2020年06月16日

[イージス・アショア] 河野防衛相、「地元におわび」 地上イージス計画停止表明で

[イージス・アショア] 河野防衛相、「地元におわび」 地上イージス計画停止表明で

河野防衛相、「地元におわび」 地上イージス計画停止表明で
https://rd.kyodo-d.info/np/2020061601001660?c=39546741839462401

「河野太郎防衛相は16日の衆院安全保障委員会で、15日に表明した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止について「地元の皆さまにはご迷惑をお掛けしてきた。おわびを申し上げなければいけない」と述べた。国家安全保障会議で議論した上で必要ならば方針変更を閣議決定する可能性にも言及した。」と、6月15日、共同通信が報道した。



衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=50333&media_type=

2020年6月16日 (火)
安全保障委員会 (2時間36分)

案件:
国の安全保障に関する件

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順): 開始時刻 所要時間
 西銘恒三郎(安全保障委員長)  9時 30分  01分
 寺田学(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  9時 31分  20分
 本多平直(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  9時 51分  30分
 重徳和彦(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 21分  30分
 屋良朝博(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  10時 51分  31分
 赤嶺政賢(日本共産党)  11時 22分  26分
 串田誠一(日本維新の会・無所属の会)  11時 48分  15分

答弁者等
大臣等(建制順):
 茂木敏充(外務大臣)
 河野太郎(防衛大臣)


河野太郎・衆院安全保障委員会・6月16日.PNG



6月16日、衆院安全保障委員会。
国の安全保障に関する件を議題とした。
イージス・アショアについて、質問があった。

河野太郎防衛相は16日の衆院安全保障委員会で、15日に表明した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止について「地元の皆さまにはご迷惑をお掛けしてきた。おわびを申し上げなければいけない」と述べた。
国家安全保障会議で議論した上で必要ならば方針変更を閣議決定する可能性にも言及した。




参考資料

“日本国民3000万人殺戮”を北朝鮮と共謀するのか、「THAAD配備をしない」と決定した“国民殺し宰相”安倍晋三(中川洋八掲示板)
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/?page=1499672622

「イージス・アショア」は百害あって一利なし 「THAAD」導入こそ実行すべき
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50173

THAADミサイル
https://ja.wikipedia.org/wiki/THAAD%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

【弾道ミサイル防衛の要】Xバンドレーダー“AN/TPY-2”とは【THAADミサイル】
https://matome.naver.jp/odai/2140137625935506401




参考

[イージス・アショア] 地上イージス配備計画を停止 防衛相「技術と費用考慮」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475633299.html

秋田知事、地上イージス困難伝達 河野防衛相と会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473401462.html

河野防衛相 「イージス・アショア」早期整備進めたい考え強調
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/473108383.html

[イージス・アショア] 安倍首相が地上イージスで謝罪、秋田 「緊張感ない対応は遺憾」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467897029.html

[イージス・アショア] 秋田知事「地上イージスは争点」 改めて防衛省批判、「反発ある」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467790308.html

[イージス・アショア] イージス再調査に専門家起用 安倍首相、駐留負担増を否定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467724744.html

「イージス・アショア」 岩屋毅防衛相が山口県知事らに陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467657815.html

[イージス・アショア] 岩屋毅防衛相が佐竹敬久・秋田県知事に陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/467228577.html

岩屋毅防衛相「INF条約に違反せず」 地上イージス巡り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464087353.html

小野寺五典防衛相「丁寧に説明」、イージス・アショア配備反対表明の候補地に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461787007.html

[イージス・アショア] 地質調査「不適」なら配備地再検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/461376157.html

[イージス・アショア] 地上「イージス」稼働は30年間 小野寺防衛相が説明、2023年度運用予定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/456834035.html

12月19日、「イージス・アショア」導入 閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455702658.html

地上イージスで7億円追加要求 イージス・アショア導入12月19日閣議決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455457183.html

地上型イージス導入を前倒し、巡航ミサイルも導入方針 敵基地攻撃可能に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/455376045.html

[防衛省] イージス・アショア配備 秋田・山口で調整
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/454840580.html


posted by hazuki at 23:48| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山尾衆院議員、国民民主に入党届 立民を3月に離党

山尾衆院議員、国民民主に入党届 立民を3月に離党
https://rd.kyodo-d.info/np/2020061601002337?c=39546741839462401

「無所属の山尾志桜里衆院議員は16日、国会内で記者会見し、国民民主党に入党届を提出したと明らかにした。3月に立憲民主党を離党したが、立民や国民などでつくる野党会派にとどまっていた。」と、6月16日、共同通信が報道した。


山尾志桜里・国民民主へ.PNG



無所属の山尾志桜里衆院議員は16日、国会内で記者会見し、国民民主党に入党届を提出したと明らかにした。
3月に立憲民主党を離党したが、立民や国民などでつくる野党会派にとどまっていた。
国民の玉木雄一郎代表とは衆院初当選同期で、憲法論議に積極的な姿勢が近い。
国民には今月3日にも無所属だった馬淵澄夫元国土交通相が入党している。
国民民主党に入党ですか。
立憲と国民の合流はどうなるのだろう?




参考

立憲民主党の山尾志桜里衆院議員 離党届を提出
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/474110960.html
ラベル:山尾志桜里
posted by hazuki at 22:17| Comment(0) | 国民民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派

ネット上のひぼう中傷 審査する第三者機関新設を 立民など会派
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200615/k10012471591000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

「インターネット上のひぼう中傷への対策として、立憲民主党などの会派は、投稿の内容がひぼう中傷にあたるかどうかを審査する第三者機関を新設し、速やかに削除できるよう法整備を図ることを盛り込んだ対応策を取りまとめることになりました。」「シェアハウスでの共同生活を記録する民放の番組に出演していた女子プロレスラーがSNS上でのひぼう中傷を苦に自殺したとみられることを受けて、立憲民主党などの会派は、15日、総務・法務合同部会の会合を開きました。」「この中で、議員からは「ひぼう中傷への対応は喫緊の課題であり、問題のある投稿を速やかに削除できるよう法整備を検討すべきだ」などという意見が相次ぎました。」と、6月15日、NHKが報道した。




インターネット上のひぼう中傷への対策として、立憲民主党などの会派は、投稿の内容がひぼう中傷にあたるかどうかを審査する第三者機関を新設し、速やかに削除できるよう法整備を図ることを盛り込んだ対応策を取りまとめることになった。
立憲民主党などの会派は、15日、総務・法務合同部会の会合を開いた。
この中で、議員からは「ひぼう中傷への対応は喫緊の課題であり、問題のある投稿を速やかに削除できるよう法整備を検討すべきだ」などという意見が相次いだ。
会派では、第三者機関の構成や権限などについて、さらに検討することにしている。
野党も動き出しましたね。




関連

ネット中傷 投稿者を速やかに特定へ 自民が提言まとめる
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475533876.html

ネット上のひぼう中傷 適切な刑事罰の在り方検討へ 森法相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475416814.html

SNSの中傷投稿者、特定容易に 政府、電話番号開示も検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/475298463.html
ラベル:立憲民主党
posted by hazuki at 00:26| Comment(0) | 立憲民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする