2020年11月09日

児童手当の「特例給付」見直し含め検討 坂本一億総活躍相

児童手当の「特例給付」見直し含め検討 坂本一億総活躍相

児童手当の「特例給付」見直し含め検討 坂本一億総活躍相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201106/k10012698261000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_045


2020年11月6日のNHKニュースより転載

「児童手当」のうち、所得が高い世帯にも支給される「特例給付」について、少子化対策を担当する坂本一億総活躍担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、待機児童の解消に向けた財源の確保に関連し、見直しも含めて検討していることを明らかにしました。

この中で、坂本一億総活躍担当大臣は、待機児童の解消について「財源が非常に厳しいのは事実だ。企業の拠出金も含めて財源確保の協議を重ねていきたい」と述べました。

そして、財源の確保に関連し、中学生までの子どもがいる世帯に支給される「児童手当」のうち、所得が高い世帯にも特例的に月5000円を支給している「特例給付」について、見直しも含めて検討していることを明らかにしました。

一方、坂本大臣は「『特例給付』の廃止を決定した事実はない。公明党をはじめ、与党にいろいろな意見もあるので、十分に踏まえながら進めていきたい」と述べました。


坂本哲志・一億総活躍担当大臣・児童手当.PNG



「児童手当」のうち、所得が高い世帯にも支給される「特例給付」について、少子化対策を担当する坂本一億総活躍担当大臣は、11月6日の閣議後の記者会見で、待機児童の解消に向けた財源の確保に関連し、見直しも含めて検討していることを明らかにした。
坂本大臣は「『特例給付』の廃止を決定した事実はない。公明党をはじめ、与党にいろいろな意見もあるので、十分に踏まえながら進めていきたい」と述べた。


ラベル:坂本哲志
posted by hazuki at 22:21| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナンバーカード スマホへの機能搭載を検討へ 武田総務相

マイナンバーカード スマホへの機能搭載を検討へ 武田総務相

マイナンバーカード スマホへの機能搭載を検討へ 武田総務相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201106/k10012697971000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_054


2020年11月6日のNHKニュースより転載

マイナンバーカードの普及に向けて、武田総務大臣は、カードの機能をスマートフォンに搭載できるようにするため、新たに有識者会議を設けて、具体的な方法を検討することを明らかにしました。

マイナンバーカードをめぐって、政府は令和4年度末までに、ほぼすべての国民に行き渡るようにする目標を掲げていますが、普及率は今月4日時点で22%程度にとどまっています。

これに関して武田総務大臣は6日、記者団に対し、カードの機能をスマートフォンに搭載して、利便性を高める方法について、新たに有識者会議を設けて検討する方針を明らかにしました。

今月10日から会議での議論を始め、セキュリティーを確保するための技術面での対策や、スマートフォンの機種を変更した場合の対応など実現に向けた課題を整理し、来年度中の実証実験を目指すということです。

武田大臣は「有識者会議での議論を踏まえ、総務省として令和4年度中に、スマートフォンへの搭載が実現できるように取り組んでいきたい」と述べました。


武田良太・マイナンバー.PNG



11月6日、マイナンバーカードの普及に向けて、武田総務大臣は、カードの機能をスマートフォンに搭載できるようにするため、新たに有識者会議を設けて、具体的な方法を検討することを明らかにした。
武田大臣は「有識者会議での議論を踏まえ、総務省として令和4年度中に、スマートフォンへの搭載が実現できるように取り組んでいきたい」と述べた。
スマホにマイナンバーカードは要らない。
監視社会の到来か?
スマホを落としたり出来ない。
ラベル:武田良太
posted by hazuki at 21:31| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ未設置届け出「話にならない」と総務相 NHKが要望

テレビ未設置届け出「話にならない」と総務相 NHKが要望

テレビ未設置届け出「話にならない」と総務相 NHKが要望
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201106/mca2011061144012-n1.htm


2020年11月6日の産経新聞より転載

 武田良太総務相は6日の閣議後記者会見で、NHKが要望した、テレビを設置していない世帯が「未設置」を届け出るようにする制度改正について「未設置者への届け出義務は全く話にならない問題だ」と否定的な考えを示した。

 NHKは10月に開かれた総務省の有識者会議で、テレビ設置の届け出義務や未契約者の個人情報を公的機関などに照会できるようにする仕組みの導入も要望した。受信料の不払い対策や営業経費の削減につなげたい考え。

 武田氏は「国民の納得のいくNHKの在り方を見定めていきたい」と述べた。


武田良太・総務相・NHK.PNG



武田良太総務相は6日の閣議後記者会見で、NHKが要望した、テレビを設置していない世帯が「未設置」を届け出るようにする制度改正について「未設置者への届け出義務は全く話にならない問題だ」と否定的な考えを示した。
総務大臣がまともな考えで良かった。
NHKはテレビの未設置の届け出とは、ふざけるな。
テレビを設置した途端に受信料を払え。
どんだけ受信料を徴収したいんだよ。




参考資料

武田総務大臣閣議後記者会見の概要(令和2年11月6日)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000963.html
ラベル:武田良太
posted by hazuki at 00:20| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする