2020年08月12日

周庭氏ら逮捕、超党派議連 政府に“捜査共助拒否を”

周庭氏ら逮捕、超党派議連 政府に“捜査共助拒否を”

周庭氏ら逮捕、超党派議連 政府に“捜査共助拒否を”
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4051634.htm

「香港で国家安全維持法に違反した疑いで民主活動家の周庭氏らが逮捕されたことなどを受け、超党派の議員連盟が、“日本政府は捜査共助には応じないことを表明するべき”などとする声明を発表しました。」「「我々は強く、中国共産党政権、また香港政府に対して抗議をし、我々からも強くメッセージを発したい」(「対中政策に関する国会議員連盟」 中谷元 共同代表)」「香港で今月10日、周庭氏らが国家安全維持法に違反した疑いで逮捕されたことを受け、超党派の議員連盟が午後、声明を発表しました。」「声明では、日本政府が中国・香港政府と捜査共助条約を結んでいることから、国家安全法に基づき、中国や香港政府から証拠の確保・引き渡しを要求された場合には応じないことを表明するべき、などと明記されています。議連に所属する国会議員らは、この後、総理官邸を訪れ、政府側に対応するよう申し入れました。」と、8月12日、TBSが報道した。


中谷元・超党派・香港・周庭逮捕.PNG



香港で国家安全維持法に違反した疑いで民主活動家の周庭氏らが逮捕されたことなどを受け、超党派の議員連盟が、“日本政府は捜査共助には応じないことを表明するべき”などとする声明を発表した。
「我々は強く、中国共産党政権、また香港政府に対して抗議をし、我々からも強くメッセージを発したい」(「対中政策に関する国会議員連盟」 中谷元 共同代表)

山尾志桜里氏が共同代表ではないかと思われます。
自民党の中谷元・元防衛相や国民民主党の山尾志桜里衆院議員らが総理官邸を訪れた模様です。




参考

国会 超党派の議連発足 香港市民保護に向け制裁法の制定目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476571075.html

香港保護へ超党派議連が設立総会 人権侵害には制裁科す法案も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476506343.html




関連

周庭氏を国家安全法違反容疑で逮捕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476775529.html

香港警察、国安法違反の疑いでメディア界大物の黎智英(ジミー・ライ)氏逮捕
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/476773837.html


posted by hazuki at 22:30| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[中央アジア+日本] 茂木外相 中央アジア5か国と会合 自立した経済発展後押しへ

[中央アジア+日本] 茂木外相 中央アジア5か国と会合 自立した経済発展後押しへ

茂木外相 中央アジア5か国と会合 自立した経済発展後押しへ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200811/k10012562411000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_007

「茂木外務大臣は中央アジア5か国の外相とオンライン形式で会合を開き、経済的な影響力を強める中国を念頭に、安定的で自立した5か国の経済発展を後押ししていく考えを強調しました。」「日本はウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンの中央アジア5か国の外相と2004年から定期的に会合を開いていて、ことしは新型コロナウイルスの影響でオンライン形式で開きました。」「茂木外務大臣は「中央アジアの開かれ、安定し、自立した発展のために日本はおおいに貢献したい。各国と共有してきた自由で開かれた国際秩序の変わらぬ重要性を改めて確認したい」と述べました。」「そして、この地域で経済的な影響力を強める中国を念頭に、安定的で自立した5か国の経済発展を後押ししていく考えを強調しました。」「また、茂木大臣は新型コロナウイルスの感染防止に向け、これまでに日本が各国におよそ20億円の支援を行ったことを説明し、必要に応じて今後も支援を続ける考えを伝えました。」と、8月11日、NHKが報道した。


茂木敏充・中央アジア+日本.PNG



茂木外務大臣は中央アジア5か国の外相とオンライン形式で会合を開き、経済的な影響力を強める中国を念頭に、安定的で自立した5か国の経済発展を後押ししていく考えを強調した。
日本はウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンの中央アジア5か国の外相と2004年から定期的に会合を開いていて、今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン形式で開いた。
茂木大臣は新型コロナウイルスの感染防止に向け、これまでに日本が各国におよそ20億円の支援を行ったことを説明し、必要に応じて今後も支援を続ける考えを伝えた。
茂木は、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンにおよそ20億円の支援を行った。
つまり、カネをばら撒いたのか。
総額約20億円の保健・医療機材の無償供与。

「中央アジア+日本」対話・外相会合(結果)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000654.html

8月11日午後3時頃から約1時間30分、「中央アジア+日本」対話・外相テレビ会合が開催され、茂木敏充外務大臣が議長を務めました。

議長声明(仮訳(PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100082511.pdf

茂木大臣から、各国の新型コロナの犠牲者及びその御家族に哀悼の意を表するとともに、中央アジアの域内協力の進展も含め、感染症対策に関する各国の努力に敬意を表しつつ、共通の危機を克服する上で更なる連帯が一層重要になっている旨指摘しました。また、茂木大臣から、日本が各国の取組を後押しするため、(1)総額約20億円の保健・医療機材の無償供与、(2)国際機関を通じた技術支援・保健医療物資供与、(3)アビガン錠の無償提供、(4)医療専門家間の意見交換を含む感染症対策に係る情報・教訓・知見の共有、を積極的に進めている旨述べたのに対し、中央アジア各国外相から、日本の協力に対する感謝の意が表明されました。

アビガンの無償提供をした。




参考資料

「中央アジア+日本」対話・外相会合(結果)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000654.html




追記

新型コロナウイルスによる肺炎の記事のリンクが多くなったので、リンクを省きます。
「新型肺炎」または「新型コロナウイルス」でラベル(タグ)を切っています。
posted by hazuki at 00:29| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする