2020年01月01日

9条2項維持した自衛隊明記反対 自民・石破茂氏、憲法改正巡り強調

9条2項維持した自衛隊明記反対 自民・石破茂氏、憲法改正巡り強調

9条2項維持した自衛隊明記反対 自民・石破氏、憲法改正巡り強調
https://this.kiji.is/584997069304218721?c=39546741839462401
2020/1/1 16:16 (JST)

 自民党の石破茂元幹事長は1日、戦力不保持を定めた憲法9条2項を維持したまま自衛隊を明記する同党の9条改正案について「絶対反対の立場だ」と強調した。鳥取市で記者団の質問に答えた。自民党が2018年にまとめた改憲案に、改めて異論を鮮明にした。

 持論とする2項破棄の理由を巡り「自衛隊が立法、司法、行政による厳しい統制下にあると憲法上、明確にすべきだ」と主張した。9条改憲自体についても「ハードルは非常に高い。政治の最優先課題だとは思わない」と述べた。

 自民党内で取り沙汰される安倍晋三首相の党総裁4選に関しては否定的見解を示した。


石破茂・新年の会合・鳥取.PNG



自民党の石破茂元幹事長は1日、戦力不保持を定めた憲法9条2項を維持したまま自衛隊を明記する同党の9条改正案について「絶対反対の立場だ」と強調した。
持論とする2項破棄の理由を巡り「自衛隊が立法、司法、行政による厳しい統制下にあると憲法上、明確にすべきだ」と主張した。
9条改憲自体についても「ハードルは非常に高い。政治の最優先課題だとは思わない」と述べた。
石破茂は9条2項を削除する案であり、改憲派に違いない。
緊急事態条項の創設にも前向き。
緊急事態条項はナチスの全権委任法のように機能する。




関連

安倍首相、年頭所感で改憲を主張 「大きな改革進める」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/472912935.html
posted by hazuki at 22:23| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相、年頭所感で改憲を主張 「大きな改革進める」

安倍首相、年頭所感で改憲を主張 「大きな改革進める」

首相、年頭所感で改憲を主張 「大きな改革進める」
https://this.kiji.is/584764045757432929?c=39546741839462401
2020/1/1 11:42 (JST)

 安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表した。昨年の皇位継承で令和がスタートしたことに触れ「国のかたちに関わる大きな改革を進める。その先にあるのが憲法改正だ」と主張した。年頭所感で改憲に直接言及するのは2014年以来。重要課題に掲げる社会保障制度改革に関し「全ての世代が安心できる制度に改革し、少子高齢化に真正面から挑戦する」とした。

 働き方改革を進め、性別や年齢、障害の有無にかかわらず活躍できる1億総活躍社会をつくり上げると訴えた。

 東京五輪・パラリンピックについては「子どもたちが未来に向かって夢を見ることができる、わくわくするような大会にしたい」とした。


安倍晋三・首相官邸.PNG



安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表した。
昨年の皇位継承で令和がスタートしたことに触れ「国のかたちに関わる大きな改革を進める。その先にあるのが憲法改正だ」と主張した。
年頭所感で改憲に直接言及するのは2014年以来。
自民党の改憲は憲法改悪です。
憲法9条に自衛隊を明記する必要はない。
安倍が目指しているのは戦争の出来る国。
自民党は教育無償化は財源がないので、やらない。
教育無償化を教育充実と言い換えた。
自民党の改憲4項目の1つが参院合区解消。
参院合区解消は、法制化で対応可能だと思います。
憲法に明記しなくても出来る。
改憲の本丸である9条に進む為の口実の一つ。
緊急事態条項はナチスの全権委任法のように機能する。
麻生副総理の「ナチスの手法に学べ」という発言は、まさにナチスがワイマール憲法の第48条(大統領緊急令規定)の国家緊急権でワイマール憲法を無効化したことに学ぶべきということだと言えます。




参考資料

令和2年1月1日 安倍内閣総理大臣 令和2年 年頭所感
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0101nentou.html




関連

安倍首相、2020年改憲施行の目標堅持 野党反発、阻止へ共闘
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/465492595.html

安倍首相、改憲は自衛隊員募集のため 9条明記で意義訴え
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/464147259.html
posted by hazuki at 21:43| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院選へ673人が立候補準備 改憲勢力維持の可否が焦点

衆院選へ673人が立候補準備 改憲勢力維持の可否が焦点
https://this.kiji.is/584836020253967457?c=39546741839462401
2020/1/1 05:12 (JST)

 2年以内に近づく次期衆院選への立候補予想者数は、12月31日までの共同通信社調べで673人に上ることが分かった。うち女性は94人。定数465の議席を争う。安倍政権下の憲法改正に前向きな「改憲勢力」が改憲の国会発議に必要な3分の2議席を維持できるかどうかが焦点だ。現在与党だけでもこの議席を保有。自民党は選挙後の改憲論議進展を狙う。立憲民主党は合流を視野に入れる国民民主党などとの候補者一本化調整が課題。共産党を含めて共闘し、野党の議席増を図る。

 4年間の衆院議員任期は昨年10月に折り返し、来年10月21日に満了。同9月末に安倍首相の自民党総裁任期も切れる。




2年以内に近づく次期衆院選への立候補予想者数は、12月31日までの共同通信社調べで673人に上ることが分かった。
うち女性は94人。
定数465の議席を争う。
今年は東京五輪・パラリンピックの年。
都知事選もある。
解散・総選挙は焦らなくても良い。
ラベル:解散・総選挙
posted by hazuki at 21:06| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする