本維新の会・無所属の会)  16時 36分  11分
 岸本周平(国民民主党・無所属クラブ)  16時 47分  11分


西村康稔・新型コロナ特措法改正案・趣旨説明・衆院内閣委員会.PNG

舘田一博(参考人 東邦大学医学部微生物感染症学講座教授)・新型コロナ特措法改正案.PNG

橋本英樹(参考人 東京大学大学院医学系研究科教授)・新型コロナ特措法改正案.PNG



1月29日、衆院内閣委員会。
新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案を議題とした。
西村康稔国務大臣より趣旨説明を聴取した。
舘田一博氏(参考人 東邦大学医学部微生物感染症学講座教授)と橋本英樹氏(参考人 東京大学大学院医学系研究科教授)より意見を聴取した。
自民党の藤原崇氏、公明党の江田康幸氏、立憲民主党の吉田統彦氏、共産党の宮本徹氏、日本維新の会の足立康史氏、国民民主党の岸本周平氏が、それぞれ参考人に対して質疑を行った。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、新型コロナ特措法と感染症法の改正が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479793327.html

1月29日は衆院本会議で新型コロナ特措法と感染症の改正案が審議入りした。
その後の衆院内閣委員会での参考人質疑である。
法案成立に向けて急いでいる。
罰則を設けなくても現行法で対処出来る。

新型コロナの拡大抑え込みに必要なことは、罰則導入ではなく、「正当な補償」を明確にする法改正です。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月28日、入院拒否の懲役、罰金削除で合意 与野党、行政罰に変更
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479757166.html

新型コロナ特措法と感染症法の改正案は入院拒否の懲役、罰金削除、行政罰に変更することで与野党で合意している。
行政罰も必要ないですね。
与野党グルの茶番劇です。

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月22日、新型コロナ特措法案と感染症法改正案を閣議決定 入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479659364.html

閣議決定した法案の概要には「入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する」とある。
感染者の入院拒否または逃走に1年以下の懲役または100万円以下の罰金。
これらの文言は修正協議を経て削除された。
懲役刑は人権侵害なので、削除は当然です。




参考

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月29日、新型コロナ特措法と感染症法の改正が衆院本会議で審議入り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479793327.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月28日、入院拒否の懲役、罰金削除で合意 与野党、行政罰に変更
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479757166.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月27日、コロナ法修正は与野党幹事長協議 懲役刑や罰則の削除折り合わず
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479741032.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月25日、与党、懲役刑の削除を検討 過料減額も、コロナ法改正
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479709025.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 1月22日、新型コロナ特措法案と感染症法改正案を閣議決定 入院措置に応じない場合又は入院先から逃げた場合に罰則を科する
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/479659364.html




関連(2020年改正)

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月13日、新型コロナ特措法成立 首相が「緊急事態」判断
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474027552.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月13日、参院内閣委員会で新型コロナ対策特措法案を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474026048.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月12日、新型コロナ対策特措法が衆院通過 13日の参院本会議で成立へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474008574.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案] 3月11日、衆院内閣委員会で新型コロナ特措法案を可決
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473992276.html

[新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案] 3月10日、新型コロナ特措法案を閣議決定 「緊急事態宣言」可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473976419.html

インフル等特措法改正、来週にも 「緊急宣言」で私権制限
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473878882.html
posted by hazuki at 01:34| Comment(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする