2020年10月22日

自民 石破元幹事長 派閥会長辞任を正式表明 総裁選の敗北受け

自民 石破元幹事長 派閥会長辞任を正式表明 総裁選の敗北受け

自民 石破元幹事長 派閥会長辞任を正式表明 総裁選の敗北受け
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/k10012675461000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_019


2020年10月22日のNHKニュースより転載

自民党の石破元幹事長は、自身が率いる石破派の会合のあと記者団に対し、先月の総裁選挙で敗れたことを踏まえ、「責任をとることがとるべき道だと考えた」と述べ、派閥の会長を辞任することを正式に表明しました。

自民党の石破元幹事長は、22日午後、自身が率いる石破派の所属議員を集め、臨時の総会を開きました。

このあと石破氏は、記者団に対し、「これまで総裁選挙に4回立候補し、直近の2回は石破派を中心に支援してくれる皆さんとともに戦ったが、期待に応えることができなかった。責任をとることが私のとるべき道だと考えた」と述べ、石破派の会長を辞任することを正式に表明しました。

そのうえで、石破氏は「一人一人の議員が次の選挙で議席を維持するために自分としてできるかぎりのことを、今まで以上にやっていきたい」と述べ、派閥には引き続きとどまる考えを示しました。

後任の会長については、事務総長を務める鴨下・元環境大臣を中心に議論して決めることになったということです。

一方、記者団から、次の総裁選挙への対応を問われたのに対し、石破氏は「きょうの会合では、議論していないし、私からも発言していない」と述べるにとどめました。

石破氏は、衆議院鳥取1区選出の当選11回で、63歳。これまで自民党の幹事長や政務調査会長に加え、地方創生担当大臣や農林水産大臣など党や政府で要職を歴任してきました。

自民党総裁選挙には先月の総裁選挙を含めこれまでに4回、立候補しています。このうち、自民党が政権を奪還する直前の平成24年の総裁選挙では、5人の候補者のうち、最も多くの党員票を獲得しましたが、国会議員票と合わせた得票が過半数に届かず、決選投票の結果、安倍前総理大臣に敗れました。

5年前の平成27年9月に、安倍氏の後継の総理大臣を目指したいとして、石破派を立ち上げ、設立当初からみずから会長を務めてきました。石破派には、現在、19人の議員が所属し、党内に7つある派閥のうち6番目の勢力です。

竹下元総務会長「どういうことなのか様子を見たい」

自民党の竹下元総務会長は、派閥の会合のあと記者団に対し「正直驚いた。石破氏でもっている派閥であり、派閥の領袖(りょうしゅう)というのは、そんなに簡単に辞めたり、なったりするものではない。どういうことなのか、様子を見たい」と述べました。

山下元法相「思い受け止めた 誠に残念」

自民党石破派に所属する山下元法務大臣は、国会内で記者団に対し、「石破氏の思いを受け止めた。石破氏は、『2日間、寝ないで考えた』と言っていて、考え抜いたうえでの決断だと思う。誠に残念だ」と述べました。

齋藤元農相「残念以外ない」

自民党石破派に所属する齋藤元農林水産大臣は、国会内で記者団に対し「石破氏は国民に人気が高く、このような事態にならざるをえなかったのは残念以外にない。ただ、政治家の出処進退は、本人が下す以外はないので、その潔さに胸を打たれた。石破派は、気骨ある集団なので、派閥のこれからについては仲間とよく相談していきたい」と述べました。

官房長官「総裁選も踏まえ 思いを伝えたものと受け止め」

加藤官房長官は22日午後の記者会見で「石破元幹事長が、自民党総裁選挙も踏まえて、そうした思いを仲間の皆さんに伝えられたということだと思うので、そうしたものとして受け止めていきたい」と述べました。

石破元幹事長 党本部で二階幹事長に報告

石破元幹事長は22日夕方、党本部で二階幹事長と会談し、派閥の会長を辞任したことを報告しました。

このあと、石破氏は記者団に対し、「派閥の会合で話したことを、そのまま二階氏に伝え、所属議員の選挙区調整などを引き続き、お願いした。二階氏からは、いいとか、悪いとかのコメントはなく、『一生懸命、頑張るだけだ』とのことだった」と述べました。

石破氏 次の総裁選立候補明言避ける

自民党石破派の会長を辞任した石破元幹事長は、民放のラジオ番組で、次の総裁選挙への対応について、「菅政権ができたばかりで、来年のことを言うべきではない」と述べ、みずからが立候補するかどうかは、明言を避けました。

自民党の石破元幹事長は22日、自身が率いる石破派の会合で、先月の総裁選挙で敗れた責任を取りたいとして、派閥の会長を辞任しました。

このあと石破氏は、TBSラジオの「荻上チキ・Session」に出演し、次の総裁選挙への対応について、「菅政権が9月にできたばかりで 来週から国会が始まる時に、『来年、私がやります』というのは非常識だ。みんなで菅政権を支えないといけない時に、来年のことを言うべきでない」と述べ、みずからが立候補するかどうかは、明言を避けました。

また、今後の派閥の在り方について、石破氏は、「5年間、同志と一緒に政策集団として一生懸命、政策を練ってきた。こういう集団は自民党のために絶対に必要であり、これから先も存続するように最大限の努力をしなければならない。ほかの派閥との合併だの、解散だのということは全く考えていない」と述べました。


石破茂・水月会の会長を辞任.PNG



自民党の石破元幹事長は、自身が率いる石破派の会合のあと記者団に対し、先月の総裁選挙で敗れたことを踏まえ、「責任をとることがとるべき道だと考えた」と述べ、派閥の会長を辞任することを正式に表明した。
水月会(石破派)はどうなるのだろう?
山下貴司氏が「石破氏の思いを受け止めた。石破氏は、『2日間、寝ないで考えた』と言っていて、考え抜いたうえでの決断だと思う。誠に残念だ」と述べている。
石破氏でもっている派閥だけに気になります。




参考リンク

水月会
http://www.suigetsukai.org/
ラベル:石破茂
posted by hazuki at 22:59| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初鹿明博衆院議員 辞職意向を表明 女性問題で立民を去年離党

初鹿明博衆院議員 辞職意向を表明 女性問題で立民を去年離党

初鹿明博衆院議員 辞職意向を表明 女性問題で立民を去年離党
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/k10012675271000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_021


2020年10月22日のNHKニュースより転載

女性問題をめぐって、去年、立憲民主党を離党し、無所属で活動してきた初鹿明博衆議院議員は「真摯(しんし)に反省して、辞職をけじめとしたい」と述べ議員辞職する意向を明らかにしました。

衆議院比例代表の東京ブロック選出で、当選3回の初鹿明博衆議院議員は、5年前にタクシーの車内で、知人の女性にわいせつな行為をしたとして、去年12月に書類送検され、所属していた立憲民主党を離党しました。

その後、検察の捜査を経て、初鹿氏は、先月、不起訴処分となりました。

初鹿氏は、22日、国会内で記者会見し「不起訴にはなったが、相手から告訴されたことを考えると、私の言動に問題があり、不快に思わせる原因があったということなので、真摯に反省して謝罪し、辞職をけじめとしたい」と述べ、議員辞職する意向を明らかにしました。

また、初鹿氏は、今後の選挙への対応について、「今の段階では決めておらず、白紙だ。地道に地域で活動を続けていくことで、信頼を取り戻していきたい」と述べました。

初鹿氏は、会見に先立って大島衆議院議長宛てに、議員辞職願を提出し、今後、辞職が認められれば、比例代表東京ブロックの立憲民主党の名簿から、松尾明弘氏が繰り上げ当選することになります。


初鹿明博・議員辞職へ.PNG



女性問題を巡って、去年、立憲民主党を離党し、無所属で活動してきた初鹿明博衆議院議員は「真摯(しんし)に反省して、辞職をけじめとしたい」と述べ議員辞職する意向を明らかにした。
水道法改正案のコンセッション方式の導入に反対していた姿を忘れません。
さよなら、初鹿さん。
酒癖が悪いんだよね。
今後、辞職が認められれば、比例代表東京ブロックの立憲民主党の名簿から、松尾明弘氏が繰り上げ当選することになる。




参考

立憲民主の初鹿明博氏が離党届 強制わいせつで書類送検
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472749180.html

初鹿明博衆院議員を書類送検 強制わいせつ容疑 警視庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472548575.html

立憲民主党「わいせつ疑惑」初鹿明博に6ヶ月間の役職停止などの処分
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454597276.html

[文春砲] 立憲民主党の初鹿明博に強制わいせつ疑惑
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454573878.html

民進・蓮舫代表が激怒 「ラブホに女性連れ込み未遂」報道の初鹿明博氏が青年局長辞任
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445158412.html

【ワロタw】新潮「民進党議員が女性の腕掴み強引にラブホへ」 ⇒ 国会内書店の週刊新潮を民進党議員が全てお買上げwww(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/445146932.html




関連

[東京16区] 小選挙区(定数1名)の残念な面々 自民党・セクハラヤジの大西英男、立憲民主党・ラブホ連れ込み未遂の初鹿明博、希望の党・元民主党の田村謙治
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454220595.html
ラベル:初鹿明博
posted by hazuki at 21:13| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看護師など国家資格の情報 マイナンバーでの活用検討 厚労省

看護師など国家資格の情報 マイナンバーでの活用検討 厚労省

看護師など国家資格の情報 マイナンバーでの活用検討 厚労省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201020/k10012673111000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_024


2020年10月20日のNHKニュースより転載

マイナンバー制度の活用に向け、厚生労働省の検討会の初会合が開かれ、社会保障分野の人材不足が深刻化するなか、看護師などの国家資格に関する情報などをナンバーにひも付け、職場を離れた人の再就職に役立てるなど、年内をめどに具体策を検討することになりました。

厚生労働省は、医療や福祉など社会保障分野でのマイナンバー制度の活用に向けて、専門家による検討会を立ち上げ、20日、初会合を開きました。

この中で、厚生労働省の担当者は、医師や看護師をはじめ30余りの国家資格などについて、資格を持つ人の個人情報の更新を行いやすくするとともに、ナンバーにひも付けることで、社会保障分野の人材不足が深刻化するなか、職場を離れた人に再就職を促していくことなど、活用で期待される役割を説明しました。

これに対し、出席者からは「事務手続きが簡単になり、時間の短縮にもつながる」という意見が出された一方、「情報が漏えいしないか懸念がある」など、慎重な意見も出されました。

検討会では、年内に報告書を取りまとめることを目指して、具体策の検討を進めることを確認しました。




マイナンバー制度の活用に向け、厚生労働省の検討会の初会合が開かれ、社会保障分野の人材不足が深刻化するなか、看護師などの国家資格に関する情報などをナンバーにひも付け、職場を離れた人の再就職に役立てるなど、年内をめどに具体策を検討することになった。
デジタル化を進める訳ですね。
看護師はマイナンバーカードを作る必要が出て来ます。
ラベル:厚生労働省
posted by hazuki at 00:39| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする