2020年10月04日

[日サウジアラビア外相会談] 中東の緊張緩和へ連携を確認

[日サウジアラビア外相会談] 中東の緊張緩和へ連携を確認

日本・サウジアラビア外相会談 中東の緊張緩和へ連携を確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201004/k10012647241000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_009


2020年10月4日のNHKニュースより転載

茂木外務大臣は訪問先のサウジアラビアでファイサル外相と会談し、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

ポルトガルとフランスを訪問したあと中東のサウジアラビアに入った茂木外務大臣は日本時間の3日夜、ファイサル外相と昼食をともにしながら、1時間余り会談しました。

この中で茂木大臣は中東情勢に関連し「原油輸入の9割以上を中東に依存している日本にとって、中東の平和と情勢の安定化は極めて重要だ。また、タンカーが安全に原油を運んでくるためにも、航行の自由や安全を確保することが重要だ」と指摘しました。

そのうえで両外相は、UAE=アラブ首長国連邦とバーレーンがイスラエルと国交正常化で合意したことや、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて、緊密に連携していくことを確認しました。

また茂木大臣は、サウジアラビアが議長国を務める来月のG20サミットの成功に向け、引き続き、協力していく考えを伝えたほか、中国が進出を強める東シナ海や南シナ海の問題や拉致問題を含む北朝鮮情勢に関する日本の立場を説明し、ファイサル外相は理解を示しました。

エネルギー相とも会談

また、茂木外務大臣は3日、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相とも会談しました。

国営通信によりますと、アブドルアジズ・エネルギー相との会談では、水素燃料の活用や再生可能エネルギーの推進といったサウジアラビアの新たなエネルギー戦略のほか、原油市場の安定化の重要性について意見が交わされたということです。

産油国のサウジアラビアでは「脱石油」に向けて経済改革に取り組んでいますが、資金源となる原油の価格が落ち込み、国内経済にも影響が出ていて、日本の理解を得たい考えです。


茂木敏充とサウジアラビアのファイサル外相.PNG



茂木外務大臣は訪問先のサウジアラビアでファイサル外相と会談し、アメリカと対立を深めるイランの情勢などについて意見を交わし、中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて緊密に連携していくことを確認した。
ポルトガルとフランスを訪問したあと中東のサウジアラビアに入った茂木外務大臣は日本時間の3日夜、ファイサル外相と昼食をともにしながら、1時間余り会談した。

日・サウジアラビア外相会談及び 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・サウジアラビア・エネルギー大臣との会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page6_000441.html

1 日・サウジアラビア外相会談

(2)茂木大臣から、油価下落や新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、サウジアラビアが進める脱石油、産業多角化に向けた改革の重要性は増しており、「日・サウジ・ビジョン2030」の枠組みの下、日本が官民挙げて改革努力を後押しする姿勢は揺るがない旨を述べました。これに対し、ファイサル大臣から、サウジアラビアとして改革を力強く進めていく、日本との協力は重要であるとの発言があり、両大臣は、引き続き幅広い分野で両国の戦略的パートナーシップを一層強化していくことで一致しました。

2 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・エネルギー大臣との会談

(1)茂木大臣から、サウジアラビアから日本への原油の安定供給に改めて感謝する、新型コロナウィルス感染症の拡大等を受け、サウジアラビアが進める脱石油、産業多角化に向けた改革の重要性は増しており、「日・サウジ・ビジョン2030」の枠組みの下、エネルギー分野を含め、日本が官民挙げて改革努力を後押しする姿勢は揺るがない旨を述べました。また、先般のG20エネルギー大臣会合において、議長を務めたアブドルアジーズ大臣のリーダーシップにより、循環炭素経済への支持やエネルギーシステム強靱化で一致できたことを高く評価する旨述べました。

「日・サウジ・ビジョン2030」がキーワードですね。
アブドルアジズ・エネルギー相とも会談しています。




参考資料

日・サウジアラビア外相会談及び 茂木外務大臣とアブドルアジーズ・サウジアラビア・エネルギー大臣との会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me2/sa/page6_000441.html
ラベル:茂木敏充
posted by hazuki at 23:42| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府「見送り決定覆さず」 学術会議の要望書に

政府「見送り決定覆さず」 学術会議の要望書に
https://this.kiji.is/685061671744341089?c=39546741839462401

「政府は、日本学術会議による新会員候補6人の任命を求める要望書に対し「任命を見送った決定は法に基づき適正だ」(政府高官)との立場を堅持する方針だ。首相周辺は3日「決定を覆すことはない」と強調した。」「政府関係者は「要望に応じて見直せば、政府判断が間違っていたと認めることになってしまう」と指摘した。」「一方、別の官邸筋は「世論の批判と野党の追及を見極める必要がある」と語り、今後の展開次第では、追加任命することも排除しない考えをにじませた。」と、10月3日、共同通信が報道した。




政府は、日本学術会議による新会員候補6人の任命を求める要望書に対し「任命を見送った決定は法に基づき適正だ」(政府高官)との立場を堅持する方針。
首相周辺は3日「決定を覆すことはない」と強調した。
要望に応じれば、政府の判断が間違っていることを認めることになる。
菅は追加任命なんてしないだろう。
#日本学術会議への人事介入に抗議する




参考

学術会議、首相に要望書 6人任命と説明求め
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477728784.html

日本学術会議 会員の一部任命見送り 野党4党首が追及で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711902.html

学術会議新会員任命見送りは6人 安保法反対の憲法学者ら
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/477711567.html
ラベル:菅義偉
posted by hazuki at 00:09| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする