2020年10月07日

[経済財政諮問会議] 10月6日、「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議

[経済財政諮問会議] 10月6日、「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議

「民需喚起に重点」 首相、新政権初の諮問会議
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64679040W0A001C2MM8000


2020年10月7日の日経新聞より転載

政府は6日、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開いた。首相は予算編成作業に関し「民間需要の喚起につながる施策に重点化していく」と述べた。「経済状況をみながら必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく講じる」とも語った。

諮問会議は菅政権発足後で初めて。民間議員は提言で民需を喚起する規制改革に携帯電話料金の値下げを挙げた。継続的な賃上げに向けた環境整備の工程表作りも求めた。


菅義偉・経済財政諮問会議・10月6日.PNG



政府は6日、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開いた。
首相は予算編成作業に関し「民間需要の喚起につながる施策に重点化していく」と述べた。
「経済状況をみながら必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく講じる」とも語った。
民間議員は提言で民需を喚起する規制改革に携帯電話料金の値下げを挙げた。
継続的な賃上げに向けた環境整備の工程表作りも求めた。

経済財政諮問会議 > 令和2年会議情報一覧
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/index.html

第14回会議資料:会議結果 令和2年
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/agenda.html




参考資料

令和2年10月6日 経済財政諮問会議
http://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202010/06keizaishimon.html

経済財政諮問会議
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/index.html




参考

[経済財政諮問会議] 7月31日、安倍首相「経済・財政一体改革の推進を」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476622599.html

[経済財政諮問会議] [未来投資会議] 7月17日、経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476502468.html

[経済財政諮問会議] 6月22日、デジタル化へ規制見直し コロナ後にらむ骨太方針骨子
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475878637.html

[経済財政諮問会議] 4月27日、省庁のはんこの手続き見直しへ コロナ拡大防止で首相指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474820324.html

[経済財政諮問会議] 3月10日、新型コロナで「景気腰折れ」懸念 政府諮問会議で民間議員
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474065826.html

[経済財政諮問会議] 10月28日、安倍首相 病院再編と過剰なベッド数の削減など指示
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/471219067.html

[経済財政諮問会議] 6月11日、骨太の方針原案  職氷河期世代30万人の正式雇用増目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467078031.html

[経済財政諮問会議] 5月31日、「骨太の方針」骨子案 最低賃金引き上げや就職氷河期世代支援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/466178258.html

[経済財政諮問会議] 5月14日、内需下支えへ 最低賃金の引き上げを
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465714709.html

[経済財政諮問会議] 2月26日、「デジタル・ガバメント」実現へ 安倍首相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464359597.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 23:43| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

[日米豪印外相会合] 4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認

4か国外相会合 中国念頭に4か国結束 連携広げていく方針確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650651000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007


2020年10月6日のNHKニュースより転載

日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認しました。

4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われました。

冒頭、議長を務める茂木大臣は、海洋進出を強める中国を念頭に、「近年、さまざまな分野で既存の国際秩序が挑戦を受けており、新型コロナウイルスの発生、拡大はこの傾向を加速化させている」と指摘しました。

そのうえで、「われわれ4か国は、ルールに基づく国際秩序を強化していく目的を共有しており、これに大きな役割を果たすのが自由で開かれたインド太平洋構想だ。重要なことは多くの国が参加し、このビジョンがより大きく実現されることだ」と述べました。

そして会合では、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて4か国で結束するとともに、多くの国に連携を広げていく方針を確認し、今後、会合を定例化することで合意しました。

また、サイバーセキュリティーや質の高いインフラ整備などの分野でも実践的な協力をさらに進めていくことを確認しました。

茂木大臣は、記者団に対し、「4か国の外交の責任者が顔を合わせて議論できたのは、非常に意義深かった。自由で開かれたインド太平洋という、日本が提唱した外交コンセプトがこれほどまでに国際社会に浸透したことは今までなかったことであり、協力のさらなる具体化を進めていきたい」と述べました。


日米豪印外相会談・10月6日.PNG



日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国外相会合が東京で行われ、海洋進出を強める中国を念頭に、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、4か国で結束し、多くの国に連携を広げていく方針を確認した。
4か国外相会合は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、国内で初めてとなる閣僚レベルの国際会議で、茂木外務大臣、アメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席して、午後5時半ごろから外務省の飯倉公館で行われた。

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」は地域の平和と繁栄に向けたビジョンであり、ポスト・コロナの世界において益々その重要性を増しているとして、その実現に向け、より多くの国々へ連携を広げていくことの重要性を確認しました。この関連で、四大臣は、ASEANの一体性及び中心性とASEAN主導の地域枠組みに対する強固な支持を再確認するとともに、「インド太平洋に関するASEANアウトルック」に対する全面的な支持を再確認しました。また、「自由で開かれたインド太平洋」に対する欧州を始めとする各国の前向きな取組を歓迎しました。

四大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」を具体的に推進していくため、質の高いインフラ、海洋安全保障、テロ対策、サイバーセキュリティ、人道支援・災害救援、教育・人材育成を始め様々な分野で実践的な協力を更に進めていくことで一致しました。




参考資料

第2回日米豪印外相会合
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000682.html
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認

菅首相 3か国外相会談 地域平和と安定で一層の連携確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201006/k10012650501000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_011


2020年10月6日のNHKニュースより転載

菅総理大臣は、アメリカ、オーストラリア、インドの3か国の外相と会談し、菅政権としても「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組む考えを強調し、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認しました。

菅総理大臣は6日午後、総理大臣官邸で4か国の外相会合に出席するため、日本を訪れているアメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相とおよそ20分間、会談しました。

冒頭、菅総理大臣は「わが国が力強く進めてきた『自由で開かれたインド太平洋』は、地域における平和と繁栄に向けたビジョンとして、国際社会に広く通じるようになった。私の政権においても、この取り組みをしっかり推し進めていく」と述べました。

そのうえで「新型コロナウイルスの感染拡大で、国際社会がさまざまな課題に直面している今だからこそ、このビジョンを共有する、より多くの国々と、一層連携を深め、具体的な協力を積み重ねていく必要がある」と述べました。

これに対し3か国の外相は、総理大臣就任への祝意を示したうえで「基本的価値を共有するパートナーである日本、アメリカ、オーストラリア、インドが協力し、ルールに基づく自由で開かれた国際秩序を強化していくことの重要性に同意する」と応じ、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認しました。

ポンペイオ国務長官「4か国の結束の重要性を強調」

アメリカのポンペイオ国務長官は「中国が感染拡大を隠蔽したことでコロナ危機は悪化した。われわれはこの悲惨なパンデミックを克服し、経済を立て直すために共に立ち上がる」と述べました。

そのうえで「中国共産党の搾取や腐敗から人々を守るため、この4か国のパートナーシップはかつてないほど重要になっている」などと述べ、法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた4か国の結束の重要性を強調しました。

ペイン外相「会合は重要な一歩

オーストラリアのペイン外相は、6日の会合について「包括的で開かれた、そして柔軟に対応できるインド太平洋地域の実現に向けた重要な一歩になる」と述べました。

そのうえで「インド太平洋地域は力ではなくルールによって統治されることを信じている。基本的人権を尊重し、紛争は国際法によって解決されるべきだ」と述べ、東南アジアの一部の国と中国などが南シナ海で領有権をめぐり対立する中、4か国がこの地域で緊密に連携することが重要だと強調しました。

ジャイシャンカル外相「課題の解決策を共に模索」

インドのジャイシャンカル外相は「世界的なパンデミックの中にあっても、われわれがこうして顔を突き合わせて会議を行うことこそが、この地域の重要性を物語っている」などと述べ、会合の意義を強調しました。

そのうえで「パンデミックからの復活や国際機関の改革など、世界が直面する課題の解決策を共に模索したい。われわれは、法に基づいた秩序や航行の自由、平和的な紛争の解決を支持する」などとして、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた決意を述べました。


茂木敏充と菅義偉・日米印外相会談.PNG



菅総理大臣は、アメリカ、オーストラリア、インドの3か国の外相と会談し、菅政権としても「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組む考えを強調し、地域の平和と安定のために一層連携していくことを確認した。
菅総理大臣は6日午後、総理大臣官邸で4か国の外相会合に出席するため、日本を訪れているアメリカのポンペイオ国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相とおよそ20分間、会談した。

豪州外務大臣、インド外務大臣及び米国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/nsp/page4_005210.html

 10月6日午後2時45分から約20分間、菅義偉内閣総理大臣は、日米豪印外相会合に出席するため訪日中のマリズ・ペイン・オーストラリア連邦外務大臣(Senator the Hon Marise Payne, Minister for Foreign Affairs of the Commonwealth of Australia)、スブラマニヤム・ジャイシャンカル・インド外務大臣(H.E. Dr. Subrahmanyam Jaishankar, External Affairs Minister of India)及びマイク・ポンペオ米国務長官(The Honorable Mike Pompeo, Secretary of State of the United States)による表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。なお、表敬には、茂木敏充外務大臣、坂井学内閣官房副長官、阿達雅志総理大臣補佐官ほかが同席しました。

菅は3か国の外相による表敬を受けた。




参考資料

豪州外務大臣、インド外務大臣及び米国務長官による菅総理大臣表敬
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/nsp/page4_005210.html
ラベル:菅義偉 茂木敏充
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする