2020年10月18日

[日ロ外相電話会談] 平和条約交渉など 議論重ねることで一致

[日ロ外相電話会談] 平和条約交渉など 議論重ねることで一致

日ロ外相が電話会談 平和条約交渉など 議論重ねることで一致
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201016/k10012667791000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016


2020年10月16日のNHKニュースより転載

茂木外務大臣は16日夜、ロシアのラブロフ外相と電話会談を行い、北方領土問題を含む平和条約交渉をはじめ、経済や安全保障など、幅広い分野での協議や協力の前進に向けて、引き続き議論を重ねていくことで一致しました。

茂木外務大臣は、16日夜7時前から、およそ1時間、ロシアのラブロフ外相と、菅内閣の発足後初めてとなる電話会談を行いました。

この中で、両外相は、北方領土問題を含む平和条約交渉や航空機を使った北方領土の元島民らの墓参などのほか、経済や安全保障など、幅広い分野での協議や協力の前進に向けて、引き続き議論を重ねていくことで一致しました。

また、茂木大臣は、旧ソビエトのアゼルバイジャンと、アルメニアの係争地、ナゴルノカラバフ自治州をめぐる戦闘が、ロシアの仲介で停戦の合意に至ったことは、紛争の平和的解決に向けた重要な一歩だと評価したうえで、すべての関係者の停戦合意の履行が重要だという認識を伝えました。

ロシア外務省も発表

ロシア外務省も、茂木外務大臣とラブロフ外相による電話会談について発表しました。

それによりますと、電話会談は日本側の提案で行われ、双方は「政治対話を促進するための見通しのほか、経済や、新型コロナウイルスとの闘いを含む医療分野での実践的な協力など、両国の重要な議題について話し合った」ということです。

また、北方領土での共同経済活動を実施するための準備についても協議したほか、ロシア側は、安全保障問題に関する対話がとりわけ重要だと指摘したとしています。

ラブロフ外相は、今月14日に掲載されたロシアメディアへのインタビューで日本との関係について触れていました。

この中で、ラブロフ外相は「経済や技術分野での協力や外交政策における連携など、全面的なパートナーシップによって両国関係は質的に新しい水準となる。この水準こそがあらゆる問題に真剣に取り組むために絶対不可欠なものだ」と述べ、北方領土問題を含む平和条約交渉を前進させるためには、両国関係の水準を抜本的に引き上げることが欠かせないという考えを改めて示しました。


茂木敏充とロシアのラブロフ外相・電話会談.PNG



茂木外務大臣は16日夜、ロシアのラブロフ外相と電話会談を行い、北方領土問題を含む平和条約交渉をはじめ、経済や安全保障など、幅広い分野での協議や協力の前進に向けて、引き続き議論を重ねていくことで一致した。

日露外相電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008865.html

1 両大臣は、先般行われた日露首脳電話会談を踏まえつつ、平和条約交渉、航空機墓参を含む四島交流等事業、北方四島における共同経済活動、経済、人的交流、安全保障等様々な分野での日露間の協議や協力について前進を図るべく、引き続き外相レベルでも率直に議論を重ねていくことで一致しました。

2 両大臣は、国際情勢についても議論を行い、今後も緊密に意思疎通していくことで一致しました。茂木大臣からは、ナゴルノ・カラバフ情勢に関し、ラヴロフ大臣の仲介により停戦合意がなされたことを紛争の平和的解決に向けた重要な一歩として歓迎する、状況は予断を許さないが、全ての関係者が停戦合意をしっかり履行していくことが重要である旨述べました。

ラブロフではなく「ラヴロフ」が正しいようです。
ラヴロフ、セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ロシア連邦外務大臣です。




参考資料

日露外相電話会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008865.html
posted by hazuki at 23:48| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精子や卵子提供などで誕生の子と親子関係定める法案提出へ

精子や卵子提供などで誕生の子と親子関係定める法案提出へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201015/k10012665501000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_049


2020年10月15日のNHKニュースより転載

政府が不妊治療への支援に取り組む中、自民党の野田聖子幹事長代行は、不妊症の夫婦と第3者から精子や卵子の提供を受けるなどして生まれた子どもとの親子関係を特例的に定める法案を今月召集される臨時国会に提出し、成立を目指したいという考えを示しました。

第3者から精子や卵子の提供を受けるなどして行われる生殖補助医療をめぐっては、国内に関連する法律がなく、生まれた子どもと夫婦の親子関係が明確に定められていないことから、自民・公明両党は親子関係を特例的に定める法案をまとめています。

15日は不妊治療への支援の在り方を議論してきた自民党の議員連盟の会合が開かれ、法案の作成に携わった自民党の野田聖子幹事長代行は記者団に対し「世界一の技術を持つ日本なのに、不妊治療に関する基本的な法律がないと指摘を受けている。この5年ほど提出を試みてきたが、その思いは変わらず、多くの賛同を得られるよう取り組んでいる」と述べました。

そのうえで「菅総理大臣も不妊治療の保険適用の拡大に精力的に取り組んでおり、このタイミングでしっかりと動き、一日も早く成立させたい」と述べ、今月召集される臨時国会に議員立法の形で法案を提出し、成立を目指したいという考えを示しました。


野田聖子・法案提出へ.PNG



政府が不妊治療への支援に取り組む中、自民党の野田聖子幹事長代行は、不妊症の夫婦と第3者から精子や卵子の提供を受けるなどして生まれた子どもとの親子関係を特例的に定める法案を今月召集される臨時国会に提出し、成立を目指したいという考えを示した。
第3者から精子や卵子の提供を受けるなどして行われる生殖補助医療を巡っては、国内に関連する法律がなく、生まれた子どもと夫婦の親子関係が明確に定められていないことから、自民・公明両党は親子関係を特例的に定める法案をまとめている。
難しい問題なので、ノーコメントです。
私は、このような問題で悩んだことはなかった。
ラベル:野田聖子
posted by hazuki at 22:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナンバーカードで引っ越し手続き一度に 平井デジタル相

マイナンバーカードで引っ越し手続き一度に 平井デジタル相

マイナンバーカードで引っ越し手続き一度に 平井デジタル相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201016/k10012667811000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_006


2020年10月16日のNHKニュースより転載

平井デジタル改革担当大臣は、マイナンバーカードの活用策をめぐって、市民とオンライン上で意見を交わし、引っ越しの際の住所変更や、電気・ガスなどの手続きを一度で済ませることができる仕組みづくりに取り組む考えを示しました。

政府は、デジタル化社会の推進に向けて、国民の声を広く反映させようと、インターネット上で意見の投稿を受け付ける「アイデアボックス」というサイトを開設していて、平井デジタル改革担当大臣は16日、サイトに投稿した5人と、マイナンバーカードの活用策をめぐって、オンラインで意見を交わしました。

このうち「引っ越しの際の手続きの手間をなくしてほしい」という意見に対し、平井大臣は「ワンストップ化の検討を進めている」と述べ、マイナンバーカードを活用して、住所変更などの行政手続きや電気やガスなど民間サービスの手続きを一度で済ませることができる仕組み作りに取り組む考えを示しました。

また「マイナンバーカードに、取得した国家資格の情報を登録できるようにしてほしい」という要請に対して、平井大臣は、医療や社会福祉など、およそ30種類の国家資格について、マイナンバーカードとの連携を検討する考えを示しました。


平井卓也・マイナンバーカードで引っ越し手続き.PNG



平井デジタル改革担当大臣は、マイナンバーカードの活用策を巡って、市民とオンライン上で意見を交わし、引っ越しの際の住所変更や、電気・ガスなどの手続きを一度で済ませることができる仕組みづくりに取り組む考えを示した。
マイナンバーカードの活用で便利になる反面、銀行口座も紐付けて政府に個人情報を握られる。
ラベル:平井卓也
posted by hazuki at 21:25| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射性物質含む水 “関係者の理解得て解決する” 復興相

放射性物質含む水 “関係者の理解得て解決する” 復興相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201016/k10012666871000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_013


2020年10月16日のNHKニュースより転載

東京電力福島第一原子力発電所のトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法をめぐり、平沢復興大臣は、全国漁業協同組合連合会の会長らと会談し、漁業を始めとした関係者の理解を得ながら解決に向けて取り組む考えを示しました。

福島第一原発で増え続けているトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分をめぐっては、ことし2月、国の小委員会が、基準以下の濃度に薄めるなどしたうえで、海か大気中に放出する方法が現実的だとする報告書をまとめ、政府が処分方法を検討しています。

こうした中、全国漁業協同組合連合会の岸宏会長は、地元の漁協の幹部とともに復興庁を訪れ、平沢復興大臣と会談し「処理水の取り扱いが国家的な課題であることは十分承知しているが、海洋放出されることになれば、風評被害が生じるのは必至だ」と述べ、海への放出に反対する考えを伝えました。

これに対し、平沢大臣は「どういう処分方法をとっても風評被害が起こりかねない。漁業関係の皆さんをはじめ、関係者の理解を得る中で解決するようしっかり取り組んでいきたい」と述べました。


平沢勝栄・復興相(中央)・トリチウム.PNG



東京電力福島第一原発のトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法を巡り、平沢復興大臣は、全国漁業協同組合連合会の会長らと会談し、漁業を始めとした関係者の理解を得ながら解決に向けて取り組む考えを示した。
全国漁業協同組合連合会の岸宏会長は、地元の漁協の幹部とともに復興庁を訪れ、平沢復興大臣と会談し「処理水の取り扱いが国家的な課題であることは十分承知しているが、海洋放出されることになれば、風評被害が生じるのは必至だ」と述べ、海への放出に反対する考えを伝えた。




関連

[福島第一原発] トリチウム含む水の処分案 “各国大使館から批判出ず” 菅官房長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473477643.html
posted by hazuki at 00:05| Comment(0) | 原発問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする