2021年01月29日

[ダボス・アジェンダ] 1月29日、首相、東京五輪実現へ決意 ダボス会合、国際協調訴え

[ダボス・アジェンダ] 1月29日、首相、東京五輪実現へ決意 ダボス会合、国際協調訴え

首相、東京五輪実現へ決意 ダボス会合、国際協調訴え
https://this.kiji.is/727856668296593408?c=39546741839462401


2021年1月29日の共同通信より転載

 菅義偉首相は29日、オンライン会合「ダボス・アジェンダ」で講演し、国内外の新型コロナ禍に関し「危機の収束に向け全力を尽くす」と表明した。今夏の東京五輪・パラリンピック開催を実現する決意を示し、各国に協力を訴えた。

 国内のコロナ対応として、緊急事態宣言を再発令し感染拡大防止に注力していると強調。「人類がコロナに打ち勝った証し」として、世界中に希望と勇気を届ける五輪を実現すると述べた。

 ワクチンを危機打開の鍵と位置付け、各国が開発に共同出資・購入する枠組み「COVAX(コバックス)」に1億3千万ドル(約136億円)以上を拠出し、今後も拡充する考えを説明した。


菅義偉・ダボス・アジェンダ.PNG



菅義偉首相は29日、オンライン会合「ダボス・アジェンダ」で講演し、国内外の新型コロナ禍に関し「危機の収束に向け全力を尽くす」と表明した。
ワクチンを危機打開の鍵と位置付け、各国が開発に共同出資・購入する枠組み「COVAX(コバックス)」に1億3千万ドル(約136億円)以上を拠出し、今後も拡充する考えを説明した。

菅総理の「ダボス・アジェンダ」への出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page1_000926.html

1月29日、午後7時から約50分間、菅義偉内閣総理大臣は、ダボス・アジェンダ(オンライン形式)に出席したところ、概要は以下のとおりです。

 冒頭、シュワブ世界経済フォーラム(WEF)会長(Professor Klaus Schwab, Founder and Executive Chairman of the World Economic Forum)から、昨年10月のテレビ会議に続く菅総理大臣の出席を歓迎した上で、日本とWEFとの強固な協力関係を紹介するとともに、世界が感染症から回復し良い未来を構築するためには国際協調が不可欠であり、日本の積極的な役割を期待する旨述べました。
 続いて、菅総理大臣から、新型コロナウイルス対応、新たな成長の原動力としての2050年カーボンニュートラルの実現を含むグリーン社会の実現や研究開発の拡充や国際ルールづくりといったデジタル改革、イノベーションの創出といった政府の優先課題を紹介するとともに、自由で公正な経済圏の拡大や多角的自由貿易体制の強化に向けた日本の貢献について発言しました。東京オリンピック・パラリンピック競技大会については、菅総理大臣から、人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証として、また「世界の団結」の象徴として実現する決意を改めて表明しました。[総理発言](PDF)https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100143604.pdf
 同対話の前半は一般公開され、後半はWEF会員企業の代表者が参加する形で開催されました。参加者からは、日本の経済・外交政策に関する高い関心が示され、菅総理大臣との間で活発な意見交換が行われました。

[参考]ダボス・アジェンダ
 世界経済フォーラム(WEF)が、1月25日から29日にかけ、「信頼回復に向かう重要な年」をテーマとし、オンライン形式で主催する各種会合の総称。

[総理発言](PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100143604.pdf

菅は「資金面でも、ワクチン供給強化のため、COVAXファシリティの途上国支援に対し、1億3千万ドル以上の拠出を表明し、これを更に拡充していく考えです。」と発言している。
またバラマキか。

コロナは風邪。
コロナは茶番。
コロナは詐欺。




参考資料

菅総理の「ダボス・アジェンダ」への出席
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page1_000926.html

令和3年1月29日 ダボス・アジェンダ
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202101/29davos.html




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
「変異ウイルス」も追加しました。
posted by hazuki at 23:58| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米首脳電話会談] 1月28日、コロナ、脱炭素対応で連携確認

[日米首脳電話会談] 1月28日、コロナ、脱炭素対応で連携確認

コロナ、脱炭素対応で連携確認 日米首脳が初電話会談
https://this.kiji.is/727325793040613376?c=39546741839462401


2021年1月28日の共同通信より転載

 菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と初の電話首脳会談を行った。日米同盟を強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け緊密に連携する方針を確認。新型コロナウイルス対策や脱炭素を巡る協力も申し合わせた。バイデン氏は、沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと改めて明言した。コロナ禍で開催が不安視される今夏の東京五輪・パラリンピックは話題にならなかった。

 会談は約30分間。首相は28日の参院予算委員会で「バイデン氏と個人的な信頼関係を構築しながら、緊密に連携を取り、国内外の問題を前に進めたい」と強調した。


菅義偉とバイデン・電話会談・1月28日.PNG



菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と初の電話首脳会談を行った。
日米同盟を強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け緊密に連携する方針を確認。
新型コロナウイルス対策や脱炭素を巡る協力も申し合わせた。

日米首脳電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000925.html

1月28日午前0時45分から約30分間、菅義偉内閣総理大臣は、ジョセフ・バイデン米国大統領(The Honorable Joseph R. Biden, Jr. President of the United States of America)と電話会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

 冒頭、菅総理から、バイデン大統領の就任及び政権発足に祝意を述べ、これに対して、バイデン大統領から謝意が述べられました。
 両首脳は、日米同盟を一層強化すべく、日米で緊密に連携していくことで一致しました。また、バイデン大統領から、日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を含む日本の防衛に対する揺るぎないコミットメントが表明され、米国の日本に対する拡大抑止の提供に対する決意も再確認されました。
 両首脳は、米国のインド太平洋地域におけるプレゼンスの強化が重要であること及び「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密に連携するとともに、地域の諸課題にも共に取り組んでいくことで一致しました。
 バイデン大統領から、日米豪印の日本の貢献に対する高い評価が示され、今後とも推進していくことで一致しました。
 両首脳は、安保理決議に従い、北朝鮮の非核化が実現するよう、日米で緊密に連携していくことで一致しました。また、菅総理から拉致問題の早期の解決に向けて理解と協力を求め、バイデン大統領から支持を得ました。
 菅総理から、米国のパリ協定への復帰決定、WHOからの脱退通知の撤回とコバックスへの参加表明を歓迎しました。その上で、両首脳は、気候変動問題やコロナ対策、イノベーションといった国際社会共通の課題について、日米で緊密に連携していくことで一致しました。バイデン大統領から、気候変動サミットへの招待がなされました。
 両首脳は、菅総理の訪米については、今後、コロナの感染状況も見つつ、早期の実現を念頭に、しかるべきタイミングで調整していくことで一致しました。




参考資料

日米首脳電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000925.html

令和3年1月28日 バイデン米国大統領との電話会談についての会見
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202101/28bura.html
ラベル:菅義偉 新型肺炎
posted by hazuki at 21:56| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする